A 50音 ア行
A 50音 カ行
A 50音 サ行
A 50音 タ行
A 50音 ナ行
A 50音 ハ行
A 50音 マ行
A 50音 ヤ行
A 50音 ラ行
A 50音 ワ行
C 大植物図鑑 刺花
C 大植物図鑑 学校園
C 大植物図鑑 工業
C 大植物図鑑 有毒
C 大植物図鑑 染料
C 大植物図鑑 牧草
C 大植物図鑑 生垣
C 大植物図鑑 盆栽
C 大植物図鑑 薬用
C 大植物図鑑 観賞
C 大植物図鑑 食用
C 大植物図鑑 香原料
-- ダイダイ 橙・回靑橙(1540) --
1540.gif

園地に栽培する木本にして、樹梢聳立し高さ一丈五尺許に達し樹上に刺を生じ、葉柄翼状を有す。果實は正圓形をなし重量四十五六匁を算す。瓤嚢は九個乃至十一個にして内に各二個宛の種子を包有す。味苦澁にして生食に適せず。本果はよく二三年間枝上にありて、新果の生ずる季節に至り綠色に變じ、新果の熟期に及べば再び黄紅色となる、故に回靑橙の名あり。本種は蒂の下部に五出の殘蕚を附し、其の周邊に數篠の細溝を現出する特徴あり。

本果實は生食するに佳ならずと雖も、搾りて橙漿を得べく、果皮よりは橙皮油を採取し、藥劑の矯臭及び矯味に用ひ、或は水に加へて飲料に供する外、花を蒸餾して橙花油を採り矯臭叉は香水の原料に供す。其の他正月の門飾り等に用ふるは人の知る處なり。

【藥】 成熟したる果實の皮及び未熟なる果實の乾燥したるものは苦味健胃劑として特効あり。叉果皮の汁液を熱湯中に絞り出し飲用すれは發汗劑となる外、果實を横斷して火に焼き、之れを布に包みて搾りたる汁は頭雲を落すに頗る妙なり。


お問い合わせ
ギンジョー薬草ハーブ日和
植物図鑑
1779 記事
  •  江戸時代の本で
  •  植物図鑑を作っています。
  •  所蔵している書籍は,
  •  複写に対応できます。
本草綱目
本草綱目
李時珍 著
花譜
花譜
1694 貝原益軒 著
農業全書
農業全書
1697 宮崎安貞 著
広益本草大成 / 和語本草綱目
広益本草大成
1698 岡本一抱 著
菜譜
菜譜
1704 貝原益軒 著
用薬須知
用薬須知
1712 松岡恕庵 著
大和本草
大和本草
1708 貝原益軒 著
和漢三才図会
和漢三才図会
1712 寺島良安 著
草木育種
草木育種
1818 岩崎灌園 著
遠西医方名物考
遠西医方名物考
1822 宇田川玄真
日本山海名産図会
日本山海名産図会
1830 蔀関月 著
四季漬物塩嘉言
四季漬物塩嘉言
1836 小田原屋
古方薬品考
古方薬品考
1841 内藤尚賢 著
草木六部耕種法
草木六部耕種法
1874 佐藤信淵 著
神農本草経
神農本草経
当研究所所蔵の神
薬徴
薬徴
吉益東洞著,江戸
薬徴
凶荒図録
1885 小田切春江
古事類苑(植物)
古事類苑
明治時代に和装本
大植物図鑑
大植物図鑑
牧野富太郎のライ