HOME ▶ サマンサ日記


一人暮らしの後期高齢者の工夫

| |

京都市下京区高倉通五条上ル亀屋町の民家軒先に、
赤いバラの造花を朝、飾り夜には家の中にしまうことで、
ご近所のお年寄りの安否を確認しているそうです。
2006年末、高齢者が孤独死したのをきっかけに、
町内会が全30戸に、造花のバラを配り軒先に飾ることにしたそうです。
飾られていない家があると、隣近所で声をかけ合うことにしているそうです。
また、長野市の山間地には、新聞配達員が毎朝、
新聞を配達できないほどの山奥の集落があります。
都会にお住まいの方は、想像できないと思いますが、
このような集落は長野市だけでなく、日本中にあると思います。
ある集落では、新聞を郵送して貰って受け取っていました。
新聞を郵送すると、早朝の配達はできないそうで、
午後か翌日の配達になっていたそうです。
最近は、早朝、集落の公民館まで、新聞を届けて頂き、
その公民館まで、各自で取りに行くことにしたそうです。
新聞を早朝、取りに行く人もいますが、お昼頃、行く人もいるそうです。
何時までも、取りに行かない家があると、
ご近所の人が確認の電話をかけることにしているそうです。
新聞を取りに行くことを日課にしたら、
朝から隣近所の人と話ができるようになり、
新聞を取りに行かないと、ご近所に心配や迷惑をかけますので、
早起きして取りに行くようになったそうです。
早朝、新聞が届いて、散歩の目的ができて、ご近所の人と会話ができて、
規則的な生活ができて、一石三鳥くらいの効果があるそうです。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、隣と云っても、数百mから1㎞以上も離れていますので、
健康維持や肥満対策になりますが、クマとか猪に襲われる心配がありますので、
犬の散歩を兼ねて来る人もいるそうです。

名前を替えること

| |

ゲートボールには、どのようなイメージがありますか。
確かにゲートボールはお年寄りのスポーツというイメージがあります。
日本ゲートボール連合がゲートボールという名称を変更するそうです。
知らなかったのですがゲートボールには、
2人制、3人制、5人制があるんだそうです。
今回、名称変更されるのは、2人制と3人制の競技で、
5人制は今まで通りゲートボールのようです。
ゲートボールの2人制と3人制の新名称は、
リレーションと云う名前に変更されるそうです。
リレーションとは、関係、と云う意味とのことですが、
意味があるのでしょうか。
2人制の、リレーションは、リレーション-ダブルス、
3人制の、リレーションは、リレーション-トリプルズと呼ぶそうです。
名称変更で、若者がもっとリレーションに興味を持って
競技に参加するようになればいいです、と日本ゲートボール連合は云っています。
また、4月から75歳以上の後期高齢者医療制度が始まるのに伴い、
国民健康保険の保険料を滞納している人に発行する、
資格証明書の対象外だった、75歳以上の人にも新たに交付対象となるそうです。
交付されると、本来、1割の負担で済む医療費を、いったんは全額自己負担となるそうです。
高齢者にも、ペナルティーを導入して滞納者を抑えるのが目的とのことです。
このため、病院や診療所に行くのを我慢して、
症状が悪化するお年寄りが増えるのではと考えている人もいます。
この、後期高齢者医療制度、と云うネーミングは人生の後期と云うことでしょうか。
確かに、75歳と云えば寿命の後期ではありますが、
75歳を過ぎたら早く逝け、と云っているようにも感じます。
国民健康保険法には、1年以上の国保保険料滞納者への資格証明書発行や
1年半以上の滞納者への保険給付一時差し止め、などの規定があるそうです。
これまで75歳以上は、資格証明書の発行対象外と明記されていたそうですが、
老人世代は現役世代より収入が低い上、受診機会が多いことなどが理由とのことです。
2006年度の国保の保険料収納率は90.39%だったそうですが、
これまで子供などに扶養され、保険料を払わずに済んでいた、
約200万人も新たに保険料を負担しなければならなくなるそうです。
後期高齢者、あまり響きのよい言葉ではないようです。
ではまた、広報担当サマンサでした。

1

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category