昭和57年2月から、平成2年(1990)にかけて、篠ノ井地所(株)が四期に分けるなかで、当時市街化区域であった岡田の東中条及び西中条地籍に宅地造成を計画・実施した。総面積27.747平方メートルにわたり、合計74区画に至った。その後も他社が造成するなど、かつての一面の水田地帯が一大住宅地として大きく様変わりをしていった。
造成当初岡田地籍に入るため、通学区を共和小学校として交渉したところ、学校側から快い回答がなされたが、市当局より線路を越えての通学は非常に危険が伴うとのことから不可能となった。それではと、昭和小学校への編入を希望したが定員を超えているとのことで、最終的に通明小学校への編入が決定した。

また、行政区は南原区への加入を要請したが、受け入れられなかったことから、現在高田区の第7常会と第8常会として、150戸に及び人口400余名となっている。これは、アパートの増設などもあり、増加の一途をたどっている。

現在はかつてのオリンピック村であった今井ニュータウンに隣接し、加えて今井駅もあり、更には長野県医療技術専門学校ができるなど、今後は大いに発展が期待されている地区である。ちなみに、地籍が共和地区となるため、国勢調査等については、築地地区の調査員が把当をしている。

1-01 共和の自然
  • 1-02 先史時代の共和村
  • 1-03 古墳時代の共和村
  • 1-04 奈良・平安時代の共和村
  • 1-05 鎌倉‐安土桃山時代
  • 1-06 江戸時代の共和村
  • 1-07 江戸時代の農民の暮らし
  • 1-08 明治初期の村の暮らし
  • 2-01 村の古道、街道
  • 2-02 村の用水
  • 2-03 村の神社仏閣
  • 2-04 村に伝わる民間信仰
  • 2-05 村の石碑文
  • 2-06 村の珍しい地名
  • 2-07 村の年中行事
  • 3-01 共和村の移り変わり
  • 3-02 学校の移り変わり
  • 3-03 社会教育活動の広がり
  • 3-04 村の福祉の進展
  • 3-05 道路の発達と村人の生活
  • 3-06 りんごの里の誕生
  • 3-07 多角経営を指導した農協
  • 3-08 戦争と村人
  • 3-09 村人を驚かせた災害
  • 3-10 生活用具や農具の変遷
  • 3-11 文化・レジャー施設
  • 3-12 その他
  • 信州共和村


    Publicity

    • 共和村広報部
    • 信州共和村付近の企業様,団体様を紹介致します。


    西飯田酒造
    西飯田酒造

    東飯田酒造
    東飯田酒造

    海沼旅館/海沼ドライブイン
    海沼旅館

    フランの花屋
    ウェブカメラ

    亀見山光林寺
    亀見山光林寺

    日輪山天照寺
    日輪山天照寺

    雪厳山玄峰院
    雪厳山玄峰院

    常光寺岡田観音堂
    常光寺岡田観音堂

    サイトの掲載を希望する企業・団体様がおりましたら,お問い合わせください。ご案内いたします。

     


    Contact


    Living environment


    A consumer

    • 消費者生活センター
    •  ▶ セブンイレブン・郵便局
    •  ▶ インターネット回線探し


    Education