我国の俚言に蝶をべつたうといふ、渋海川のほとりにてはさかべつたうといふ。蝶は諸の虫の羽化する所也、大なるを蝶といひ、小なるを蛾といふ。本艸 其種類はなはだ多し。草花も蝶に化する事本草にも見えたり。蝶の和訓をかはひらこといふは新撰字鏡にも見えたれど、さかべつたうといふ名義は未考ず。さて前にいへる渋海川にて春の彼岸の頃、幾百万の白蝶水面より二三尺をはなれて羽もすれあふばかり群たるが、高さは一丈あまり、両岸を限りとして川下より川上の方へ飛行、その形状花のふゞきと見んはおろか也。幾里ともなき流れに霞をひきたるがごとく、朝よりタベまで悉く川上へつゞきたるがそのかぎりをしらず、川水も見えざるほど也。さて日も暮なんとするにいたれば、みな水面におちいりて流れくだる、そのさま白布をながすがごとし。其蝶の形は燈蛾ほどにて白蝶也。我国に大小の川々幾流もあるなかに、此渋海川にのみかぎりて毎年たがはず此事あるも奇とすべし。しかるに天明の洪水以来此事絶てなし。


本草を按るに、石蚕一名を沙虱といふもの山川の石上に附て繭をなし、春夏羽化して小蛾となり、水上に飛ぶといへり。件のさかべつたうは渋海川の石蚕なるべし。其種を洪水に流し尽したるゆゑ、たえたるなるべし。他国にも石蚕を生ずる川あらば此蝶あらんもしるぺからず。余此蝶を見ざりしゆゑ、近隣の老婦若きころ渋海川の辺りより嫁せし人ありしゆゑ尋ね問ひしに、その老婦の語りしまゝをこゝに記せり。


初編巻之下 一覧

渋海川さかぺつたう / 鮭の字考 / 鮭の食用 / 鮭を出す所並鮭始終 / 鮭を捕る打切並つゞ / 掻網 / 漁夫の溺死 / 干曲川の総滝 / 鮭漁の類術 / 鮭の洲走り / 人家の垂氷 / 笈掛岩の氷柱 / 滝の氷柱 / 雪中の寒行 / 寒行の威徳 / 雪中の幽霊 / 関山村の毛塚 / 雪中鹿を追ふ / 泊り山の大猫 / 山言語 / 童の雪遊ぴ / 雪に座頭を降す

連絡先

お問い合わせ
合戦
地名
災害・事件
和漢三才図会
和漢三才図会
1712 寺島良安 著
秋山記行
秋山記行
18** 鈴木牧之 著
北越雪譜
北越雪譜
1842 鈴木牧之 著

図書館

3 軍事
3 軍事
3 冊
5 料理
5 料理
6 冊
7 芸術
7 芸術
114 冊
8 語学
8 語学
86 冊

スタッフ

About

北越雪譜
北越雪譜
117 記事
  •  鈴木牧之の著作,
  •  雪国生活の史料です。
  •  所蔵していますので
  •  原本複写に対応できます。

北越雪譜

北越雪譜

北越雪譜

北越雪譜

北越雪譜

北越雪譜

北越雪譜

AdSense

秋山記行

秋山記行