玄峰院には金毘羅さんの祭りがあった。この祭りの起こりは、金毘羅権現を祭り祭事を催すことにより、この地から離れた人たちが心置きなく実家に呼ばれることができるようにとの玄峰院十四世大定更岸和尚の思いやりの心からと言い伝えられている。社は、玄峰院境内の南側の小高い所にあり、年代的には、文化5年(1808)9月に松代生まれで箱書に末歳女とある人が、心願成就の宝印陀羅尼100巻の奉納をした記録があることから、文化5年以前に建てられたものと推察される。
金毘羅権現は金刀比羅ともいわれ祭神は大物主神、脇神は崇徳天皇で、海の守護神とされているとともに農業殖産の神でもある。住職も当地の殖産を願ってのことであったとうかがえる。

祭りは10月10日で宵祭りには神楽の奉納があり、当日は社前に土俵を造り相撲愛好家の肝入りで相撲大会が催され、数多くの賞品が出され、参加者には酒万頭が配られた。これらのことから、金毘羅祭りは広く知られていたものと推察される。

相撲愛好家の会は宿彌講と称し、力士の宮錦(川柳)を中心に一時期盛んになり、各地の祭りの催しとして、また地区の大会等も行われた。当地にも醜名を持った人たちがおり、番付表も作られたという話もある。ちなみに旭山(岡田)、茶臼山(岡田)、今井川(今井)、春日山(川柳)、掴石(信里)等の人たちがいた。

1-01 共和の自然
  • 1-02 先史時代の共和村
  • 1-03 古墳時代の共和村
  • 1-04 奈良・平安時代の共和村
  • 1-05 鎌倉‐安土桃山時代
  • 1-06 江戸時代の共和村
  • 1-07 江戸時代の農民の暮らし
  • 1-08 明治初期の村の暮らし
  • 2-01 村の古道、街道
  • 2-02 村の用水
  • 2-03 村の神社仏閣
  • 2-04 村に伝わる民間信仰
  • 2-05 村の石碑文
  • 2-06 村の珍しい地名
  • 2-07 村の年中行事
  • 3-01 共和村の移り変わり
  • 3-02 学校の移り変わり
  • 3-03 社会教育活動の広がり
  • 3-04 村の福祉の進展
  • 3-05 道路の発達と村人の生活
  • 3-06 りんごの里の誕生
  • 3-07 多角経営を指導した農協
  • 3-08 戦争と村人
  • 3-09 村人を驚かせた災害
  • 3-10 生活用具や農具の変遷
  • 3-11 文化・レジャー施設
  • 3-12 その他
  • 信州共和村


    Publicity

    • 共和村広報部
    • 信州共和村付近の企業様,団体様を紹介致します。


    西飯田酒造
    西飯田酒造

    東飯田酒造
    東飯田酒造

    海沼旅館/海沼ドライブイン
    海沼旅館

    フランの花屋
    ウェブカメラ

    亀見山光林寺
    亀見山光林寺

    日輪山天照寺
    日輪山天照寺

    雪厳山玄峰院
    雪厳山玄峰院

    常光寺岡田観音堂
    常光寺岡田観音堂

    サイトの掲載を希望する企業・団体様がおりましたら,お問い合わせください。ご案内いたします。

     


    Contact


    Living environment


    A consumer

    • 消費者生活センター
    •  ▶ セブンイレブン・郵便局
    •  ▶ インターネット回線探し


    Education