HOME ▶ サマンサ日記


我が子を殺害した母親の気持ち

| |

親が教育熱心なるのは、親自身が教育の必要性を体験的に感じたからだと思いますし、
他人の子供と我が子を比較するのは、子供の将来を考えてのことだと思います。
親は、身長や体重も、かけっこや、勉強も、なんでも比較してしまいます。
考えてみると、子供が生まれたときから、産声が大きかったとか、
時間がかかって生まれたとか、簡単に生まれて親孝行だったとか、
目方が何gで大きかったとか、どうでも良いことを比較して喜びを感じているようです。
福岡市西区の公園で近くの福岡市立内浜小学校1年生、6歳が殺害された事件は、
発生から5日目に、母親が殺人容疑で逮捕され終止符が打たれたようです。
殺された子供さんは、軽度の発達障害があったとされ、小学校では特別支援学級に
通っていたそうですが、紙面やテレビ放送からは、
どのような障害であったかは判断できません。
また、母親自身も体調不良が続いていたとの報道もあります。
学童保育を通じて、容疑者の母親と交流があった保護者は、
子育てには苦労されていた、と証言しています。
どうしても、他人の子供と我が子の発達状態を比較してしまうのは、
親の気持ちだと思いますし、誰にもあるものと思われますが、
我が子の将来を悲観して殺害してしまったのは、母親のやさしさであったかもしれません。
もちろん、殺人を擁護するものではありませんが、
特に、障害を持つ子供さんを育てている親の気持ちの中には、
一瞬でも、こんな気持ちになることがあるのではないでしょうか。
こんな事件があると、以前見た、ザザンボという映画を思い出します。
ザザンボはこちら。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%82%B6%E3%83%B3%E3%83%9C
あらすじは、こちら。http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD27591/story.html
ではまた、広報担当サマンサでした。

子育てには、田舎が優れていました

| |

子育てには、夫が家事や育児に協力する時間や
妻の勤務先の育児休業制度の有無が、
第2子をもうけるかどうかの選択に影響していることが、
厚生労働省が公表した、21世紀成年縦断調査で分かったそうです。
第2子が生まれた夫婦の割合は、
夫が休日の家事時間が、0と8時間以上で、5.3倍、
妻の職場に育児休業制度がある場合と実質的にない場合で、1.6倍の差があるそうです。
当然の調査結果と考えますが、これが少子化の一因と云うことでもあります。
この調査は、2002年末時点で、20~34歳の男女約3万3000人を対象に
継続的に行われ、5回目の今回は2万204人に調査票を送り、
1万7990人から回答を得ての結果とのことです。
1回目の調査後、子供のいる夫婦の中で、
第2子が生まれた夫婦は29.4%だったそうです。
続いて、この夫婦の夫が休日に家事や育児に関わった時間を見ると、
0時間が7.5%、2時間未満が17.4%、2~4時間が25.6%と、
夫が家事や育児に関わった時間が長いほど、子供が増える率が高く、
8時間以上だと、40.1%の夫婦に第2子が生まれているそうです。
また、妻の職場の育児休業制度と出産の関係では、
第1子を産む際は制度の有無による差が少なかったのに対し、
第2子になると、制度がある職場では45.5%が出産し、
妻、本人が、制度がないと考えている職場は28%だったそうです。
妻の雇用形態でも、第2子を生む割合は、
正規雇用が57.6%、非正規雇用が33.8%と差が出たそうです。
我々が住んでいる長野市田舎地区では、子育ての一端を祖母や祖父が担っていました。
長女や長男が妹や弟の面倒を見たり、
家族全員で農作業の傍ら、子供を見守る風景がありました。
今、我々の住んでいる長野市田舎地区でも核家族が進み、
農作業をしながら、子育てができる環境ではなくなりました。
農業の機械化は、農家が機械代金に追われ、さらに、農業を衰退させています。
今、多くの人は、勤務しながら、土曜日、日曜日に短時間での農作業を行うため、
また、高齢による体力の減退を補うために、機械化が必要となり、
またまた、高額な機械代金の支払いに追われる農業を強いられています。
戦前生まれの、おじいちゃん、おばあちゃんの兄弟は、5人程度は当たり前で、
8人、9人の兄弟がいる人も珍しいことではありませんでした。
現代の子育ては、教育費がたくさんかかりますので、一概には申せませんが、
昔の田舎のネットワークを使うと、少子化も子育ても、
ひょっとしたら、機械化より、結いを用いた農業の方が良かったのかも知れません。
ではまた、広報担当サマンサでした。

1

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category