A 50音 ア行
A 50音 カ行
A 50音 サ行
A 50音 タ行
A 50音 ナ行
A 50音 ハ行
A 50音 マ行
A 50音 ヤ行
A 50音 ラ行
A 50音 ワ行
C 大植物図鑑 刺花
C 大植物図鑑 学校園
C 大植物図鑑 工業
C 大植物図鑑 有毒
C 大植物図鑑 染料
C 大植物図鑑 牧草
C 大植物図鑑 生垣
C 大植物図鑑 盆栽
C 大植物図鑑 薬用
C 大植物図鑑 観賞
C 大植物図鑑 食用
C 大植物図鑑 香原料
-- カリン Chaenomeles sinensis 榠樝(1935) --

クヮリン 榠樝(1935)

1935.gif

一名カラナシと稱し、庭園に栽培する落葉果樹にして、幹の高さ二三丈に達す。樹皮は鱗状に剥け、其の痕跡雲紋をなす。葉は卵形にして尖り、縁邊に微細の鋭鋸齒を有し、背に微毛あり。春日五瓣の鮮紅色花を開く。果實は橢圓形にして頭尖り、凹凸ありて正しからず。秋末黄熟して稍々マクワウリに似、芳香を有すれども澁味ありて生食に適せず。

【藥】 本植物の果實は一切の肺病に特効奇功を奏する事實に不可思議なる程にて、編者の友人たる松島理學士の如きは肺結核の三期に至りたるものも初めのものは勿論、少々は進みたるものにても、本果實の煎汁を日に何回となく番茶を啜る代りに使用すれば六ヶ月間位にて全治した例が澤山に有ると其の著書に公表されて居る位なり。本果實を煎用するには先つ果實を輪切りに細剉して陰干しにし時に應じ煎用するなり。煎用の分量は一定せざれども成るべく多量に服用するを可とし飲み過ぎたりとて決して害とならざるものなり。

本果實の煎用は實に肺炎、肺炎カタル、氣管支カタル、瘰癧、腺病質の人に實行して何れも効能あるものなれば、之等の人は一時も早く實行し根治の喜びを得られんことを切望す。


お問い合わせ
ギンジョー薬草ハーブ日和
植物図鑑
1779 記事
  •  江戸時代の本で
  •  植物図鑑を作っています。
  •  所蔵している書籍は,
  •  複写に対応できます。
本草綱目
本草綱目
李時珍 著
花譜
花譜
1694 貝原益軒 著
農業全書
農業全書
1697 宮崎安貞 著
広益本草大成 / 和語本草綱目
広益本草大成
1698 岡本一抱 著
菜譜
菜譜
1704 貝原益軒 著
用薬須知
用薬須知
1712 松岡恕庵 著
大和本草
大和本草
1708 貝原益軒 著
和漢三才図会
和漢三才図会
1712 寺島良安 著
草木育種
草木育種
1818 岩崎灌園 著
遠西医方名物考
遠西医方名物考
1822 宇田川玄真
日本山海名産図会
日本山海名産図会
1830 蔀関月 著
四季漬物塩嘉言
四季漬物塩嘉言
1836 小田原屋
古方薬品考
古方薬品考
1841 内藤尚賢 著
草木六部耕種法
草木六部耕種法
1874 佐藤信淵 著
神農本草経
神農本草経
当研究所所蔵の神
薬徴
薬徴
吉益東洞著,江戸
薬徴
凶荒図録
1885 小田切春江
古事類苑(植物)
古事類苑
明治時代に和装本
大植物図鑑
大植物図鑑
牧野富太郎のライ