日本の縄文時代とは、今からおよそ1万2000年以前から紀元前四世紀ころまでの、およそ1万年の間の時代をいう。共和の地には縄文時代を代表する遺跡として山新田遺跡がある。この遺跡からは、和田峠産出の黒曜石で作られた石鏃(せきぞく)や石匙(いしさじ)などが出土している。
そのほか本格的な発掘調査が行われていないこともあって、明確な住居跡(村)が発掘されてはいない。しかし共和の地のところどころから、当時の生活の証拠となる縄文式土器の破片や、打製石器など多数の出土をみていることから(共和小学校郷土資料室には多少保管されている)、共和の地にも縄文時代の村ができていたことを裏付けることができる。この時代の人々の生活は狩猟・漁撈・採集などであったが、共和の地は山地や河川などに恵まれ、そのような生活を支えるのには適地であったのではないかと想像できる。また山の腰に当たる地域には人々の飲用として湧き水も豊富であったろうから、その地に小集落が生まれることにもなったであろう。

腰村前方後円墳の近くで、農道のすぐ近くの崖の地表約1メートルほど下に当たる部分から、筆者が打製石斧を見つけていることが、何よりの有力な証拠であることを付記しておきたい。

1-01 共和の自然
  • 1-02 先史時代の共和村
  • 1-03 古墳時代の共和村
  • 1-04 奈良・平安時代の共和村
  • 1-05 鎌倉‐安土桃山時代
  • 1-06 江戸時代の共和村
  • 1-07 江戸時代の農民の暮らし
  • 1-08 明治初期の村の暮らし
  • 2-01 村の古道、街道
  • 2-02 村の用水
  • 2-03 村の神社仏閣
  • 2-04 村に伝わる民間信仰
  • 2-05 村の石碑文
  • 2-06 村の珍しい地名
  • 2-07 村の年中行事
  • 3-01 共和村の移り変わり
  • 3-02 学校の移り変わり
  • 3-03 社会教育活動の広がり
  • 3-04 村の福祉の進展
  • 3-05 道路の発達と村人の生活
  • 3-06 りんごの里の誕生
  • 3-07 多角経営を指導した農協
  • 3-08 戦争と村人
  • 3-09 村人を驚かせた災害
  • 3-10 生活用具や農具の変遷
  • 3-11 文化・レジャー施設
  • 3-12 その他
  • 信州共和村


    Publicity

    • 共和村広報部
    • 信州共和村付近の企業様,団体様を紹介致します。


    西飯田酒造
    西飯田酒造

    東飯田酒造
    東飯田酒造

    海沼旅館/海沼ドライブイン
    海沼旅館

    フランの花屋
    ウェブカメラ

    亀見山光林寺
    亀見山光林寺

    日輪山天照寺
    日輪山天照寺

    雪厳山玄峰院
    雪厳山玄峰院

    常光寺岡田観音堂
    常光寺岡田観音堂

    サイトの掲載を希望する企業・団体様がおりましたら,お問い合わせください。ご案内いたします。

     


    Contact


    Living environment


    A consumer

    • 消費者生活センター
    •  ▶ セブンイレブン・郵便局
    •  ▶ インターネット回線探し


    Education