『松本市史』によると、木曾義仲は松本平、朝日村で成長した。義仲は中原兼遠夫婦に育てられた。兼遠には、樋口兼光・今井兼平・巴の三人の子供がいた。また、松本には義仲の親戚で、松本を治めていた岡田太郎冠者親義がおり、義仲を助け行動を共にした。義仲は篠ノ井横田ヶ原の戦いなどで善戦したが、義経の軍に滋賀県大津粟津原で敗れた。

その後、義仲の家臣は松本に逃げ帰ったが、義経の討伐を恐れ、各地に逃げ隠れした。鬼無里村には義仲の二男、力寿が隠れ住んでいたという伝承があり、鬼無里村・戸隠村には今井・樋口の姓が多い。川中島の今井が今井兼平に由来するならば、岡田は岡田太郎冠者の末裔や関係者が隠れ住んだと思われ、現在、岡田には岡田裏、岡田前という小字が存在し、中ほどに本組の集落がある。また、本組は山岡田とも呼ばれている。岡田・樋口・今井の関係者はその後、義経軍の討伐にあい、三水・牟礼・豊田・小布施方面に逃げ現在関係者の姓が多い。義仲の松本成長説については、現在の木曾は当時、美濃の国で信濃の政務を預かっていた信濃権守兼遠が住めなかったこと、現在の奈良井川は明治7年(1874)までは木曽川と呼ばれていたこと、鳥居峠が開かれたのは永享3年(1431)で200年後のことであり、『源平盛衰記』に「義仲信濃国安曇郡に住す」との記載があることによる。

1-01 共和の自然
  • 1-02 先史時代の共和村
  • 1-03 古墳時代の共和村
  • 1-04 奈良・平安時代の共和村
  • 1-05 鎌倉‐安土桃山時代
  • 1-06 江戸時代の共和村
  • 1-07 江戸時代の農民の暮らし
  • 1-08 明治初期の村の暮らし
  • 2-01 村の古道、街道
  • 2-02 村の用水
  • 2-03 村の神社仏閣
  • 2-04 村に伝わる民間信仰
  • 2-05 村の石碑文
  • 2-06 村の珍しい地名
  • 2-07 村の年中行事
  • 3-01 共和村の移り変わり
  • 3-02 学校の移り変わり
  • 3-03 社会教育活動の広がり
  • 3-04 村の福祉の進展
  • 3-05 道路の発達と村人の生活
  • 3-06 りんごの里の誕生
  • 3-07 多角経営を指導した農協
  • 3-08 戦争と村人
  • 3-09 村人を驚かせた災害
  • 3-10 生活用具や農具の変遷
  • 3-11 文化・レジャー施設
  • 3-12 その他
  • 信州共和村


    Publicity

    • 共和村広報部
    • 信州共和村付近の企業様,団体様を紹介致します。


    西飯田酒造
    西飯田酒造

    東飯田酒造
    東飯田酒造

    海沼旅館/海沼ドライブイン
    海沼旅館

    フランの花屋
    ウェブカメラ

    亀見山光林寺
    亀見山光林寺

    日輪山天照寺
    日輪山天照寺

    雪厳山玄峰院
    雪厳山玄峰院

    常光寺岡田観音堂
    常光寺岡田観音堂

    サイトの掲載を希望する企業・団体様がおりましたら,お問い合わせください。ご案内いたします。

     


    Contact


    Living environment


    A consumer

    • 消費者生活センター
    •  ▶ セブンイレブン・郵便局
    •  ▶ インターネット回線探し


    Education