HOME ▶ サマンサ日記


昨年は、2458億本のタバコが売れました

| |

社団法人タバコ協会、の発表によると、
2008年に2458億本の紙巻きタバコが売れたそうです。
タバコは、買い置きしている人もいると思いますが、
何ヶ月分も持っているとは思えませんので、
売れた分だけ吸われたものとしても大差ないと思われます。
2458億本の紙巻タバコが売れたといっても、タバコを吸わない我々猫には、
多いのか少ないのか、良く分からないのです。
ですが、タバコを吸っている人が仮に1億人いるとすれば、
年間に2458本を吸うことになりますから、1ヶ月に204本で、
一日では7本と言うことになります。
何となく1人の人が吸っている本数が理解できるようになります。
実際に喫煙者が何人いるのか分かりませんが、
仮に5000万人とすると一日14本と言うことになります。
10年前の1998年には、年間3366億本売れたそうで、
2008年には2458億本になり、約1025億本減っています。
ですが、輸入タバコの販売量は1998年には、790億本だったのですが、
2008年には859億本で10年間に約70億本増えたそうです。
一方、売上金額は、1998年に4兆899億円で、翌年の1999年には
4兆2600億円となり、昨年2008年には3兆7270億円になっています。
売り上げで目立っているのは、輸入タバコで、
タバコの総売上の36%を占めています。
ここ10年間で、売上本数が3366億本から1025億本減っていますが、
売上金額は10年前の4兆899億円から
昨年の3兆7270億円で3629億円減っています。
売上本数の減った割には、金額の減り方が少ないのは、
輸入タバコの売り上げが増えていることと、値上げによるもののようです。
タバコの売り上げからは、たくさんの税金を頂いているそうですから、
健康に注意して、さらに、長生きして頂き、さらに、たくさんの喫煙をお願い致します。
ではまた、広報担当サマンサでした。

タバコを吸わない猫には理解できない問題です

| |

WHO、世界保健機関から、
喫煙による健康被害に関する、報告書が発表されました。
その中で、喫煙が原因となって死亡する人が、
21世紀中に、累計10億人に達すると予測しています。
日本の2008年の人口が、
約1億2000万人ですから10億人の多さが分かります。
報告書によると、肺がんや心臓疾患など喫煙を原因とする病気で、
20世紀には、約1億人が死亡したそうです。
現在、世界中の毎年の推計で、
540万人が喫煙のため命を落としているそうですが、
喫煙人口は途上国を中心に増加しているそうです。
このまま推移すると、死者の数は2030年には、
年間約800万人に増加する恐れがあると指摘しています。
喫煙人口を増やさない対策として、
タバコへの課税や価格の引き上げ、広告の禁止、
受動喫煙からの保護、危険性の警告、禁煙希望者への支援、
タバコの流行監視などと云ったことを考えているそうです。
特にタバコへの増税と値上げは、最も効果的な方法とのことです。
価格を7割引き上げれば、世界全体のタバコに起因した死者の、
最大4分の1の命を救える、と世界保健機関では試算しています。
タバコを値上げする事で、命が守られるのでしたら、
値上げして生まれる利益を、禁煙人口を増やすために使うことで、
さらに禁煙者が増え可能性がありますが、何か変な気もします。
高いお金を払って、害があり、さらに、
周囲の人にも害を与えてしまう、タバコを吸うことが、
猫には、とても理解できないことなのです。
ではまた、広報担当サマンサでした。

1

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category