A 50音 ア行
A 50音 カ行
A 50音 サ行
A 50音 タ行
A 50音 ナ行
A 50音 ハ行
A 50音 マ行
A 50音 ヤ行
A 50音 ラ行
A 50音 ワ行
C 大植物図鑑 刺花
C 大植物図鑑 学校園
C 大植物図鑑 工業
C 大植物図鑑 有毒
C 大植物図鑑 染料
C 大植物図鑑 牧草
C 大植物図鑑 生垣
C 大植物図鑑 盆栽
C 大植物図鑑 薬用
C 大植物図鑑 観賞
C 大植物図鑑 食用
C 大植物図鑑 香原料
-- ニンジン Daucus carota L 胡蘿匐(1043) --

大正時代の植物事典 (大植物図鑑 "ニンジン")

1043.gif

歐州原産にして本邦には主として畑地に栽培する二年生草本なり。葉は數回分岐せる複葉にして長柄を有し初めは叢生し春日に至り莖を立つること四五尺に達し梢上小枝を分ち初夏に至りて花をつく。花は白色の小花にして複繖形花序に排列す。

【食】 根は冬春の際煮て食し或は浸し物、胡麻味噌、膾、粕漬等として食用し、秋には嫩葉を採り根の如く煮付け、浸し物、和へ物等として食用す。重なる調理法二三擧ぐること左の如し。

(一)ニンジンの味噌漬 ニンジンの後先を切り五六日間風通しのよき處に置き薄塩にて輕く押漬けし三日斗り經ちたる後太陽に乾し味噌の中に漬け込むなり。

(二)蒸しニンジン ニンジンの皮を去りて細に切り蒸鍋に入れ胡椒を振りかけ徐々に煮、後パン粉「バタ」とを適宜に加へ再び煮るなり。

【藥】 湯火傷を受けたるとき此の根を摺り下したる汁を數回塗布すれば即効あり。種子は其の儘飲下すれば腎臓病に効ある外驅風、利尿、水腫等にも効用多きものなり。

栽培法

種類 栽培品種頗る多く特に近年外國より種々なる品種を輸入栽培せられ商家の店頭に飾らるるもの少なからず。重なる品種を擧ぐれば左の如し。

イ 金時ニンジン(1044) 本邦産最も優良なるものにて一に大阪ニンジン、赤ニンジンとも呼ぶ。根形太くして長さ一尺許其の色鮮紅にして甘味多し。

ロ 瀧の川赤長ニンジン(1045) 根形極めて長く生長し其の色鮮紅色を呈し味前種に劣らず即ち前種は大阪附近名産、本品は東京附近名産の觀ある代表的蔬菜と云ふべきなり。

ハ 札幌ニンジン(1046) 根形極めて太けれども長さ短く甘美にして豊收なる早熟種とす。

ニ 紫ニンジン 根は深紫色を呈し中心黄色種なり。

ホ 夏ニンジン(1047) 東京地方を始め諸處に栽培する草生種にして根は長く黄色を呈し春時播種し六七月の交採りて食用に供せらる。

ヘ 白ニンジン 普通品の如くなれど色白き者なり。

ト 洋種時なしニンジン(1048) 前種より根形短く極めて早熟にして年中栽培し得られ味甘美なり。

チ 洋種三寸ニンジン(1049) 根形最も短く漸く三寸内外なれども早熟にして甘美なるものなり。

適地及び手入法 適地及び栽培法は大根と同一なれども尚ほ旱天に際しては再三水を灌ぎ且つ除草をなし二三寸位に成育したる頃間引きをなし其の株間を五六寸位に薄くするなり。其の他葉の漸く繁茂する頃に至らば根本を堅く踏み付くるを可とす。


お問い合わせ
ギンジョー薬草ハーブ日和
植物図鑑
1779 記事
  •  江戸時代の本で
  •  植物図鑑を作っています。
  •  所蔵している書籍は,
  •  複写に対応できます。
本草綱目
本草綱目
李時珍 著
花譜
花譜
1694 貝原益軒 著
農業全書
農業全書
1697 宮崎安貞 著
広益本草大成 / 和語本草綱目
広益本草大成
1698 岡本一抱 著
菜譜
菜譜
1704 貝原益軒 著
用薬須知
用薬須知
1712 松岡恕庵 著
大和本草
大和本草
1708 貝原益軒 著
和漢三才図会
和漢三才図会
1712 寺島良安 著
草木育種
草木育種
1818 岩崎灌園 著
遠西医方名物考
遠西医方名物考
1822 宇田川玄真
日本山海名産図会
日本山海名産図会
1830 蔀関月 著
四季漬物塩嘉言
四季漬物塩嘉言
1836 小田原屋
古方薬品考
古方薬品考
1841 内藤尚賢 著
草木六部耕種法
草木六部耕種法
1874 佐藤信淵 著
神農本草経
神農本草経
当研究所所蔵の神
薬徴
薬徴
吉益東洞著,江戸
薬徴
凶荒図録
1885 小田切春江
古事類苑(植物)
古事類苑
明治時代に和装本
大植物図鑑
大植物図鑑
牧野富太郎のライ