エノキ茸の人工栽培は京都の森下彦三郎が創始者で、長野県では大正12年長谷川五作(屋代中学教諭)がガラス瓶栽培を教材として希望者に教えた。松代町の山寺ほかが昭和6年ころこの技術を習得し生産を始めた。同17年戦時統制令により中止、24年以降松代町の中村進ほか8人が栽培を始めた。一方更級農学校の倉沢教諭は校内で栽培をしながら種菌を培養して普及した。

このころ県農政部が農家の冬期間の副業奨励として取り上げ、栽培戸数も全県で150戸くらいとなり生産量は23トンとなった。47年には2万4000トンと急激に伸び、共和地区でもりんご農家の副業として栽培を始めた。昭和42年ころより関西市場で鍋物料理用として好評に加え県経済連がエノキ茸専用輸送で翌日販売を可能にして活気をもたらした。共和地区では32年ころ始まり、37年ころには栽培農家も増えてきた。急速に増えたのは40年ころである。りんごの紅玉、国光の大暴落により、ふじ、つがるに一挙更新をした減収分をエノキ茸で補充するために44年ころより本格的に取り組んだ。そのころエノキ茸の抗腫瘍研究が池川哲郎ほかにより進み、イノチ茸と呼んで栽培者を活気づかせた。53年ころにはエノキ茸部会員も18人となり、平均500ミリリットル瓶1万本位であったが、平成11年では10人に減ったが平均4万本となり専業化してきた。県下でも2戸当たりは増加し通年栽培で専業化している。

1-01 共和の自然
  • 1-02 先史時代の共和村
  • 1-03 古墳時代の共和村
  • 1-04 奈良・平安時代の共和村
  • 1-05 鎌倉‐安土桃山時代
  • 1-06 江戸時代の共和村
  • 1-07 江戸時代の農民の暮らし
  • 1-08 明治初期の村の暮らし
  • 2-01 村の古道、街道
  • 2-02 村の用水
  • 2-03 村の神社仏閣
  • 2-04 村に伝わる民間信仰
  • 2-05 村の石碑文
  • 2-06 村の珍しい地名
  • 2-07 村の年中行事
  • 3-01 共和村の移り変わり
  • 3-02 学校の移り変わり
  • 3-03 社会教育活動の広がり
  • 3-04 村の福祉の進展
  • 3-05 道路の発達と村人の生活
  • 3-06 りんごの里の誕生
  • 3-07 多角経営を指導した農協
  • 3-08 戦争と村人
  • 3-09 村人を驚かせた災害
  • 3-10 生活用具や農具の変遷
  • 3-11 文化・レジャー施設
  • 3-12 その他
  • 信州共和村


    Publicity

    • 共和村広報部
    • 信州共和村付近の企業様,団体様を紹介致します。


    西飯田酒造
    西飯田酒造

    東飯田酒造
    東飯田酒造

    海沼旅館/海沼ドライブイン
    海沼旅館

    フランの花屋
    ウェブカメラ

    亀見山光林寺
    亀見山光林寺

    日輪山天照寺
    日輪山天照寺

    雪厳山玄峰院
    雪厳山玄峰院

    常光寺岡田観音堂
    常光寺岡田観音堂

    サイトの掲載を希望する企業・団体様がおりましたら,お問い合わせください。ご案内いたします。

     


    Contact


    Living environment


    A consumer

    • 消費者生活センター
    •  ▶ セブンイレブン・郵便局
    •  ▶ インターネット回線探し


    Education