A 50音 ア行
A 50音 カ行
A 50音 サ行
A 50音 タ行
A 50音 ナ行
A 50音 ハ行
A 50音 マ行
A 50音 ヤ行
A 50音 ラ行
A 50音 ワ行
C 大植物図鑑 刺花
C 大植物図鑑 学校園
C 大植物図鑑 工業
C 大植物図鑑 有毒
C 大植物図鑑 染料
C 大植物図鑑 牧草
C 大植物図鑑 生垣
C 大植物図鑑 盆栽
C 大植物図鑑 薬用
C 大植物図鑑 観賞
C 大植物図鑑 食用
C 大植物図鑑 香原料
-- アオキ Aucuba japonica 桃葉珊瑚(1034)* --

大正時代の植物事典 (大植物図鑑 "アオキ")

1034.gif

一名あをきばと称し山地に自生する常緑灌木なれど又鑑賞用として或は木材採取用として愛養せらるゝ植物なり。葉は對生し長楕円形にして尖り緑邊に大鋸歯を有し長さ五六寸に達す。花は単性、異株に生じ花瓣は四箇を有し稍々淡紫色を呈す。春末開花し花後長楕円形の果實を結び冬より翌春にかけ紅熟す。一種白色の果實を有するものにシロミノアヲキ、小形なるものにヒメアヲキ等称する種類あり。

【園】 主として其の常緑なるを賞するために庭園へ栽植するものなれども果實を見んとするには前項記述の如く本植物には雄木と雌木との区別あるものなれば雌木のみを移植しては結實不可能なり故に是非共雄木を其の附近に移植せざるべからず。若し雌木のみを植え付けたる時は他の庭園にある雄木の花枝を取り来り人工交配を行ひ結實せしむること肝要なり。

【薬】 本植物の生葉を搾りたる汁は擦り傷を治す。又葉を日干しにしたるものは粉末にし油と混合し湯火傷に塗布すれば治癒すること妙なり。若し日干しにしたるものなき場合は生葉を揉みて其の汁液を塗布するも可なり。

【栽培法】 栽培法は別に記述する迄もなけれども本植物を繁殖せしむるには挿木法、取木法、播種法何れにても完全に行はるゝ品種なり。


江戸時代の植物事典 (長野電波技術研究所附属図書館 蔵書)

書籍名
掲載巻 : Link to Library
掲載箇所 : Link to Index

和漢三才図会
84
灌木



江戸時代の植物事典 (古事類苑 "青木")

書籍名
掲載巻 : Link to Library
掲載箇所 : Link to Index

和漢三才図会
84
灌木


お問い合わせ
ギンジョー薬草ハーブ日和
植物図鑑
1779 記事
  •  江戸時代の本で
  •  植物図鑑を作っています。
  •  所蔵している書籍は,
  •  複写に対応できます。
本草綱目
本草綱目
李時珍 著
花譜
花譜
1694 貝原益軒 著
農業全書
農業全書
1697 宮崎安貞 著
広益本草大成 / 和語本草綱目
広益本草大成
1698 岡本一抱 著
菜譜
菜譜
1704 貝原益軒 著
用薬須知
用薬須知
1712 松岡恕庵 著
大和本草
大和本草
1708 貝原益軒 著
和漢三才図会
和漢三才図会
1712 寺島良安 著
草木育種
草木育種
1818 岩崎灌園 著
遠西医方名物考
遠西医方名物考
1822 宇田川玄真
日本山海名産図会
日本山海名産図会
1830 蔀関月 著
四季漬物塩嘉言
四季漬物塩嘉言
1836 小田原屋
古方薬品考
古方薬品考
1841 内藤尚賢 著
草木六部耕種法
草木六部耕種法
1874 佐藤信淵 著
神農本草経
神農本草経
当研究所所蔵の神
薬徴
薬徴
吉益東洞著,江戸
薬徴
凶荒図録
1885 小田切春江
古事類苑(植物)
古事類苑
明治時代に和装本
大植物図鑑
大植物図鑑
牧野富太郎のライ