HOME ▶ サマンサ日記


台湾も少子化

| |

台湾政府の発表によると、女性が生涯に生む子どもの数の推計値である
合計特殊出生率は1と世界最低となったことが分かったそうです。
台湾政府の最新統計によると、昨年の出生者数は約19万人と過去最低で、
出生率が予測を上回る落ち込みで推移しているそうで、
早ければ2017年から人口が減り始める可能性があるそうです。
出生数は2008年に20万人台を割り込み、昨年は19万1,310人となり、
前年より約7,000人減となり、台湾政府が統計を取り始めた、
1981年の半分まで落ち込んでいるそうです。
出生率は、人口1,000人当たりの1年間の新生児数は8.29で、
合計特殊出生率は1と香港や日本を下回ったそうです。
晩婚、晩産化が進んでいることに加え、景気低迷で出産控えが
起きていることが背景にあるそうです。
この状況を受けて台湾政府は、人口政策白書を修正し、
5年以内に合計特殊出生率を1.2に、10年以内にEUと同水準の
1.6に引き上げる目標を掲げたそうです。
さらに、今月中に各部門を集めて児童手当の支給や
育児環境の改善などについて協議するそうです。
現在、各地方団体が支給している、出産一時金と育児手当を撤廃し、
児童手当に変更する方針で、18歳までを対象に毎月5,000台湾元を
支給する方向で協議を進めていたが、確定はしていないようです。
2009年5月の台湾の人口は2306万3027人で、
戸数は770万6202戸で、0~14歳が16.7%、
15~64歳が72.8%、65歳以上の人が10.5%とのことで、
昨年の出生数は19万1,310人だったそうです。
日本の少子化政策をまねてもダメですが、
失敗した事例ということで、ご検討下さい。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、我々ペットは衣食住の心配はありませんが、
親も子も人間に、可愛いと思わせることが必要なのです。
そう、思わせるだけで良いのですが。

明けましておめでとうございます

| |

新年といっても、昨日の今日ですから、明るい話題は見当たりませんが、
おかげさまで、サマンサ日記は、2003年12月から始まり、
今年2010年で、あしかけ8年目を迎えました。
厚生労働省がまとめた、昨年2009年の人口動態統計年間推計が発表されました。
推計によると、日本人の死亡数は出生数を7万5000人上回り、
3年間連続の自然減となったそうです。
減少幅は戦後最大で、人口減のペースは加速しているそうです。
2009年の死亡数は114万4000人で、前年より2000人増えたそうで、
出生数は106万9000人で、前年より2万2000人減少して、
減少幅は前年より、2万4000人拡大したそうです。
日本の人口は2005年に戦後初めて自然減となり、2006年は
第2次ベビーブーム世代の出産増などで自然増となったが、
2007年以降は再び減少しているそうです。
女性が生涯に産む子どもの数の推計値である2009年の合計特殊出生率は、
前年の1.37と同程度となる見通しで、
厚生労働省は、今後も人口減の幅は拡大する、と見ているそうです。
そんな中、日本経済は2010年の前半、
二番底の回避に向けた正念場を迎えるそうです。
景気は2008年秋の、リーマン・ショックによる落ち込み後、
2009年春から持ち直しを続けているそうですが、2010年前半は
家電エコポイント制度など対策効果の息切れに加え、
公共事業削減の影響も懸念されているそうです。
子供が減少している原因は、誰もが分かっていることですが
少子化担当大臣を責めても解決しないのです。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、内々のことですが、昨年、11月に2番目の孫が生まれました。

子供は要らない、と言っている人が40%近くもいるそうです

| |

子供は要らないと言っている人は、
子供は利己的で、常にやかましくて、家具などを頻繁に壊します。
妊娠とともに、母親は産休を取ったり、退社を余儀なくされたり、
子供ができた瞬間から、家庭は子供中心となり、
両親の自由は大幅に失われてしまいます。
育児や教育方針の違いから離婚する人も少なくありません。
また、子供がいなければ、虐待はありえませんし、
決定的なものは、お金で、子供に高等教育を受けさせるためには
莫大な費用が必要なのです、と言っています。
確かに、子供生まれることで、
デメリットを挙げればキリがありませんが、
反対に、メリットを見つけるためには少々時間が必要なのです。
以前から、少子化が叫ばれていますが、
デメリットだらけで改善策が見当たりません。
今、どうしても子供が必要なところは、社会全体のようですが、
デメリットを自分で負うことには抵抗があるようです。
さらに、子供は必要と答えた人の回答には、
社会のため、人類のため、老後のため、また、
産んで見れば分かる、などという曖昧で抽象的な回答が多いそうです。
この記事を書いている間に、
子供の必要性を説明できなくなってしまいました。
少々時間を頂いて考えて見たいと思います。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、子供は要らなくても、将来、誰かが生んで、育てた子供さんに、
お世話になることは確実なのです。

小渕大臣、仕事していますか

| |

こどもの日です。
総務省から昨日、4日に発表された、15歳未満の子どもの人数は、
昨年より11万人少ない、1714万人で、28年間連続で減少したそうです。
男子878万人、女子835万人で男子が43万人多いそうです。
総人口に占める、子どもの割合は昨年比0.1ポイント減の13.4%で、
これも、35年連続で低下したそうです。
この総人口に占める子どもの割合は、アメリカでは20.2%、
中国で19.0%、ドイツでは13.9%などで、日本は13.4%ですから、
世界最低水準の状態が続いているそうです。
厚生労働省は2008年の、日本に住む日本人と外国人、さらに、
海外に住む日本人を合わせた年間の出生数は前年比2518人増の
112万3455人で、2年ぶりに増加し、1人の女性が生涯に産む
子供の数の推計値である、合計特殊出生率は、
2007年の1.34から1.36前後に上昇する見通しとのことです。
ですが、厚生労働省では2008年が閏年でなければ、
出生数は減少していたと言っています。
つまり、昨年、112万3455人の新生児が産まれていますが、
1日に産まれた平均を出すと、112万3455人を1年の日数、
365日で割ると、1日3078人が誕生したのですが、
前年比、2518人増加した、と言っている人数は、1日分以下の増なのです。
ですから、昨年が閏年でなかったら、500人ほど少なかったことになります。
一方、死亡人数は前年比3万3774人増の115万3266人となり、
死亡が出生を2万9811人上回ったそうです。
さらに、厚生労働省は女性1人が生涯に産む子供数の推計値である
合計特殊出生率の2003年~2007年の市区町村別平均値を公表しました。
出生率トップは奄美諸島で、徳之島にある鹿児島県伊仙町で、2.42、
2位、3位の2町も徳之島で、上位30位のうち岡山県真庭市以外は
九州と沖縄の自治体で、大小の島が大半を占めているそうです。
また、最も低かったのは東京都目黒区で、0.74で最低値を更新しました。
下位30位には、東京23区の内13区が入っているそうです。
猫にも分かる結論ですが、
子どもを産んで育てるのに適しているところは、大小の島にある田舎町で、
適していないところは、東京など都市部なのです。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、子どもを見たいときは、島の田舎町に行くと見られます。
旭山動物園のように、行動展示に加え、育児展示も行っています。
小渕優子さん、ここは無料です。

子供の数が減少しています

| |

総務省から、こどもの日を前に15歳未満の推計人口の発表がありました。
子供の数は昨年より13万人少ない、1725万人で、
1982年から27年間連続で減少し、過去最低を更新したそうです。
日本国民の総人口に占める子供の割合は、13.5%で、
昨年より、0.1ポイント低下して、やはり過去最低とのことです。
男女別では、男子884万人、女子841万人で、3歳刻みの年齢階級で見ると、
中学生、12~14歳が359万人で最も多く、0~2歳が324万人と最少で、
年齢階級が低くなるほど子供の数も減っているそうです。
また、総人口に対する子供の割合は、現在の推計方法になった
1950年には35.4%だったが、その後は1971~1974年の
第2次ベビーブーム期を除くと、長期低下傾向にあり、
1997年からは65歳以上の人口の割合よりも低くなっています。
子供の数を、都道府県別で見ると、沖縄が18.1%と最も多く、
滋賀15.2%、愛知14.7%、佐賀14.6%と上位を占めています。
最低は東京で、11.7%だったそうです。
海外では、アメリカ20.3%、中国19.4%、イギリス17.7%などで、
日本は13.5%ですから、世界的にも子供が少ない国と云うことになります。
この数値は、15歳以下の子供の割合ですが、未来の大人の数の変動も表しています。
子供が減少し、高齢者が多くなると、労働人口が減り、
高齢者の介護もできなくなる可能性があります。
年金で、支えられる人が多くなり、支える人がさらに減少して行くことになります。
子供が生まれて、大人になって、社会を支えていくまでには時間がかかります。
人間は、いきなり大人を生むことはできませんから、
少子化問題を解決するには、まだまだ、長い時間が必要です。
ではまた、広報担当サマンサでした。

1

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg