A 50音 ア行
A 50音 カ行
A 50音 サ行
A 50音 タ行
A 50音 ナ行
A 50音 ハ行
A 50音 マ行
A 50音 ヤ行
A 50音 ラ行
A 50音 ワ行
C 大植物図鑑 刺花
C 大植物図鑑 学校園
C 大植物図鑑 工業
C 大植物図鑑 有毒
C 大植物図鑑 染料
C 大植物図鑑 牧草
C 大植物図鑑 生垣
C 大植物図鑑 盆栽
C 大植物図鑑 薬用
C 大植物図鑑 観賞
C 大植物図鑑 食用
C 大植物図鑑 香原料
-- クズ Pueraria lobata 葛(1635) --

大正時代の植物事典 (大植物図鑑 "クズ")

1635.gif

山野に自生する纒繞草本にして、莖二三丈に達するものあり。葉は大形にして三箇の小葉より成り、莖と共に褐色の毛茸に富む。秋日葉腋に五六寸の穂をなして蝶形花をつく。花色紫赤色を呈し、花後大なる莢を結ぶ。根を取りて藥用となし、叉葛粉を製す。秋の七草の一なり。

【食・藥】 冬月生根を掘り、搗き碎きて澱粉を採取す即ち葛粉と稱し種々の食料を作る。嫩葉は煠熟し、老葉は乾して和物とし、叉煎粉とす。叉花を採取して陰乾としたるものを粉末とし、酒に混じて飲用すれば酒に酔はずと云ふ。

葛粉の製法

冬月根を掘りよく洗ひ、臼に入れて搗き碎きたるものを桶に入れ、水を以て揉み出し得たる灰白色の汁液を細き目の笊にて濾過し、其の液を靜置して砂塵を沈澱せしめ、其の上液を取り濾し袋に入れて之れを搾濾し、再び桶に入れ水を加ふれば半日許にして更に沈澱するを以て、其の上液を去り、下液及び沈澱を他の桶に入れ、水を加へて攪拌し、更に沈澱を取りてこれに水を加ふ。かくすること四五回にして最後の沈殿物を取り、日光に晒し、乾燥し得たるものを粗製葛粉と稱し、灰白色を帶ぶ、即ち灰葛と稱するもの是なり。嚴寒の候此の粗製葛三斗位を取り桶に入れ、水を加へてよく攪拌し、馬尾篩を以て濾過し汚物を去り、之れを半日餘放置し沈澱せしめて上液を去り、更に水を加へて攪拌し、二日間程放置し其の上液を去り、表面に附着せる黒灰色の部分を除き、更に水を加へて攪拌す。かくすること約八九回に及べば純白なる葛粉を得所謂寒晒葛、上葛叉白葛と稱し上等品とす。

葛粉は大和の吉野を以て古來極上品とすれども、其の他筑後、久留米、紀伊、美濃、河内等の産も世に著名なり。

葛粉は其の調理法種々あり、葛根湯、葛饅頭、葛餅、葛湯、葛葉素麺等重なるものなれど、製法は一般に知悉せられ居れば玆には之れを省略す。


お問い合わせ
ギンジョー薬草ハーブ日和
植物図鑑
1779 記事
  •  江戸時代の本で
  •  植物図鑑を作っています。
  •  所蔵している書籍は,
  •  複写に対応できます。
本草綱目
本草綱目
李時珍 著
花譜
花譜
1694 貝原益軒 著
農業全書
農業全書
1697 宮崎安貞 著
広益本草大成 / 和語本草綱目
広益本草大成
1698 岡本一抱 著
菜譜
菜譜
1704 貝原益軒 著
用薬須知
用薬須知
1712 松岡恕庵 著
大和本草
大和本草
1708 貝原益軒 著
和漢三才図会
和漢三才図会
1712 寺島良安 著
草木育種
草木育種
1818 岩崎灌園 著
遠西医方名物考
遠西医方名物考
1822 宇田川玄真
日本山海名産図会
日本山海名産図会
1830 蔀関月 著
四季漬物塩嘉言
四季漬物塩嘉言
1836 小田原屋
古方薬品考
古方薬品考
1841 内藤尚賢 著
草木六部耕種法
草木六部耕種法
1874 佐藤信淵 著
神農本草経
神農本草経
当研究所所蔵の神
薬徴
薬徴
吉益東洞著,江戸
薬徴
凶荒図録
1885 小田切春江
古事類苑(植物)
古事類苑
明治時代に和装本
大植物図鑑
大植物図鑑
牧野富太郎のライ