A 50音 ア行
A 50音 カ行
A 50音 サ行
A 50音 タ行
A 50音 ナ行
A 50音 ハ行
A 50音 マ行
A 50音 ヤ行
A 50音 ラ行
A 50音 ワ行
C 大植物図鑑 刺花
C 大植物図鑑 学校園
C 大植物図鑑 工業
C 大植物図鑑 有毒
C 大植物図鑑 染料
C 大植物図鑑 牧草
C 大植物図鑑 生垣
C 大植物図鑑 盆栽
C 大植物図鑑 薬用
C 大植物図鑑 観賞
C 大植物図鑑 食用
C 大植物図鑑 香原料
-- ツルドクダミ Polygonum multiflorum 何首鳥(2521) --

大正時代の植物事典 (大植物図鑑 "ツルドクダミ")

2521.gif

山野に自生する多年生纒繞性草本なり。葉は心臓形をなして先端尖り葉柄及び鞘状托葉を具へ互生す。秋日葉腋に花莖を抽き白色の細花を圓錐状に綴る。本植物の根は巨大の數塊を蓮接し藥用に供せらる。

【藥】 本植物の根は藥用植物として一時坊間にて盛に販賣せられ其の名廣く人口に稱揚せらるるに至りたるものなり。

藥種商は本植物の漢名を其の儘音讀しカシュウと稱し販賣す。重なる用法は其の根を粉末としたるものを一日一囘一匁を空腹の時酒にて飲下し、疾病の時は茯苓の湯煎にて飲下すれば不老長生の靈効を有す。儒醫岸原鴻太氏は何首鳥二斤、白茯苓一斤、五味子一斤とを合せて四斤を臼にて搗きたるものを粉末とし、朝夕食前に二匁づつ酒叉は鹽湯にて服用すること凡そ七八ヶ月に及べば頽齢六十五歳に及ぶも無病強健、精力絶倫老ひて尚陽道の勃如たるを覺ゆと云ふ。叉本品に柯杞を混じて煎用するも頗る効あり。蓋し漢方にては本品は腰膝痛、足痛、盗汗、瘰癧、結核、出血、癰瘇、毒瘡、癩病、腎臓病、肝臓病、の妙効藥として重用するものとせり。
本植物の生葉を焙りて腫物に貼れば膿を吸出す。但し本植物の藥用品としての効用は支那産を以て第一とす。


お問い合わせ
ギンジョー薬草ハーブ日和
植物図鑑
1779 記事
  •  江戸時代の本で
  •  植物図鑑を作っています。
  •  所蔵している書籍は,
  •  複写に対応できます。
本草綱目
本草綱目
李時珍 著
花譜
花譜
1694 貝原益軒 著
農業全書
農業全書
1697 宮崎安貞 著
広益本草大成 / 和語本草綱目
広益本草大成
1698 岡本一抱 著
菜譜
菜譜
1704 貝原益軒 著
用薬須知
用薬須知
1712 松岡恕庵 著
大和本草
大和本草
1708 貝原益軒 著
和漢三才図会
和漢三才図会
1712 寺島良安 著
草木育種
草木育種
1818 岩崎灌園 著
遠西医方名物考
遠西医方名物考
1822 宇田川玄真
日本山海名産図会
日本山海名産図会
1830 蔀関月 著
四季漬物塩嘉言
四季漬物塩嘉言
1836 小田原屋
古方薬品考
古方薬品考
1841 内藤尚賢 著
草木六部耕種法
草木六部耕種法
1874 佐藤信淵 著
神農本草経
神農本草経
当研究所所蔵の神
薬徴
薬徴
吉益東洞著,江戸
薬徴
凶荒図録
1885 小田切春江
古事類苑(植物)
古事類苑
明治時代に和装本
大植物図鑑
大植物図鑑
牧野富太郎のライ