凡天より形を為して下す物○雨○雪○霰○霙○雹なり。露は地気の粒珠する所、霜は地気の凝結する所、冷気の強弱によりて其形を異にするのみ。地気天に上騰形を為て雨○雪○霰○霙○雹となれども、温気をうくれば水となる。水は地の全体なれば元の地に皈なり。地中深けれぱかならず温気あり、地温なるを得て気を吐、天に向て上騰事人の気息のごとく、昼夜片時も絶る事なし。天も又気を吐て地に下す、是天地の呼吸なり。人の呼と吸とのごとし。天地呼吸して万物を生育也。天地の呼吸常を失ふ時は暑寒時に応ぜず、大風大雨其余さまざまの天変あるは天地の病る也。天に九ツの段あり、これを九天といふ。九段の内最地に近き所を太陰天といふ。地を去る事高さ四十八万二千五百里といふ 太陰天と地との間に三ツの際あり、天に近を熱際といひ、中を冷際といひ、地に近を温際といふ。地気は冷際を限りとして熱際に至らず、冷温の二段は地を去る事甚だ遠からず。富士山は温際を越て冷際にちかきゆゑ、絶頂は温気通ぜざるゆゑ艸木を生ぜず。夏も寒く雷鳴暴雨を温際の下に見る。雷と夕立はをんさいのからくり也 雲は地中の温気より生ずる物ゆゑに其起る形は湯気のごとし、水を沸て湯気の起と同じ事也。雲温なる気を以て天に升り、かの冷際にいたれば温なる気消て雨となる、湯気の冷て露となるが如し。冷際にいたらざれば雲散じて雨をなさずさて雨露の粒珠は天地の気中に在るを以て也。艸木の実の円をうしなはざるも気中に生ずるゆゑ也。雲冷際にいたりて雨とならんとする時、天寒甚しき時は雨氷の粒となりて降り下る。天寒の強と弱とによりて粒珠の大小を為す、是を霰とし霙とす。


雹は夏ありその弁こゝにりゃくす 地の寒強き時は地気形をなさずして天に升る微温湯気のごとし。天の曇は是也。地気上騰こと多ければ天灰色をなして雪ならんとす。雲たる雲冷際に到り先雨となる。此時冷際の寒気雨を氷すべき力たらざるゆゑ花粉を為して下す、是雪也。地寒のよわきとつよきとによりて氷の厚と薄との如し。天に温冷熱の三際あるは、人の肌は温に肉は冷か臓腑は熱すると同じ道理也。気中万物の生育悉く天地の気格に随ふゆゑ也。是余が発明にあらず諸書に散見したる古人の説也。


初編巻之上 一覧

地気雪と成る弁 / 雪の形状 / 雪の深浅 / 雪意 / 雪の用意 / 初雪 / 雪の堆量 / 雪竿 / 雪を払ふ / 沫雪 / 雪道 / 雪蟄 / 胎内潜 / 雪中の洪水 / 熊捕並白熊 / 熊人を助 / 雪中の虫 / 雪吹 / 雪中の火 / 破目山 / 雪頽

連絡先

お問い合わせ
合戦
地名
災害・事件
和漢三才図会
和漢三才図会
1712 寺島良安 著
秋山記行
秋山記行
18** 鈴木牧之 著
北越雪譜
北越雪譜
1842 鈴木牧之 著

図書館

3 軍事
3 軍事
3 冊
5 料理
5 料理
6 冊
7 芸術
7 芸術
114 冊
8 語学
8 語学
86 冊

スタッフ

About

北越雪譜
北越雪譜
117 記事
  •  鈴木牧之の著作,
  •  雪国生活の史料です。
  •  所蔵していますので
  •  原本複写に対応できます。

北越雪譜

北越雪譜

北越雪譜

北越雪譜

北越雪譜

北越雪譜

北越雪譜

AdSense

秋山記行

秋山記行