HOME ▶ 甲陽軍鑑


甲陽軍鑑はじめました。

|
甲陽軍鑑は,武田信玄の一生を綴った歴史資料です。
原本コピーのご要望にも対応できますので、その際はお問い合わせよりご連絡ください。
信州の歴史研究や甲陽軍鑑の異本研究など、お役に立てれば幸いです。

スマートフォンなどでご利用いただける電子書籍版をすぐダウンロード販売できるようになりました。
こちらから購入いただけます。
印刷た簡易和綴じ版もおすすめです。 

巻名 目次

品第一 信玄公分国中仕置五十七ケ条の事 

品第二 信玄公舎弟典厩子息へ異見九十九ケ条の事 

品第二 十五年己来子息を典厩と申也 

 品第三 信玄公御父信虎公を追出の事 

品第四 晴信公三十一歳にて発心有て信玄と名乗給ふ事 

 品第五 春日源五郎座敷の上にて能奉公故立身ノ事 

 品第六 信玄公御時代諸国の大将衆大身小身共に幼少よりの様子の事 

品第七 小笠原源与斎軍配奇特有事 

 品第八 判兵庫星占の事 

 品第八 長坂閑面目ヲ失事 

 品第九 信玄公御歌の会の事 

品第十 信玄家来年の備定前年談合の事 

 品第十一 鈍過たる大将の事 

 品第十一 今川家並山本勘介事 

品第十二 利根過たる大将の事 付 北条家上杉家 

 品第十二 河中島合戦物かたりの事 

品第十三 弱過たる大将の事 付 両上杉 

 品第十三 北条家生起合戦物かたりの事 

品第十四 強過たる大将の事 付 長篠合戦 

 品第十四 信玄公家康公智謀ふかき事 

 品第十四 同味方ケ原合戦物かたりの事 

 品第十五 武具其外諸道具穿*の事 

 品第十六 侍大将より武者奉行大切の心持の事 

品第十七 甲州信玄家大身小身共人数大積事 

品第十八 信玄公御一代の義大概 

品第十八 甲州飯田川合戦或いは信州海口城攻甲州にら崎合戦等の事 

 品第十九 信玄公十九歳にて其一年無行儀の事付御詩作の事 

品第十九 板垣諌言の事 

 品第二十 信州海尻合戦の事 

 品第二十一 甲州小荒間合戦の事 

品第二十二 甲信境瀬沢合戦の事 

 品第二十三 信州平沢同小阿安国寺 大門到下等合戦の事 

 品第二十四 山本勘介工夫 

 品第二十四 信州尾台の城攻同く諏訪塩尻等合戦の事 

品第二十五 晴信公山本勘介問答 

 品第二十五 勘介駿河へ行事 

 品第二十五 信州戸石合戦の事 

品第二十六 山本勘助駿河へ行く事 

 品第二十七 真田弾正武略の事 

 品第二十七 信州上田原合戦の事 

品第二十八 村上義清越後長尾景虎を頼まるる事 

 品第二十九 晴信景虎小県対陣の藩 

品第二十九 信州塩尻峠合戦の事 

 品第二十九 晴信河中島御出陣の事 

 品第二十九 伊奈木曽松本御働 付 景虎小県へ出陣の事 

品第二十九 晴信景虎海野平にて五日対陣ノ事 

 品第二十九 上洲みてらを合戦の事 

 品第二十九 景虎晴信へ信州ニテ合意約束景虎まはす事 

 品第二十九 景虎越中へ出陣の時、晴信公目付の事 

品第二十九 今川義元扱ニテ晴信氏康和睦上州働無の事 略 

 品第二十九 使番十二人の事 略 

品第三十 金丸筑前・飯富源四郎・春日源五郎諏訪へ被遣事 

 品第三十 晴信公、原隼人被仰事 

品第三十 晴信公同時、法躰衆ノ事 

 品第三十 山本勘介入道申上ル条々の事  

品第三十 伊奈木曽松本へ働被仰付事 

品第三十 信州とき田合戦事 

 品第三十一 栗原荘衛門・小山田左兵衛死去の事 

品第三十一 板垣弥次郎御勘当の事 付 曲淵事並苅屋原落城事 

品第三十一 桔梗原合戦付長時敗軍の事 

 品第三十一 川中島城取並小室の事 

 品第三十一 景虎関東発向ノ事 

品第三十一 上杉則政無分別の事 略 

 品第三十一 浄土宗法花宗宗論の事 

 品第三十一 北条氏康とせり合ノ事 

品第三十一 織田弾正と今川義元和睦 付 竹千代殿の事 

 品第三十一 信○先方衆成敗ノ事 

品第三十一 瀬場御成敗の事 

 品第三十一 木曽降参の事 

 品第三十一 於河中島与謙信対陣の事 

品第三十一 氏真噂の事 略 

 品第三十一 秋山高遠ノ城被置事 

 品第三十一 飯富三郎兵衛事 

品第三十一 関東上野御発向の事 付 上野三日尻合戦 

 品第三十一 河中島にて景虎と対陣の事 

品第三十二 謙信と和睦不調又対陣の事 

 品第三十二 河中島出陣高梨井上須田成敗 付 謙信対陣の事 

品第三十二 飛騨国へ御手遣ノ事 

 品第三十二 西上野へ御働の事 

 品第三十二 北条氏康信玄公頼申事 

品第三十二 小田原へ加勢入事 

 品第三十二 謙信小田原へ押詰事 付 飯富信玄公へ異見の事 

 品第三十二 景虎敗軍並信玄公下墨の事 

 品第三十二 景虎上洛事 

 品第三十二 小幡尾張甲府へ参候事 

品第三十二 信州先方衆御成敗 

 品第三十二 和利が嶽攻の事 略 

 品第三十二 川中島合戦事 

品第三十二 甘数(糟)近江守退口の事 

 品第三十二 法飾信玄に紛る事 

 品第三十二 信玄氏康松山城攻事 付 竹たぱ鉄炮の事 

 品第三十二 輝虎後詰山ノ根ノ城攻落事 

品第三十二 松山城上田暗礫斎被置事 略 

 品第三十二 北条氏政麦飯事 付 上杉と氏康合戦物語の事 略 

品第三十二 知行割の事付朝日の城主成敗 略 

 品第三十二 信玄公義信中悪なる事 略 

品第三十三 信虎より信玄へ異見ノ事三ケ条 

 品第三十三 小幡尾張守本意の事 略 

 品第三十三 上州松枝ノ城付城伊庵事 略 

品第三十三 上泉伊勢兵法修行の事 略 

 品第三十三 山本勘介下墨の事 略 

品第三十三 飛騨越中へ働事 略 

 品第三十三 義信逆心の事 

 品第三十三 雪隠を山と名付事 

品第三十三 甘利左衛門落馬ノ事 

 品第三十三 秘蔵大将四人事 

 品第三十三 飯富兵部少輔成敗事 付 雨宮十衛被召返事 

品第三十三 義信自害事 

 品第三十三 馬場民部を美濃になさるる事 

 品第三十三 富士願書ノ事 略 

品第三十三 三好光源院殿奉討事 略 

 品第三十三 越中働の事 略 

品第三十三 縁者組の事付古典厩御子息の事 略 

 品第三十三 信長勝頼縁者の事 付 信長ヨリ進物 

 品第三十三 付方々使の事 

品第三十三 信虎公ヨリ書札被参事 略 

品第三十三 輝虎、和田城攻事付横田十郎兵衛手柄の事 略 

 品第三十三 東上野新田足利働事 略 

 品第三十三 連歌の事 略 

品第三十三 越中へ出馬事 略 

 品第三十三 信玄氏康於前橋城攻輝虎らるる事 略 

品第三十三 信玄息女城介殿と縁辺ノ事付信玄ヨリ音信 

 品第三十三 息女へ進物の事 略 

 品第三十四 氏真信玄中悪なる事 

品第三十四 信長へ御祝書の進物並城ノ介殿へ進物の事 

 品第三十四 公事並世間の風仰らるる事 略 

品第三十四 氏康子息謙信養子の事 付 輝虎信玄和睦不調事 略 

 品第三十四 信玄病気診○ノ事 略 

品第三十四 氏真没落付懸川城取籠事 略 

 品第三十四 信玄駿河仕置事付家康懸川を攻略 略 

品第三十四 北条氏康ヨリ信玄へ使者参事 

 品第三十四 氏康信玄対陣 付 馬場美濃手柄ノ事 

品第三十四 信玄甲府へ打入ル事 付 氏康駿河仕置ノ事 

 品第三十四 於懸川城家康氏実勝負ノ事 略 

品第三十四 氏真降参船にて小田原へ退事 付 三浦右衛門被伐事 略 

品第三十五 信玄出馬駿河伊豆堺焼払事 略 

 品第三十五 信玄八幡大菩薩ノ小旗を波に被取事 

品第三十五 信玄関東発向小田原城迄御働事 付 馬場見物に参る事 

 品第三十五 相州みませ合戦の事 

品第三十六 高坂三増合戦悔事 略 

 品第三十六 信玄相州駿州豆州御働の事 

 品第三十六 蒲原ノ城攻事 付 岡部事 付 黄八幡と云指物を捨ル事 

 品第三十六 花沢ノ城攻事 付 藤枝ノ城開退 

品第三十六 無理ノ助落書ノ事 

 品第三十六 信長ヨリ使者御音信 付 家康御事 

 品第三十六 北条氏康謙信江礼則チ人質の事 

品第三十七 氏政深沢ノ城攻事付氏政輝虎を被頼事 略 

 品第三十七 土屋右衛門尉事 略 

品第三十七 氏政信玄三島対陣付秋山伯○武略の事 

 品第三十七 山県、家康衆と喧嘩の事 

品第三十七 関甚五兵衛事 略 

 品第三十七 氏政と和睦付信長箕作ノ城攻落 

品第三十七 家康若狭へ働事 同家康義景合戦の事 

 品第三十七 信長公噂の事 略 

 品第三十七 諸角助七郎と原甚四郎喧嘩の事 

品第三十七 信長家康氏政輝虎批判の事 略 

品第三十七 高天神ニテ内藤修理手柄ノ事付城々仕置 

 品第三十七 吉田ノ宿ニテせりあひの事 

 品第三十八 信長、家康へ異見の事 

品第三十八 ■陽院殿公方義照公ヨリ御使者ノ事 

 品第三十八 申酉両年御備書 付 御分国中へ廻被成候十八ヶ条事 略  

品第三十八 信長ヨリ漆所望ノ事 略 

 品第三十八 とうかね両酒井こがね高木馬進上の事 略 

品第三十八 氏政ヨリ御音信ノ事 略 

 品第三十八 信長ヨリ家康と御無事ノ儀被申事 付 御音信の事 

品第三十九 身延山へ御使被立事 略 

 品第三十九 家康ヨリ輝虎へ使者ノ事 略 

品第三十九 輝虎河中島へ出馬ノ事 略 

 品第三十九 遠三絵図 並 備定の事 

 品第三十九 味方ガ原合戦事 

品第三十九 高坂弾正異見の事 

 品第三十九 信長ヨリ織田掃部 小刑部迄被差越事 

品第三十九 信長と御手ぎれの事 

 品第三十九 氏政ヨリ御使札事 略 

 品第三十九 公方義昭公ヨリ御使者ノ事 

略 品第三十九 人質取替の事 略 

 品第三十九 信玄公御馬入事 付 秋山信長縁辺 並 人質の事 

 品第三十九 信長公方へ御返状 

 品第三十九 信長公方へ申状の事 

 品第三十九 信玄公東美濃へ御出馬の事 

品第三十九 信玄公御弛界の事 付 御遺言ノ事 

 品第三十九 信玄公御一代敵合作法三ケ条の事 

品第三十九 同ク人の御つかい被成やうの事 

 品第三十九 同ク御家中武士ノ手柄の事 

品第三十九 同ク御家中城取極意五ツ 

 品第三十九 御一代御武勇十三条の事 略 

 品第三十九 高坂弾正申候事 

品第三十九 信玄公御家中諸侍ノ札三ケ条の事 

 品第三十九 同ク国法背人御免の事 

品第三十九 同ク御家中音信ノ定の事 

品第四十 石水寺物語(上):信玄公ヲ始メ家老衆 大身小身 物ノ善悪工夫の義 時宜作法、手本になる事  

 品第四十 石水寺物語(下):諸葛孔明八陣図 

品第四十一 軍法序 

 品第四十二 大将三つの采配、押太鼓、相言 

 品第四十三 信玄公軍法の御挨拶人 

品第四十四 太刀折紙の事 

 品第四十七 赤口関寺川被伐事 

 品第四十七 志村金助むかさ与市郎公事の事 

品第四十七 長沼長助長八親の敵討ツ事 

 品第四十七 増城源八と両長沼公事の事 

品第四十七 曲淵庄左衛門板垣弥次郎公事の事 

 品第四十七 曲淵公事に負雑言 付 桜井訴訟 

品第四十七 曲淵赦免の事 

 品第四十七 落合彦介百姓と公事 付 為彦介カ金丸平三郎伐らるる事 

品第四十七 長坂源五郎被誅事荒川村井事 

 品第四十八 功刀小宮山訴への事 

品第四十八 山懸同心広瀬 三科 辻弥兵衛武変公公事の事 

 品第四十八 信州更科出家公事の事 

 品第四十八 甲州浄土宗の僧公事の事 

品第四十八 信州岩村田法花宗の僧公事の事 

 品第四十八 甲州法花宗の僧公事の事 

品第五十 勝頼公家督の事 

 品第五十一 甲州味方衆、心替りの事 

 品第五十二 長篠合戦の事 

品第五十三 武田贔屓の衆倒さるる事 

 品第五十四 謙信他界の後 騒動 

 品第五十五 富士大宮、物怪の事

品第五十六 信長家、播州後詰損う事

品第五十七 信長家老、秀吉 謀の事 

品第五十八 信長甲州入り仕置きの事 

品第五十九 家康、秀吉取合の事

 


Collection

  • 蔵書コレクション
甲陽軍鑑

甲陽軍鑑