もぐら追いは、1月15日に行われてきた。所によっては「鳥追いもぐら打ち」といっていたようである。鳥追いもぐら打ちは、鳥やもぐらを追い払わなければならないほど豊作であって欲しいという願いや、あらかじめ豊作を祝うという意味があったようである。
昔は鳥やもぐらによる被害が多かったので、年の初めに当たって、農作物に害を及ぼす鳥やもぐらを追い払っておこうとする農耕儀礼として行われたものと思われる。共和地区では、鳥追いは行われな
かったようである。

1月15日になると、朝早くから家々で「もぐら追い」が始まった。遅くなると他家から追い込まれるといって、まだ夜の明けないうちから争って早く行ったようである。

もぐら追いは、肥桶のふちを天秤棒でこすってギイギイ音をたてたり、槌や杵で家の周囲の地面を打ちながら、「もぐらホイ、もぐらホイ、へびやむかでも山へ行けホイ」などと唱えて回った。

すべてのものが近代化してくるなかで、こうした懐かしい年中行事が、順次その姿を消していった。もぐら追いも、昭和20年(1945)ころまでで行われなくなってしまった。

1-01 共和の自然
  • 1-02 先史時代の共和村
  • 1-03 古墳時代の共和村
  • 1-04 奈良・平安時代の共和村
  • 1-05 鎌倉‐安土桃山時代
  • 1-06 江戸時代の共和村
  • 1-07 江戸時代の農民の暮らし
  • 1-08 明治初期の村の暮らし
  • 2-01 村の古道、街道
  • 2-02 村の用水
  • 2-03 村の神社仏閣
  • 2-04 村に伝わる民間信仰
  • 2-05 村の石碑文
  • 2-06 村の珍しい地名
  • 2-07 村の年中行事
  • 3-01 共和村の移り変わり
  • 3-02 学校の移り変わり
  • 3-03 社会教育活動の広がり
  • 3-04 村の福祉の進展
  • 3-05 道路の発達と村人の生活
  • 3-06 りんごの里の誕生
  • 3-07 多角経営を指導した農協
  • 3-08 戦争と村人
  • 3-09 村人を驚かせた災害
  • 3-10 生活用具や農具の変遷
  • 3-11 文化・レジャー施設
  • 3-12 その他
  • 信州共和村


    Publicity

    • 共和村広報部
    • 信州共和村付近の企業様,団体様を紹介致します。


    西飯田酒造
    西飯田酒造

    東飯田酒造
    東飯田酒造

    海沼旅館/海沼ドライブイン
    海沼旅館

    フランの花屋
    ウェブカメラ

    亀見山光林寺
    亀見山光林寺

    日輪山天照寺
    日輪山天照寺

    雪厳山玄峰院
    雪厳山玄峰院

    常光寺岡田観音堂
    常光寺岡田観音堂

    サイトの掲載を希望する企業・団体様がおりましたら,お問い合わせください。ご案内いたします。

     


    Contact


    Living environment


    A consumer

    • 消費者生活センター
    •  ▶ セブンイレブン・郵便局
    •  ▶ インターネット回線探し


    Education