HOME ▶ サマンサ日記


事業仕分け

| |

事業仕分けで、農業・食品産業技術総合研究機構の
農業者大学校に廃止の判定が下されました。
農業者大学校は1968年、農業者を育成する唯一の国立教育機関として、
多摩市に設立され、これまで約1200人の卒業者を輩出しているそうです。
2006年に、三つの独立行政法人と統合され、2008年3月から、
つくば市の筑波農林研究団地に建設された、
新校舎に移転し、再スタートしたばかりです。
現在1、2年生計約60人が在学し、一部を除いて
筑波農林研究団地内で寮生活を送っているそうです。
このような農業者を養成する学校は長野県では、原村に、
八ヶ岳中央農業実践大学校がありますし、長野市には、
長野県農業大学校もあります。
それに、農業高校もありますし、また、
信州大学には農学部も繊維学部もあります。
最近のデータを調べてはいませんが、多くの農業学校では、
定員割れでしたが今年はどうだったでしょうか。
某農業大学校は、定員20名のところ4名くらいの応募者とのことで、
何年も、無試験入学が続いていました。
農業収益が低迷する中、就農したい人は少ないようです。
国が進めている事業仕分けで、農業者大学校を廃止の判定がでたことは
税金の使い道から考えると、正しいと思うのですが、廃止した場合、
さらに就農希望者が減ることになりそうです。
江戸時代、農業を勉強するところは、水田で、先生は親や近隣の人でした。
それも、水田の仕事は、年に一度ですから、年の数だけ勉強したことになります。
日本の農業をどうするか、日本の食料をどうするか、重要な問題です。
ではまた、広報担当サマンサでした。

先生が走り始めました

| |

信州大学は政府の事業仕分けで、廃止と発表された事業が、
7億4000万円に上ることを明らかにしました。
信州大学は松本市の本部で記者会見して、
事業仕分けで生じる影響についての見解を発表しました。
信州大学によると、今回の事業仕分けで、信州大学が中心となって
長野県や企業などと連携して進めている、知的クラスター創成事業の
5億円を含む、7億4000万円が廃止と発表されたそうです。
信州大学の学長は、今回の事業仕分けでは十分な
考慮がなされたのかどうか問題に思う、と述べたそうです。
信州大学では、知的クラスター創成事業などが廃止された場合、
64人分の雇用にも影響が出ると深刻に受け止めていて、
今後、県や経済団体、他の大学と連携して国に働きかけていくそうです。
一方、某女子大学では、事業分けの影響はなかったそうですが、
この大学の場合は、もともと、国などからの補助金を
申請できるような、高度な研究はしていない大学だったようです。
意地悪な考えですが、事業仕分けで影響を受ける、
大学別、金額トップテンとなども知りたいものです。
これは、まもなく、マスコミが調べ上げて発表すると思いますので、
しばらく待つことにします。
続いて、各大学が国から補助金を受けて研究していた、
内容や使われ方も知りたくなりました。
また、各大学には、補助金や助成金などを申請する際に、
効率よく受けられる先生がいます。
このような先生を何人か知っていますが、
研究開発の重要性などとは、また別のもののようです。
いやいや、これはあくまで猫が感じた気分的な問題ですから
重要なものではありませんので念のため。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、師走になりました。先生はどちらに走るのでしょうか。

1

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category