昭和6年の満州事変、7年の上海事変に続く12年の日中戦争(当時は日支事変といっていた)への突入、更に16年12月の太平洋戦争の開戦から20年8月の終戦の間、共和村からも大勢の青壮年兵、更には少年兵の出征があった。
出征兵士が家を出るとき、少年団の楽隊が、笛、大太鼓、小太鼓、シンバル等で愛国行進曲や軍歌を演奏しながら校庭まで先導し、家族や親類縁者、近所の人々が幟旗を掲げ日の丸の小旗を振って後に続いた。

校庭では村主催の出征兵士歓送の式典が愛国婦人会員や全小学生も参加して盛大に行われ、出征兵士代表による答礼の言葉の後万歳三唱で式を閉じた。その後は家族や団体の代表者、有志によって篠ノ井駅まで見送りをした。

ただこのような盛大な見送りも、日中戦争から太平洋戦争の初期までで、昭和13年ころをピークに戦局の拡大と悪化に伴い次第に賑やかさを失い末期には家族やほんの身内だけの送別で戦地に赴くようになり、少年兵、学徒出陣、特攻隊の出撃、帝都の灰嬢化、沖縄戦、広島・長崎への原爆等により最後は敗戦に帰趨した。

勇ましく見送られた初期の出征者ほど戦死者が多く、年に幾度と盛大な村葬が行われたが末期にはこれもなく、ただ白木の箱に紙切れ1枚が入っていただけのこともあったと聞く。

1-01 共和の自然
  • 1-02 先史時代の共和村
  • 1-03 古墳時代の共和村
  • 1-04 奈良・平安時代の共和村
  • 1-05 鎌倉‐安土桃山時代
  • 1-06 江戸時代の共和村
  • 1-07 江戸時代の農民の暮らし
  • 1-08 明治初期の村の暮らし
  • 2-01 村の古道、街道
  • 2-02 村の用水
  • 2-03 村の神社仏閣
  • 2-04 村に伝わる民間信仰
  • 2-05 村の石碑文
  • 2-06 村の珍しい地名
  • 2-07 村の年中行事
  • 3-01 共和村の移り変わり
  • 3-02 学校の移り変わり
  • 3-03 社会教育活動の広がり
  • 3-04 村の福祉の進展
  • 3-05 道路の発達と村人の生活
  • 3-06 りんごの里の誕生
  • 3-07 多角経営を指導した農協
  • 3-08 戦争と村人
  • 3-09 村人を驚かせた災害
  • 3-10 生活用具や農具の変遷
  • 3-11 文化・レジャー施設
  • 3-12 その他
  • 信州共和村


    Publicity

    • 共和村広報部
    • 信州共和村付近の企業様,団体様を紹介致します。


    西飯田酒造
    西飯田酒造

    東飯田酒造
    東飯田酒造

    海沼旅館/海沼ドライブイン
    海沼旅館

    フランの花屋
    ウェブカメラ

    亀見山光林寺
    亀見山光林寺

    日輪山天照寺
    日輪山天照寺

    雪厳山玄峰院
    雪厳山玄峰院

    常光寺岡田観音堂
    常光寺岡田観音堂

    サイトの掲載を希望する企業・団体様がおりましたら,お問い合わせください。ご案内いたします。

     


    Contact


    Living environment


    A consumer

    • 消費者生活センター
    •  ▶ セブンイレブン・郵便局
    •  ▶ インターネット回線探し


    Education