HOME ▶ 共和村におけるりんご栽培の歴史


品種の変遷

 昭和30年代半ばからは「スターキング」、「ゴールデンデリシャス」が多くなり昭和43年には「ふじ」が県の基幹品種となり、これに伴い驚異的なペースで増植された。「つがる」も昭和52年に基幹品種となるり、昭和48年には「国光」が推奨品種からはずされた。また、昭和50年代前半には「ゴールデンデリシャス」、後年には「スターキング」が相次いで推奨品種からはずされた。

 さらに紅玉は昭和45年以降補助品種に位置づけられた。紅玉はりんご全体が甘くなる中で、酸味の強い特性と加工適正が優れているところから根強い消費があるが、生産量は大きく減少したが、補助品種として残された。「祝」「旭」に変わる早生品種及び、中性品種の選抜を中心に国内外から導入した品種で適応性の検定が行われた。「あかね、輝、ネロ26、花祝、夏緑、みちのく、ねぶた、スカーレット、王鈴、恵、東光、金星、王林、はつあき、北斗、ハックナイン、など多くの品種が検討された。しかし補助品種を含め推奨品種として取り上げられたのは「王林」「陸奥」「世界一」「ジョナゴールド」「千秋」「陽光」「さんさ」など僅かであった。早生品種では「つがる」が大きく伸びたが、お盆前に成熟する推奨品種はまだない。「シナノスィート」が補助品種として、標高500米以上の高地向けとして普及がはかられている。「旭」「つがる」の散水による人工着色は、色着の割に味が良くなく、しかも棚持ちが悪い為、人工着色により品種を駄目にした代表品種である。
0008.jpg