HOME ▶ サマンサ日記


気持ちは分かりますが、ルールはルールです

| |

神奈川県立の高校の入学試験で、合格基準に達していた受験生22人が
服装や髪形の乱れなどを理由に不合格にされた問題で、
神奈川県教育委員会は同校の校長を解任すると発表しました。
同校長は教育委員会の総合教育センター専任主幹に移動させられるそうです。
首になるわけではない様ですが、処分は世論を聞いてから後ほどするようです。
同高校は一学年、200人に満たない高校のようですが、1年間に、
1学年の生徒数とほぼ同等数の生徒が退学処分を受けたことがあったそうです。
このような高校の入学試験で、服装や髪形の乱れなどを理由に
不合格にされた人がいたそうです。
まあ、同校の校長先生の勇気ある決断とも思えるのですが、
ルールにない方法での不合格は問題があります。
そもそも、入学試験の合格基準の中に、服装や髪型が乱れていれば不合格、と
明記されていれば問題なかったと思います。
我々猫の場合は、お互いに匂いも嗅いでみて、仲間になれるかどうかを確かめます。
明らかに仲間になれそうもない、匂いを発している人や猫がいます。
それに、顔付きだって、恐そうな顔の人や猫がいますし、中には、
他人に被害を与えそうな顔付きの人もいます。
顔付きは合格、不合格の基準にはない様ですが、
個人的には、不合格にしたい顔があります。
ブルドックに似た顔の猫が近くに住んでいます。
改めて、神奈川県の先生を採用するときの合格基準を知りたい気分です。
普通、受験生は合否を決定する先生や審査官を選ぶことはできません。
人が人を選ぶこと、なかなか難しい問題ですが、ここは、ルール通りでお願いします。
それよりも、試験問題を正確に幾つ答えたとか、速かったとか、遅かったとか
考えてみたらあまり、人世の中では活かされることがありません。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、ルールになくても、服装や髪の乱れや匂いも、少しは気を付ける事にしましょう。
服装や髪の乱れで、不合格になるのは面白いことではありません。
服装や髪の乱れは、入学してから教育することで直す方法がありますし、
入学当初の服装や髪型は、卒業の頃には、極普通の服装や髪型になるものです。
受験生が全員、黒髪で7、3に分けて、黒や紺のスーツ姿で
受験する光景を想像すると、その方が異常に感じるのですが、私だけでしょうか。

先生や親が指導できない中学生は

| |

何が原因かは分かりませんが、
親や先生が指導できない場合は、
もっと早く警察に、お願いした方が良かったのではないでしょうか。
内容を詳しく知らないで発言するのは失礼ですが、
親や先生や警察には、それぞれの役目があると思うのです。
福岡県田川郡内の公立中学校で、一部生徒が授業を妨害し、
校長ら学校幹部が休職や自宅休養などに追い込まれた問題で、
県警は妨害にかかわったとされる同校の3年生と2年生の生徒2人について、
暴力行為処罰法違反容疑で逮捕状を請求したそうです。
卒業式の後に逮捕する方針とのことです。
福岡県警や教育委員会によると、
生徒らは今月6日に、校長室で暴れて湯飲みを割ったなどとして、
学校が県警に被害届を出していたそうです。
このほか、廊下の窓や校長室のロッカーを壊したり、
教師への威嚇行為などを繰り返し、校内を徘徊しては、
学校を訪問していた保護者につばを吐きかけたり、
校舎の2階渡り廊下から放尿したこともあったそうです。
こうした行為への対応で、校長は2月上旬から病欠し、
今月1日から休職中で、教頭も現在、自宅療養しているそうです。
また、保護者からの苦情も相次いでいたとのことです。
文部科学省によると、中学生による校内暴力は、
1990年代後半から急増し、1998年度以降、
毎年2万件以上に上り、小学校の約10倍、高校の約4倍となっているそうです。
社会のルールを理解させることや、ルールを守らせることも、
重要な教育だと思います。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、普通、我々猫は、
人間とルールが違い、慣れるまでに時間がかかります。

1

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category