HOME ▶ サマンサ日記


発光ダイオード電球は少し待ってから購入した方がよい

| |

発光ダイオード電球は、省エネで長寿命を売りものに、
急速に売り上げを伸ばしているそうです。
ところが、各社、売り上げを伸ばすために、今までの白熱電球と
交換ができますとか、今までの白熱球より、何分の一の消費電力ですとか、
宣伝していますが、実際の発光ダイオード電球は、省エネではない、暗い、
すぐに切れる、重くて照明器具に取り付けられない、などの苦情もあるのです。
また、発光ダイオード電球の価格は発熱電球と比べたり、蛍光灯と比較すると
4000円前後と安くはありませんので、買う前に、調べて見てから購入しては如何ですか。
事務所や商店で使っている、40Wで120㎝の蛍光灯は、一度に、10本とか
100本とか、購入すると一本100円台で買えます。
また、あの丸い蛍光灯とか、長い蛍光灯とか、白熱電球の取り付け金具に
合わせて製造された、発光ダイオード電球は、売れるように、売るために、
今までの、旧タイプの灯りに合わせているため、問題もたくさん発生しています。
発光ダイオードの優れた性能を引き出すためのデザインや省エネの方法は、
これからさらに、製品に反映されてきますのでもう少し待つことにします。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、発光ダイオードと白熱電球は仕組みが違いますから、
消費電力だけでなく、明るさや寿命なども確認しましょう。

経費の削減や環境を良くするためには投資が必要です

| |

環境に優しくて経費の削減ができることは分かっています。
最近、LEDの照明を採用する企業が増えているそうです。
白熱灯と比べると、消費電力の少ないことが魅力です。
また、有害な物質を含んでいませんので環境にも優しいし、
寿命が長く、ゴミの削減や交換作業の軽減など嬉しいことばかりです。
LEDは照明器具以外にも採用するところが増えました。
信号機や駅の発光案内板やパソコンやテレビ、洗濯機など家庭電化製品の
表示にも使われています。
LEDは半導体の一種で、発光ダイオードのことです。
Light Emitting Diode の頭文字を取ったもので順方向に電圧を加えた時に発光します。
これからの照明は、間違いなく、白熱灯や蛍光灯からLEDへと替わっていきます。
照明器具メーカーでは、一斉に、LEDの商品投入に動き始めました。
消費電力が同等の明るさの白熱灯に比べて、約7分の1になり、
寿命は数十倍になると宣伝しています。
また、LED生産高は、2007年度は、前年2006年度と比べて、5倍に伸びたそうですし、
今年、2008年度は、前年比の、3倍になる見込みとのことです。
問題は、LEDの価格です、以前に比べて価格が下がってきました、と言っても、
2008年7月には、40Wクラスで、1万9800円だったものが、
1万7800円に、2000円、値下げされたそうです。
ですから、照明を大量に必要としている、工場や植物工場やきのこ工場などに用いている
蛍光灯は、40Wの長細いもので、1本300円、400円前後で売られています。
また、日本のメーカーが海外生産した蛍光灯は、40Wのものが160円で買えます。
寿命も、カタログ通りだと、1万時間と書かれています。
これを、LEDに取り替えるには、蛍光灯用の器具を取り外して、
LED用の器具にする必要がありますし、LEDそのものも購入する必要があります。
普通の植物工場やきのこ工場では、蛍光灯を1ヶ月に、100本、200本単位で
交換していますので、LEDに替われば、電気料の削減できて、寿命が長くなり、
ゴミも減って、取り替え作業回数も減り、その上、
環境も良くなることは、分かっていますが、工事費まで入れると、
個人経営のきのこ栽培工場でも、1000万円、2000万円の投資が必要になります。
また、高価なLEDに交換して育てた農産物でも、価格が上がることはありません。
大量に照明が必要な現場では、直ぐにLEDに替えられない事情があります。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、ここは、金融関係の方の出番ではありませんか。

1

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category