HOME ▶ サマンサ日記


ペットの私が言うのも変ですが

| |

アメリカ、カリフォルニア州にある、
バイオ企業、バイオアーツ・インターナショナルでは、
フロリダ州ボカラトンに住んでいる夫妻から依頼された、
愛犬のクローン再生を完成させて、
クローンの子犬を納品したことを明らかにしたそうです。
何か、愛犬に似た、ぬいぐるみを作って届けた感覚ですが、生きています。
依頼した、夫妻は15万ドル、約1350万円の費用を同社に支払ったと言うことです。
この夫妻は昨年1月、11歳の雄のラブラドル・レトリバーを癌で亡くしたそうです。
そのため、クローンを昨年11月中旬、この分野では先進国である
韓国の委託先の研究機関に依頼して誕生させたそうです。
同研究機関では、研究目的ではない、犬のクローン再生は世界で初めて、と言っています。
まあ、クローンは形や柄だけでなく、性格まで似るものなのかは分かりませんが、
ペットの私が言うことではありませんが、形や柄や大きさが同じでも、
性格まで同じクローンは、可愛いと思えるものでしようか。
それも、一挙に1000頭とか1万頭も作られたら、どうしますか。
色や柄や、大きさも少しずつ、違っていて、性格も、気が強いとか、弱いとか
少し、違っていた方が良いと思いませんか。
それに、1350万円は高くないですか、我々雑種の猫は無料でも引き取り手がありません。
ペットの私が言うのも変ですが、ペットにも、やっかみがあります。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、犬のクローンができるということは、猫でもできると言うことです。
と言うことは、当然、人間もできるということです。
またまた、と言うことは、1350万円払うと死ななくなると言うことでしょうか。
クローンができると、世の中が複雑になるような気がします。
先日、某知り合いの研究者が、新年会の酒の席で言っていましたが、
人間のクローンは犬より簡単だと言っていました。
難しいのは、法律の解釈の方だそうです。
クローンを作るための細胞は、自分を含めて、
サンプルが簡単に入手できるから、とのことです。
まあ、タダでも引き取り手がない我々、雑種の猫には関係のないことですが。

クローンも実用化時代

| |

猫も人間も同じことができると思いますが、
世界で初めてクローン犬を誕生させた、
ソウル大学と提携する、韓国のバイオ関連企業、RNLバイオは、
アメリカの女性から、死んだ介助犬の複製依頼を受け、
犬のクローン化を受注したそうです。
契約金額は15万ドル、約1600万円とのことです。
ペットのクローン化は大きな市場になると云われています。
これにより、クローンビジネスは加速化が予測されます。
倫理面での批判がでることは避けられないと思いますが、
犬だけでなく、猫や人間の複製品も、同じ方法で可能だと思います。
本当は、人間の複製品の方が試料の入手が簡単ですし、
医学や科学に関わっている人は当然、実験してみたい研究課題だと思います。
犬の複製を依頼したのは、ロサンゼルスに住む身体障害者の女性で、
1年半前に死んだ介助犬の体細胞を保管していて、
クローン化を同社に要請したそうです。
来年2月までに、クローン犬を誕生させる契約とのことです。
この女性は、この時を待っていた、と喜んでいるそうです。
ソウル大学は2005年に、初めてクローン犬の誕生に成功し
1%以下だった成功率は現在、25%まで上昇し、
RNL社と協力し、クローン専門施設を設立したそうです。
我々、幾らでもいる雑種の猫は、
複製を依頼する人はいないと思いますが、寂しいです。
動物のクローンを誕生させることには、倫理的、法律的な問題があります。
出来てしまってから倫理や法律は動きを見せますが、
動物のクローンを人間の手で造ることが、
良いのか悪いのか、我々猫には判断できませんから、
またまた、神様のご意見も伺うことにしましょうか。
ではまた、広報担当サマンサでした。

1

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category