2007年11月アーカイブ

草地試験場のことはじめ

|
DSC07431.jpgDSC07434.jpgDSC07439.jpgDSC07443.jpgDSC07444.jpgDSC07445.jpgDSC07458.jpgDSC07460.jpgDSC07462.jpgDSC07495.jpg

2003年中越地震での被害状況

|
quake200305.jpg

quake200301.jpg quake200302.jpg quake200303.jpg quake200304.jpg quake200306.jpg quake200307.jpg
環境への取り組み


背景

・温暖化が原因と思われる災害が見られ、今年の暖冬も経済に大きな影響を与えている。
・京都議定書で求められていた二酸化炭素9%の削減目標は、
 排出量が4%増加したために合計13%の削減が5年以内に求められている。
・これは、あらゆる産業に対して、ペナルティが求められ、その回避打開の方法について検討されている。

長野電波技術研究所の環境への取り組み

・二酸化炭素の固定を目的とした、山林・田畑の所有
    山林 : 草地試験場(約6万平方メートル)
    田畑 : 農業試験場

・炭酸同化作用に関する最新情報の把握

・排出権取引の全世界的な動きの把握


このアーカイブについて

このページには、2007年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.261