HOME ▶ サマンサ日記


半数の人が100歳まで長生き出来るそうです

| |

HealthDay Newsによると、平均寿命の延長傾向がこのまま続けば、
富裕国で2000年以降に生まれた赤ちゃんの半数以上が、
100歳まで生きるとの研究報告が、
イギリスの医学誌に掲載されたそうです。
また、2000年以降に生まれた赤ちゃんの
75%が75歳まで生きると推定されるそうです。
先進国30ヶ国以上のデータを分析した結果、
80歳以上の死亡率は依然として低下し続けていて、
80から90歳への生存率は1950年には、女性が15~16%、
男性で12%であったそうですが、2002年には、それぞれ37%、25%となり、
平均寿命が30歳以上延びているそうです。
また、寿命の長期化は医療をはじめとする各分野に
大きな課題をもたらす可能性があると考えているそうです。
研究グループは、1週間当たりの労働時間を減らして、
その分、現役で働く期間を延長することで、寿命や健康状態を
向上できるほか、経済面でも有用な対処法となると述べています。
今後、さらに長寿社会を迎えるためには、
医療よりも難しい経済問題があるようです。
ではまた、広報担当サマンサでした。

病院も病気のようです

| |

病院は経営不振だからといっても、病人を増やすことは出来ません。
2001年から2007年にかけて倒産した医療機関は210件で、
病院が52件、診療所が95件、歯科医院が63件あったそうです。
都道府県別の倒産件数では、東京都が40件で最も多く、
続いて大阪府の27件、北海道の18件、神奈川、愛知県の13件などが続いています。
東京都と大阪府だけで全体の32%を占めたことが分かったそうです。
倒産の形態を施設別にみると、病院では事業継続する、
民事再生法が31件で約60%、破産が21件で、約40%だったそうです。
これに対して診療所では、民事再生法が16件で、破産は79件あり、
歯科医院では、民事再生法が11件、破産が52件だったそうです。
病院は、設備やノウハウや人材が揃っていないと営業出来ないようですが、
診療所や歯科医院では、設備やノウハウや人材が完璧でない場合が多いそうで、
倒産した後は、破産を選択するケースが多いようです。
産婦人科の閉鎖の問題が騒がれていますが、
長野市田舎地区でも、確かに閉鎖している産婦人科が多くなっています。
今、病院など医療機関は重症のようです。
何か良く効く薬はありませんか。
ではまた、広報担当サマンサでした。

1

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category