HOME ▶ 共和村におけるりんご栽培の歴史


品種の改良

品種の改良
苹果(リンゴ)命名

慶応の頃の日本国内のりんご在来種は『わリンゴ=和リンゴ』、『じリンゴ=地リンゴ』、『リンキン=リンキ、又ハ、ベニリンゴ』でりんごに似て、紅色種をリンキと云い、 上記を日本では林檎(リンゴ)と書いた。その頃 、清国(現中国)では「リンゴ」を苹果と書いた。アメリカの「アップル」と清国の苹果は品種の上で異なる。

 慶応2年の春、アメリカからアップルの穂木を輸入して、リンゴ又は海棠を台木 として接木した。これが日本でのりんご接木の最初である。

 慶応3年になると、アメリカより様々のアップルの品種が輪入された。これを苹果と書い て「オオリンゴ」と読ませようとしたが、苹果と書いて「リンゴ」と命名した。明治6~7年のりんごの苗木の輸入当時は唐リンゴ又は輸入苹果といった。 

命名者 田中芳男氏。貴族院議員。大日本農会会長。大日本水産会会長を務めた。博物学者。飯田市中央通り生まれ。

唐林檎(トウリンゴ)明治6~7年頃、唐林檎又は、輸入苹果と言った。
林檎(リンゴ) 昭和20年代前半まで1部で使用されていた。
苹果(リンゴ) 平成11年(1999)現代でも使用されている。
りんご   平成11年(1999)現代ではりんごを多く使用してる。
大正10年頃 ゴールデンデリシャス (アメリカより直輸入)
大正14年 デリシャス、印度、旭 
昭和 6年 スターキング デリシャス(朝鮮大邱より)
昭和 7年 リチャード デリシャス (青森園芸試験場より)

共和村では、地形の関係から祝は県下の他産地より多く栽培され、現在(平成11年)でも残っている。大正から昭和にかけて県下に導入された品種は、それぞれ共和でも栽培され、早生、中生、晩生と経営上、労力配分等が考慮されていた。これ等品種は昭和30年代後半まで続き、昭和40年頃の全国のりんご生産販量は100万トンを越え(長野県でも昭和42年315,000t記録)、紅玉、国光は大安値となり、3箱で1.000円であった。このため、海外輸出(香港、台湾、シンガポール、フィリピン、ソ連)も始められ、等に小玉4,8貫(18kg)(120玉~180玉)を実施し国内価格の引上と外貨獲得を計ったが焼石に水であった。りんご産地では3箱1.000円のりんごを「山川市場」と称して、販売できないものを山や川へ処
分した。国光は、山の内町の地獄谷の餌付けされた猿でさえ喰わないともいわれ極めて悪評となり、品種の更新が急務となり、やがて〝ふじ〟と変わっていく。昭和45年の早春より、ふじの高接によって、一挙にりんご品種の更新が急速に普及した。

高接更新は従来大枝を切り接木ヶ所も少なく、穂木の乾燥防止が不十分で活着率も悪く、元の結実量確
保までに相当の年数を要した。その上、穂木に高接病のウィルスがあるものがあり、接木すると3年目に発病して樹が大きくならなかった。この普及のために、穂木のウィルスフリーの研究が急務となり、果樹試験場では総力をあげて研究し成功する。これにより昭和37年には後澤憲志農学博士の誕生となった。ウィルスフリー穂木のまとまった量の入手可能と穂木の乾燥防止用のポリエチレンの接木袋(25cm×7cm)の開発で乾燥防止が完全となり、穂木1本6~7芽の接木が可能となりさらに成木1本当150~200ヶ所の接木ができるようになりふじの栽培は急速に普及した。特に共和ではこのように短期間に品種の更新できた事は、果樹研究会員の努力の賜物であった。

0006.jpg
 
  この研究会は若手50名で発足、発展的改革を遂げ、現在は(H11年)90名余名の会員がいる。時代の要請を受けて終始一環、りんごの栽培研究と技術の導入をし、再び共和におけるりんご栽培の最盛期うぃ導いた。

0007.jpg