A 50音 ア行
A 50音 カ行
A 50音 サ行
A 50音 タ行
A 50音 ナ行
A 50音 ハ行
A 50音 マ行
A 50音 ヤ行
A 50音 ラ行
A 50音 ワ行
C 大植物図鑑 刺花
C 大植物図鑑 学校園
C 大植物図鑑 工業
C 大植物図鑑 有毒
C 大植物図鑑 染料
C 大植物図鑑 牧草
C 大植物図鑑 生垣
C 大植物図鑑 盆栽
C 大植物図鑑 薬用
C 大植物図鑑 観賞
C 大植物図鑑 食用
C 大植物図鑑 香原料
-- アセビ Lyonia japonica 馬酔木(1011)* --

大正時代の植物事典 (大植物図鑑 "アセビ")

1011.gif

一名あせぼと釈し稱し多く山野に自生する常緑樹にして*高さ4,5尺を常とすれども深山に至れば丈餘の大木を見ることあり。葉は細長にして鋸齒を有し早春白色にして壷状をなせる小花を總状花序に排列す。本属(Lyonia)の花は通常總状に排列すれども草本状の小木本にては時に總状に排列せざることあり。

【薬】 本植物の葉を煎出したる汁は殺蟲剤として甚だ有効なり。これ葉に劇毒を有するによる馬若し誤つてこの葉を食すれば昏醉すと云ふ之れ馬醉木の名ある謂以なり。

【工】 木材は諸種の挽物細工に用ひらる。

【園】 本植物は樹姿古雅にして4時欝蒼せるを以て庭木として賞用せらる。普通山地に自生するものを堀り來り園庭に植ゆるものなれども斑入り等の上等品は春若しくは入梅中に挿木により繁殖せしむべし。植替は3,4月頃若しくは入梅中を可とす。若し根の發育充分なれば秋に行ふも差支へなし。手入は春日枯枝等を切り去れば充分なり。



江戸時代の植物事典 (長野電波技術研究所附属図書館 蔵書)

書籍名
掲載巻 : Link to Library
掲載箇所 : Link to Index

和漢三才図会
84
灌木
大和本草
12
花木



江戸時代の植物事典 (古事類苑 "馬酔木")

書籍名
掲載巻 : Link to Library
掲載箇所 : Link to Index

下学集
草木
??抄
6
 
冠辭考
1
倭訓栞
中編1
碩鼠漫筆
1
 
萬葉集
7
雑歌
萬葉集
10
春相聞
萬葉集
20
 
新撰六帖
6
 
夫木和歌抄
29
あぜみ
和漢三才図会
84
灌木
大和本草
12
花木
古今要覧稿
草木
 
本草綱目啓蒙
重修25
灌木


お問い合わせ
ギンジョー薬草ハーブ日和
植物図鑑
1779 記事
  •  江戸時代の本で
  •  植物図鑑を作っています。
  •  所蔵している書籍は,
  •  複写に対応できます。
本草綱目
本草綱目
李時珍 著
花譜
花譜
1694 貝原益軒 著
農業全書
農業全書
1697 宮崎安貞 著
広益本草大成 / 和語本草綱目
広益本草大成
1698 岡本一抱 著
菜譜
菜譜
1704 貝原益軒 著
用薬須知
用薬須知
1712 松岡恕庵 著
大和本草
大和本草
1708 貝原益軒 著
和漢三才図会
和漢三才図会
1712 寺島良安 著
草木育種
草木育種
1818 岩崎灌園 著
遠西医方名物考
遠西医方名物考
1822 宇田川玄真
日本山海名産図会
日本山海名産図会
1830 蔀関月 著
四季漬物塩嘉言
四季漬物塩嘉言
1836 小田原屋
古方薬品考
古方薬品考
1841 内藤尚賢 著
草木六部耕種法
草木六部耕種法
1874 佐藤信淵 著
神農本草経
神農本草経
当研究所所蔵の神
薬徴
薬徴
吉益東洞著,江戸
薬徴
凶荒図録
1885 小田切春江
古事類苑(植物)
古事類苑
明治時代に和装本
大植物図鑑
大植物図鑑
牧野富太郎のライ