吾住魚沼郡の内にて雪頽の為に非命の死をなしたる事、其村の人のはなしをこゝに記す。しかれども人の不祥なれば人名を詳にせず。


 こゝに何村といふ所に家内の上下十人あまりの農人あり、主人は五十歳ばかり妻は四十にたらず、世息は二十あまり娘は十八と十五也。いづれも孝子の聞ありけり。一年二月のはじめ主人は朝より用ある所へ出行しが、其日も已に申の頃なれど皈りきたらず。さのみ間をとるべき用にもあらざりけれぱ、家内不審におもひ忰家僕をつれて其家にいたり父が事をたづねしに、こゝへはきたらずといふ。しからばこゝならんかしこならんなど家僕とはかりて尋求しかど更に音問をきかず、日もはや暮なんとすれば空しく家に皈りしかしかのよし母に語りければ、こは心得ぬ事也とて心あたりの処こゝかしこへ人を走らせて尋させけるにその在家さらにしれず。其夜四更の頃にいたれども主人は皈らず。此事近隣に聞えて人々集り種々に評議して居たるをりしも一老夫来りていふやう、あるじの見え給はぬとや、我心あたりの事あるゆゑしらせ申さんとて来れりといふ。すはこゝろあたりときゝて主人の妻大によろこび、子どもらもともどもに言語をそろへてまづ礼をのべ、その仔細をたづねければ、老夫いふやう、それがし今朝西山の嶺半にさしかゝらんとせし時、こゝのあるじに行逢、何方へとたづねければ稲倉村へ行とて行過給ひぬ。我は宿へ皈り足にて遙に行過たる頃例の雪頽の音をきゝて、これかならずかの山ならんと嶺を无事に通りしをよろこびしにつけ、こゝのあるじはふもとを无難に行過給ひしや、万一なだれに逢はし給はざりしかと案じつゝ宿へかへりぬ。今に皈り給はぬはもしやなだれにといひて眉を皺めければ、親子は心あたりときゝてたのみし事も案にたがひて、顔見あはせ泪さしぐむばかり也。老夫はこれを見てそこそこに立かへりぬ。集居たる若人どもこれをきゝて、さらばなだれの処にいたりてたづねみん炬こしらへよなど立騒ぎければ、ひとりの老人がいふ、いないなまづまち候へ、遠くたづねに行し者もいまだかへらず、今にもその人とおなじくあるじの皈りたまはんもはかりがたし、雪頽にうたれ給ふやうなる不覚人にはあらざるを、かの老奴めがいらざることをいひて親子たちの心を苦たりといふに、親子はこれに励されて心慰酒肴をいだして人々にすゝむ。これを見て皆打ゑみつゝ炉辺に座列て酒酌かはし、やゝ時うつりて遠く走たる者ども立かへりしに、行方は猶しれざりけり。


 かくて夜も明ければ、村の者どもはさら也聞しほどの人々此家に群り来り、此上はとて手に手に木鋤を持家内の人々も後にしたがひてかの老夫がいひつるなだれの処に至りけり。さて雪頽を見るにさのみにはあらぬすこしのなだれなれば、道を塞たる事二十間余り雪の土手をなせり。よしやこゝに死たりともなだれの下をこゝぞとたづねんよすがもなければ、いかにやせんと人々佇立たるなかに、かの老人よしよし所為こそあれとて、若き者どもをつれ近き村にいたりて雞をかりあつめ、雪頽の上にはなち餌をあたえつゝおもふ処へあゆませけるに、一羽の雞羽たゝきして時ならぬに為晨ければ余のにはとりもこゝにあつまりて声をあはせけり。こは水中の死骸をもとむる術なるを雪に用ひしは応変の才也しと、のちのちまでも人々いひあへり。老人衆にむかひ、あるじはかならず此下に在るべし、いざ掘れほらんとて大勢一度に立かゝりて雪頽を砕きなどして掘けるほどに、大なる穴をなして六七尺もほり入れしが目に見ゆるものさらになし。猶ちからを尽してほりけるに真白なる雪のなかに血を染たる雪にほりあて、すはやとて猶ほり入れしに片腕ちぎれて首なき死骸をほりいだし、やがて腕はいでたれども首はいでず。こはいかにとて広く穴にしたるなかをあちこちほりもとめてやうやう首もいでたり、雪中にありしゆゑ面生るがごとく也。さいぜんよりこゝにありつる妻子らこれを見るより妻は夫が首を抱へ、子どもは死骸にとりすがり声をあげて哭けり、人々もこのあはれさを見て袖をぬらさぬはなかりけり。かくてもあられねぱ妻は着たる羽織に夫の首をつゝみてかゝへ、世息は布子を脱て父の死骸に腕をそへて泪ながらにつゝみ脊負んとする時、さいぜん走りたる者ども戸板むしろなど担げる用意をなしきたり、妻がもちたる首をもなきからにそへてかたげければ、人々前後につきそひ、つま子らは哭々あとにつきて皈りけるとぞ。此ものがたりは牧之が若かりし時その事にあづかりたる人のかたりしまゝをしるせり。これのみならずなだれに命をうしなひし人猶多かり、またなだれに家をおしつぶせし事もありき。其怖さいはんかたなし。かの死骸の頭と腕の断離たるは、なだれにうたれて磨断れたる也。


初編巻之中 一覧

雪頽人に災す / 寺の雪頽 / 玉山翁が雪の図 / 越後縮 / 縮の種類 / 縮の紵並紵績 / 縷綸 / 織婦 / 織婦の発狂 / 御機屋 / 御機屋の霊威 / 縮を曬す並縮の市 / ほふら / 雪中花水祝ひ / 菱山の奇事 / 秋山の古風 / 狐火 / 狐を捕る / 雁の代見立 / 天の網 / 雁の総立 / 渋海川ざい渉り

連絡先

お問い合わせ
合戦
地名
災害・事件
和漢三才図会
和漢三才図会
1712 寺島良安 著
秋山記行
秋山記行
18** 鈴木牧之 著
北越雪譜
北越雪譜
1842 鈴木牧之 著

図書館

3 軍事
3 軍事
3 冊
5 料理
5 料理
6 冊
7 芸術
7 芸術
114 冊
8 語学
8 語学
86 冊

スタッフ

About

北越雪譜
北越雪譜
117 記事
  •  鈴木牧之の著作,
  •  雪国生活の史料です。
  •  所蔵していますので
  •  原本複写に対応できます。

北越雪譜

北越雪譜

北越雪譜

北越雪譜

北越雪譜

北越雪譜

北越雪譜

AdSense

秋山記行

秋山記行