長野電波技術研究所
  • 1冊単位
     の複写
長野電波技術研究所
  • 1頁単位
     の複写
長野電波技術研究所
  • その他
     の複写
-- 資料の紹介「解體新書」解体新書 --
PICT897702.jpg

PICT898002.jpgドイツ人医師、クルムスの医学書 Anatomische Tabellenのオランダ語訳、『ターヘル・アナトミア』を江戸時代に日本で翻訳した書である。

西洋語の本を翻訳した日本初の書で、著者は杉田玄白で、安永3年(1774年)に、須原屋市兵衛によって刊行された。

文章4巻、付図1巻で、内容は漢文で書かれている。

明和8年(1771年)3月4日、蘭方医の杉田玄白・前野良沢・中川淳庵らは、小塚原の刑場で罪人の腑分けを見学した。杉田玄白と前野良沢の2人は解剖学書『ターヘル・アナトミア』をそれぞれ所持していた。

実際の解剖と比較して『ターヘル・アナトミア』の正確さに驚き杉田玄白は、翻訳しようと前野良沢に提案する。

蘭書翻訳の志を抱いていた前野良沢はこれに賛同し、中川淳庵も加えて翌日の3月5日から前野良沢邸に集まり、翻訳を開始した。

『解体新書』を将軍に推挙したのは、桂川甫三である。

当初、杉田玄白と中川淳庵はオランダ語が読めず、オランダ語の知識のある前野良沢も、翻訳を行うには不十分な語学力であった。

オランダ語の通詞は長崎にいたため質問することも難しく、辞書も無かったため、暗号解読のような方法で、翻訳が進められた。

この様子については、杉田玄白晩年の著書『蘭学事始』に詳しく書かれている。

杉田玄白は、この厳しい翻訳の状況を『櫂や舵の無い船で大海に乗り出したよう』と表現している。

安永2年(1773年)、翻訳の目処がついたので、世間の反応を確かめるために『解体約図』を刊行し、続いて、安永3年(1774年)『解体新書』を刊行した。

お問い合わせ

附属図書館

附属図書館
附属図書館
i-apple.jp/lib/
長野電波技術研究所
長野電波技術研究所
長野電波技術研究所
長野電波技術研究所
長野電波技術研究所
長野電波技術研究所
長野電波技術研究所
長野電波技術研究所
長野電波技術研究所
長野電波技術研究所
  •  附属図書館の中から
  •  研究用の資料を
  •  ざくざく発掘中です。
  •  資料提供も承ります。