HOME ▶ ユクフムの摘み草料理でエコロジー生活


最初に、日本の食事情は、輸入によって支えられていて、例えば中国食材がこないなら、今の食費が三倍になっても驚かない現状にあるとおもう。まず、国産と輸入品の価格差が倍ぐらいあって、さらに、小売りや飲食店にはおける中間マージンを考えた場合の予想です。

では、食糧自給率の何に騙されていると感じるのかというと、これはカロリーベースで計算されている数値だそうです。まず、米の自給率のほぼ100%(食べる量が少なくなっているということで、母数が大幅に変化しています。ずっと、100%近くですが、量に直すと減少傾向にあると思います。)ということですので、自給率がさしている物は、のこりの穀類を海外に依存しているということになると思います。具体的には、小麦・大豆・トウモロコシなどにあたります。(あとは肉類になります)この材料を見れば、いかに、現代の日本人が、パンやパスタ、ラーメンなどの小麦食品、豆腐やサラダ油などの大豆製品が生活に浸透していることは伝わってきます。逆手に取れば、食糧自給率を高めるためには、みんながお米を食べることを意識すれば、それだけで、数値は変化することでしょう。

もっと、建設的な解決方法を考えれば、価格的に合わない小麦と大豆の耕作面積を広げれば、自給率は高まると思います。ただし、これが、商売として成立するかどうかは別の話です。それをサポート出来たときに日本の農業の将来が見えてくるのかもしれません。

最近は、食糧自給率を理由に、野菜や果物の農業が推進されている話を聞くようになりました。もともと、カロリーの低い野菜をいくら育てても、この数値は高まらないので、これを理由に税金が動いているのは、どうにも腑に落ちないように感じます。国内野菜栽培は、とても重要ですが、自給率はその現状を現した数値では無いと言うことです。

まるで、環境エコ商品として、燃料を消費して、排ガス二酸化炭素を生み出す車を売り、補助金がでていることに感じる違和感とも似ています。経済循環の優先の対策でしょうが、本当に効果があるのかは、なかなか見えてきません。念のため、温暖化を進めているのは、間違いなく車と家電でしょう。その責任をふまえた上で利用を考えるべきだとおもうのですが、エコ環境という言葉を口実に、とてつもない公共工事があったり、必要性あるのか分からない開発を目にすることはざらです。

本当は、無駄遣いをしないで、それでいて利便を失わない方法を考えていく方が、経済的な損失が大きくても、昔からの諺にあるように、「急がば回れ」のように感じます。

大体、GMやクライスラーが倒産したり、会社更生法が適用しても、関係薄く、ふきのとうは芽を出すし、ノビルは群生して、延々と食料を供給してくれます。自然と経済は直接的には無関係です。車メーカーが世界経済の大きな存在だということは重々承知の上で、もし、倒産することになれば、結果、温暖化の解決つながるかもしれないという皮肉さが環境問題と食糧問題にあります。まだまだ、余談を許しませんね。どうなることでしょうか。

携帯電話会社のKDDI-AUで行っているGreen riad project直接のリンクなので、うまくジャンプできるか分かりませんが、1km走ると1円分の緑になるというプロジェクトを行っています。携帯電話で測定しながら走り込んだ距離の分をAUが緑の種を購入し、ショップやイベントで配る、ちょっと地球に優しいプロジェクトなのだそうです。詳しくは、ホームページを見てもらった方がいいでしょう。

イベントで配られる緑の種の中身は、ゴーヤと朝顔とバジルの3種類だとか。はて?これってどういう意図なのかなぁっと、考えました。どうせなら、宿根草で毎年生えるものにすればいいのになぁと、単純に思ったからです。次の日のブログには、摘み草日記おすすめの植物を紹介しますよ。

食糧自給率の話で書いたように、野菜を作っても、カロリーベースで考えられている自給率には影響がないといわれてしまうのと同様に、一年草や野菜は、二酸化炭素排出量などの温暖化問題にはあまり意味がないと解釈されている気がします。だから、少々疑問に思ったわけです。

まあ、摘み草からすれば、ゴーヤとバジルは、食べられるからいいのかもと思いましたが、アサガオでちょっと迷ってしまいました。アサガオの種は、古くから使われている下剤として使われる漢方で、我が家の江戸時代の漢方図鑑「本草綱目」にも「牽牛子(けんごし)」という名前で載っておりました。余談ですが、NHKの忍たま乱太郎の中で、教師の山田先生が、敵の忍者に朝顔の種を呑ませようとして、自分で呑む羽目になって下痢をしたというストーリーがあったのです。これは、食料にはちょっと難しいな。花が楽しいからかなとか、いろいろと理由を想像するわけです。

調べてみたら、ちょっと納得の理由。どうやら、ゴーヤと朝顔は、ゴーヤカーテンなどのネット這わせて仕立てるのが、目的のようで、壁面緑化にも通じる話がでてきました。縁側に、カーテンネット状に生えたゴーヤと朝顔の陰では、植物の蒸散作用によって、ちょっと涼しくなります。それに、直射日光も防いでくれるので、熱い夏場に、冷房の効きを良くする工夫です。その上、花がきれいだったり、ゴーヤを食べたり出来るとは、機能的にも活用するなかなかのアイデアだということがよく分かりました。植物を生活の中に活用して、住みやすい環境に合わせていくところは、摘み草ブログでも見習わなければいけません。

 

 

農林水産省の方の講演を聞いていて、そうなんだと思ったことがこれ。野菜を作っても、食糧自給率は上がらないんだって。

何でかといいますと、これはカロリーベースで計算されているからだそうです。野菜には、基本的にたいしたカロリーがありませんので、でんぷん質の多い、ジャガイモなどの芋類、トウモロコシ、大豆、小麦が基本の模様。ということは、ビタミンだとかミネラル、必須アミノ酸などを考えた食料トータルのことを考えれば、日本はもっと食料が足らないってことになってしまうじゃないですか。

完全に、食糧難です。ちょっとした切っ掛けで、意味もなく食料価格が上がってしまうかもしれません。昨日のブログに書いた農家の現状を考えれば、重要ですが、賃金ベースは低迷するなかでは、誰も得しない事態がやってきそうです。まあ、厳しく言っても、自己防衛は、もはやみんなの合い言葉。まず、自分が生き残る食料ルートを確保しなければってのも、まんざら冗談ではないようです。

今日明日にはそんな話にはなりません。今だけは、まだ、円高の影響で海外の食料品を安く買えているからです。価格交渉が年に二回ほどだという、小麦や、牛乳は、保護政策が徒となっているようにも思います。いつまでもというわけには行きません。景気が回復が期待される一年後以降には、ほかの通貨の回復、というよりも、円が落ち着くという方がいいのかもとおもいますが、予想されるので、食品の価格値上げが再びやってきます。

一応40%の自給率で、米はほぼ生産していて、大豆、麦、トウモロコシを大量に輸入していることを考えると、すでに、パスタやパンは、食事の過半数を超えているのでしょうね。それじゃあ、輸入価格の影響も受けるでしょうし、米粉が珍しく感じるのかもしれません。

農作物は、ブランド志向や美味しいもの指向の世の中で優良でデリケートな品種であることが多いので、気候の変動をすぐに受けていますが、いまのところ、我らが摘み草までは、影響を与えていません。打たせ強さが、摘み草の真骨頂。それに、長野の古い庭であれば、100や200もの種類の摘み草が、次々に旬にあわせて芽吹き、咲いていきます。数多い品種の利用は、それだけで食の多様性へとつながります。気候が変化しても、それに対応した品種を食べる。いくつもの組み合わせに選択肢が生まれます。難しく考える必要はありません。目の前のあるものを素直に取り入れていけば、それだけでメニューも決まり、旬を味わえます。不味い物もたくさんあります。そういった物は、工夫して、美味しく食べられる方法を探せばいいだけです。時に、ビールのように、苦いからこそ美味しいというものもあります。すべては主観の持ちようです。

都会の主婦は偉大です。いつでも、なんでも買える社会では、旬も食の知識も無くなるのも当然のこと。その中で、日々の食事を作るのなら、目印の無い海を羅針盤なしで、漂うようなものです。

 

食糧争奪―日本の食が世界から取り残される日
柴田 明夫
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 45960

サマンサ日記でも、猫秘書でも、取り上げることになりました。というのも、それだけの重大な出来事であるし、江戸時代の天明の大噴火の際におきた天明の飢饉によって、有りとあらゆる草木を堀上げて葉から根まで、なんでも食べて餓えをしのいだのです。こういうときこそ、摘み草や野草を食べる技術が進んだ経緯があります。噴火は、その意味では摘み草料理の生みの親でもあります。

まずは、文献を取り出しておきましょう。大噴火の蔵書で、近隣の村が埋まってしまったことなどの顛末が書かれた文献に「信州浅間山大変記」があります。ほかにも、当時を伝えた「噴火の瓦版」も大変面白いものです。現代人の中に、噴火を大きな化け物にたとえることが出来る人がいるでしょうか。その当時の噴火が山頂からずれた、横の当たりから噴火したことからこういった絵が生まれたそうです。ご興味をおもちであれば、複写物を出しておりますので、メールにお問い合わせいただければと思います。これらの文献を元に「江戸時代からの飢饉と気候の関係」PDFという論文も書きました。

なぜ、噴火で飢饉になったかを簡単に説明すれば、一晩で数百キロを飛ぶ火山灰の報道があったかと思います。私たちが考えているよりも遙かに遠くまで飛んでいきます。それは、黄砂のことを思い浮かべれば理解しやすいかもしれません。一度枚起こった砂は、風に乗って何千キロであっても飛んでいくことがあるのです。大噴火ともなれば、噴煙が空を覆い、しばらくの間日光を遮りました。季節的に風下であった東北では記録的な冷夏を迎え、米の不作に陥ったわけです。まるで、「恐竜が隕石によって絶滅した説」や、「最終戦争で大量の核ミサイルによる死の灰と冬の時代の説」を地域的で限られていたとはいっても、近い事象ではなかったかと思います。

そのなかで、「凶荒図録」という本があります。これには、その飢饉の中で、どんな惨事であったのかを絵入りで伝えています。現代人は、飢餓の本当の姿をしりません。食糧自給率の話題のなかで、「小麦がなければお菓子を食べればいい」と言ったマリーアントワネット(一応、そんなことをいった事実はないそうですが)に対して、実際には米粉、米粉という回答をしているわけで、皮肉をいったのに、真に受けられたような感じがします。

食糧難の実態には、餓死して無くなったおばあさんの脚を、お隣さんにお裾分けして、翌日はお隣のおじいさんの腕がお換えしに届いたということに、近いことが起こっていたことを伝えています。ペットの犬と猫は、真っ先に食べられるでしょうか。逆に、ペットに食べられてしまうと言うこともあります。きっと、猫のサマンサも冷や汗をかいていることでしょう。

本の中には救荒草木一覧と有毒草木一覧という記載があります。救荒草木というのは、多少有毒成分を含むので、食べるためには様々な手間をかける必要があるので、普段からはあまり食べないけれど、飢饉や災害時などの緊急事態には、食べることのできる植物のことです。例えば、彼岸花が含まれています。お彼岸時に道ばたに赤い独特の形をした花が咲いているのが印象的な花ですが、そのままではとても食べられないそうですが、根をスライスし、水に良くさらし、天日干しするなどで、食べられるようになるそうです。実際に作り方が残っていれば、ぜひ、見てみたいものです。道ばたに咲く花にも、昔の人たちはきれいなだけでなく、役割を持たせていたことに私は感服します。こういった考え方が、これからの日本を救うかもしれないとも思います。

ただし、何でも食べればいいというわけではありません。この本にもブログにも、食べられる植物とならんで、有毒植物について記載してあります。知らないものを、決して食べてはいけないと言うことです。ご注意ください。

SAVE5012.jpg

佐藤食品工業
売り上げランキング: 254

 

(お徳用ボックス) サトウのごはん コシヒカリ 200g×20個

残りごはんを眺めつつ、今日はチャーハンでお茶を濁そうと思ったのですが、残念ながら卵切れ。最近は不景気の影響といいますか、その不安から家食が増えているようで、多少はスーパーの集客はあがってきているようです。まあ、同時に、このブログのテーマにもなっている残り物の活用や、野菜を隅々まで使うという意識が、高まっているとのことでした。食品廃棄率について以前にも取り上げたのですが、食糧自給率の問題と共に、食べることなく廃棄している量も膨大です。余すことなく、様々な味付けで飽きないように、ごはんを食べるというのは、環境に優しいと私は思います。

もう一つ、きれいに食べると言うことは、余計な買い物をしないということであります。景気がいいと言う意味が、無駄な消費であるなら、その意味でも、景気の回復には時間がかかるでしょうね。実体経済というものに近づくまでは。

ともかく、卵がないので、考えついたのがバターライスです。材料を物色したところ、むき身のアサリを発見。アサリとバターといえば、そのままアサリバターが思いつく、この時にでてきる出汁を吸わせたごはんはうまいに決まってます。

フライパンに油を引いて、野菜にはキャベツとタマネギをたっぷりと入れて炒めます。アサリは冷凍だったので、日本酒を少々加えて暫く蒸し焼きにします。

バターを一かけ溶かしたところに、ごはんを加えます。なんでも、チャーハンをするときには暖かいごはんを入れた方が失敗しないそうです。ごはんをほぐしつつ、混ぜ合わせ、ごはんがほぐれて、スープを吸ったところでできあがり、ちょっと炒め時間が短めです。水分を吸ったごはんは、一気に焦げ付くので、長く炒めない方がいいでしょう。仕上げに、ジャコをたくさん加えます。

味付けは、塩コショウにしょう油一垂らしです。

アサリバターも絶品ですが、予想通り、出汁を吸ったごはんは絶品です。加えた野菜で少々甘めに仕上がるので、塩コショウを強めにきかせた方がいいかもしれません。これに、時折感じるジャコの塩気と食感がまた、絶妙です。

 

TS3E1733.jpg

ニッスイ あさり水煮 130g (3入り)

売り上げランキング: 8387
カボチャが主役の中華仕立ての料理。カボチャって、嫌いな人がいますよね。お子さんには、割といるような気がします。緑黄色野菜の代表だけど、なかなか、食べるのが大変だからと言うのもあるかもしれません。
 
大体、カボチャは女手で切るには大変ですよね。この辺は、男に任せてといいますか。頼ってもらうのが、役割だし、男の面子も保てるという物です。まあ、最近の男は、カボチャ1つ切れなくてがっかりなんてことにならなければいいのですが。
 
菜切包丁で大胆にまっぷたつ。中の種をスプーンで取り除き、一口サイズに切り分けます。耐熱のアクリルボウルにいれて、ラップをします。電子レンジの根菜モードで回します。それでもカボチャはなかなか火が通りにくいのですね。
 
そこで、もう一度、電子レンジにかけますが、まずは、カボチャを混ぜて、火が回りにくくします。ついでに、ここで味付けをしてしまうのです。いつもの丸美屋の麻婆豆腐のもとを回しかけます。大体、まるまる一玉で、一箱分が目安です。いつもは、味の元だけですが、残ってしまう「とろみ粉」がもったいないので、水に溶いて、加えてみました。
 
もう一度、電子レンジの根菜モードです。二回回せば、柔らかくなるものです。ちょっと、置いておいて火を通すという方法もあります。仕上げに底に溜まった麻婆タレとあえればできあがり。片栗粉の入った「とろみ粉」のおかげで、ほどよい照りがつきます。
 
カボチャの甘さが麻婆味によって、ごはんにぴったりの料理になります。甘くて、しょっぱくて、辛くて、すっぱくて、絶妙なんですよ。なにより、他に味付けせずにできあがるのは簡単です。
 
TS3E1661.jpg
 
 
 
 
丸美屋 麻婆豆腐の素 辛口 162g
丸美屋食品工業
売り上げランキング: 3445

どんど焼きはご存じの通り、正月飾りや注連飾りを15日に集めて、炊き上げる行事です。なんでも、どんど焼き以外にも、濁点の違うどんと焼きや、とんど焼き、三九郎や左義長なんて呼び方があるそうです。古くは徒然草に記載があるそうで、附属図書館の蔵書にはいくつか徒然草があるのを確認したくなるほどです。

なぜ、摘み草で取り上げるのかと言えば、連日のことではありますが、残り火を使って焼いたお餅を食べると、その年を健康に過ごせるといういわれがあるからです。これは、お年玉のルーツにおもちの話にも似ていますね。食と行事がつながる良い風習です。

なかなか、たき火の中でお餅を焼くにはコツがあります。まず、燃えさかっている火のなかに入れてはいけません。おもちが炭になってしまいます。また、直火に近いので、強火で焼かれていると言うことで、しめらせたキッチンペーパーを巻き、さらに、アルミホイルでまきます。おまけに、おもち自体にバターを塗っておくと、さらに焦げ付きにくくなります。一昔前なら、新聞紙を使っていました。人工薪の安全性でよく聞かれることですが、新聞紙というものは、もともと、食品を包むことを全体にした規格をもとに作っています。だから、大豆を原料としたインクを使っていたり、紙自体に、有害物質が含まれないことを保証されています。ヘタな梱包資材よりも、ずっと、安全です。

まあ、東京では、なんでも神社の仕事らしいですね。地方では、集落ごとにおこなわれているのが当たり前ですが、江戸時代に火事の原因になったことから、だんだん行われなくなったとか。さらに最近では、このどんど焼きにまで、ダイオキシンなんだそうです。たしかに、ダイオキシンの毒性はとても強い物質ですが、害がでるほど、はっきり言って、存在しません。人に影響があるほどの量のダイオキシンを作るには、国家事業でなければとてもつくれないほど、大変なものなんです。それが、簡単に、どんど焼きで人が死ぬのなら、人類も長いことありませんよ。

今日、気になったのは、子ども達があまりにも火に対する意識が低いことです。危険性はあるのですけど、その経験を奪われたためか、煙る灰の上を靴をこがしながら歩いても、危機感がないのが気になります。

たしかに、新聞紙で作った人工薪にお問い合わせ頂くお客さんの中には、マッチで火を付けられない方が、火に触れたことのない方でお問い合わせ頂くことが、意外に多いのです。経験がないのは、子どもだけじゃなくて、大人も経験がなくなっているということです。

最近の日本では、物事の危険性があると、その危険性について、学んで生かそうという方法がとられることはなく、ほとんどの場合、その危険性を取り除くことのほうが良いようです。食品の安全性も、農薬のあるなしに終始して、その背景に、なぜ、野菜に日本で許可されていない農薬が使われるようになったのかについては、あまり論議されていなことなどです。

火や水、電気など、生活に必要なものに関する知識の教育というものについて、もう一度考えないといけないのではと、つくづく思います。

TS3E1664.jpg

 

 

日本人は、やっぱり米を食わんといけません。米は、一番重要な作物なので、バケツで稲作をしても、まとまった量を収穫出来ませんが、歴史的に、お米だけではなく、ワラの利用方法がいろいろあってゴミをださない仕組みは、完成されたリサイクルを稲作の中に見ます。本当の環境問題の解決方法は、ここからも見いだせるのではと思います。この時期なら、注連飾りなんかどうでしょう。今年の収穫出来たお米分で、十分な量のワラが出来ましたよ。政府の経済対策や、経済学者さんはお金を使わないと景気はもどらないといいますが、いらないものを買うのは通りに合いませんし、なんでも、買えばいいと言う考え方も、どうかと思います。商品というものは、換えの効かないものでありたいと思います。
 
いまなら、お米はどこにもあるようですが、目前の食糧危機に、お金を出しても食料を得られなくなることもありえるなかで、お米こそが日本が活用すべきものです。
まあ、重く書き始めましたが、堅く考えずに、おもちをお一ついかがでしょうか。これ。海苔が練り込まれた海苔餅です。
海苔とお餅といったら、磯辺焼きのスタイルが思い浮かびましたが、最初から練り込まれていれば、ミネラルも豊富で、香りも違う。焦げ目は香ばしくて、こういう考え方もあります。知識が足りませんが、減反は「もち米」には反映しないのではと思います。自分ですべて作れるようになると、食糧難も怖くはないのですが。実際に試してみたいものです。混ぜ込む方法なら、他の材料を取り入れた商品もいろいろなものが出来そうです。
 
 
TS3E1636.jpg
 
 
 
 
 
 
 

単純に思うことは、摘み草の観点からみると、世界中の危機的状況とは関係なく、自然は営みを繰り返しているし、農業は恩恵を人に享受させています。人が豊に暮らす条件は、最低限満たされていると思うのです。

だから、今の右往左往している状況は人間の都合と言うことでしかありません。昨年は実体経済という言葉が多く聞かれました。みんなが分かっていたということなのでしょうが、燃料や鉱物、食品を初めとして、現物として得たものしか、経済を支えていないのではないでしょうか。まずは、この現状を認めなければ、なかなか、底が見えません。

今年は、まだまだ厳しい状況は続くでしょう。なにより、農業、農家さんには厳しくはないでしょうか。近い将来を推測すると、劇的に進んだ円高は輸入食材の低価格化に拍車をかけるでしょうし、出回るお金が少なく、財布のひもも堅くなることから、安物指向は進みます。肥料の高騰を初めとして資材関係のニュースは良く聞かれるようになりました。これだけ、食品の安全性について話題になりましたが、厳しさの前に、安全性を棚上げしてしまうことは目に浮かびます。もともと高い国産野菜はコストも上がる傾向が続いており、消費が維持できるのかは微妙なところ。

経営状態が悪化している農業では、乗り越えることは困難です。だから、廃業も増えることでしょう。ところが、消費者の方の生活には輸入野菜の価格が安くなることで影響がでにくい。このことが、危機感を失わせてしまいます。お金をだしても商品が手に入らなくなるまで、この事態がつづくのです。たしかに、今では、様々な職業があります。それでも、食べ物がなくては話になりません。

お米の話でも書きましたが、米という植物は、うまくいくと一粒が約2500粒になります。農業をお金として計算しなければ利率が2500%のすばらしい商売です。もちろん、自然環境というものは安定しているとは言い難く、芽が出ないことや、病気などの現状は現れます。それでも、稲作には、歴史的な実績があります。人の命をつなぐに足りる職業です。その商売が、食べていけないのなら、今の経済のシステムは欠陥ばかりということです。正直、経済危機を繰り返す人間の経済システムには疑問を感じずにはいられません。

お金は必要です。でも、お金を食べるわけにはいきません。そのうち、消費税も上がります。お金にしないという選択はどうでしょうか。みんなで物々交換して、暮らすことができれば、この状況も乗り越えることができるかもしれません。まずは、人工薪融雪剤。ハーブの苗に、食べられるサボテン。商材にはなりますか?

 

バイオエタノールとバイオディーゼルの話題はすっかり聞きませんが、どうなったのでしょうか。食料高の引き金となり、世界中の人が影響を受けて、日本でも食料自給率についての話題にあがっていたのに、もう過去の話のようです。今でも、食品の値上げは継続しているし、なんにも解決していませんが、これまた、日本人らしく先送りの気配です。

たしかに、金融危機を初めとして、大きな問題であると感じます。例えば、事故米をバイオエタノールにすればいいじゃないかとかのアイデアすら聞かれませんでしたね。たぶん。事故米を使ってもコストが合わないのが、バイオ燃料。バイオエタノール・バイオディーゼルの現状なんだと感じます。細かいことをいえば、扱っている新聞紙から作った人工薪「紙薪」も、お仲間ですが、リユースを繰り返して、その最後に燃料として消費する人工薪とは、まだ環境対策のアイデアとして深みがあると思っているのですが、ご賛同いただけるものでしょうか。

バイオディーゼルの原料は植物性油で、いろいろな原料がありますが、その1つが菜種です。菜種といえばアブラナであり、菜の花であり、野沢菜もその仲間。厳密には、アブラナ科の植物であれば油がとれるようで、品種は分かりませんが、中でも油をとるのに向いた品種があるのでしょう。でも、油を絞るのにどれだけの種が必要なことか分かりません。一リットルの油をとるにも何百万粒という量が必要なのだと思います。いままで、ベランダ農業やキッチンガーデン用に野沢菜の種を蒔いて、青菜で食べることを提案してきましたが、数百粒あれば、核家族一軒分の青野菜が確保できるのではとと思うのです。油を一リットル我慢するだけで、実は日本の食糧難もずいぶん緩和されるのかもしれないと思うのです。ワーキングプアの状態や、ネットカフェ難民と呼ばれる方々いる中で、コンビニのおにぎりやパン1つで暮らしている姿のなかに、葉ものを追加して、もう少し、栄養条件を整える方向に向けられないかと思うのでした。

因みに、写真の野沢菜は長野の地場産業で一束500円。漬物用に買うことが出来ますが、野菜として使うのもいいですよ。安くないですか?

TS3E1428.jpg

 

 

ループウイング 風力発電工作セット
タミヤ (2006-12-16)
売り上げランキング: 27155

テレビ東京の番組である「ガイアの夜明け」を見て、思ったことをいくつか備忘録してメモしておきたいと思った次第です。

番組では、貧窮する農家の現状を現していると思います。それは、何人か出てきたにもかかわらず、すべての農家が同様に苦しんでいる現状が伝わります。土木建築業者や、スーパーやレストラン居酒屋さんが直接農業法人となり、農業を始めるなどのニュースが、去年までは話題となり、食品安全の話題の前に国内農業が改善しているだろうなどというイメージが一般にはあるのかもしれません。しかしながら、農業の大変な現状をよく現しているとおもいます。農家の現状が悪いのは以前からそうであるし、経済学というものが、金融崩壊の中で、むしろ崩壊の手助けしていた一面を考えると信頼性や目的に疑問を感じずにはいられませんが、現段階の農業を経済的に見て、利益率が低く、機械への投資が必要で、安全リスクが極端に高いのだから、全く持って不良産業の位置づけです。もし、格付けするなら、CCC(将来性はない)というところかもしれません。農家を維持するために、超法規的な手段が起こっても、農家の現状は大してかわらないでしょうし、根本の解決にもなりませんから、救われません。そんななかでも、いろいろな試みがされていることはとても良いことです。今回の話題として、規格外野菜や利用をしていない野菜の活用について紹介されていました。乾燥果物を個人の農家さん自体で作ることなど、次につなげるためのアイデアは大変興味深いと思います。

1つのテーマとして、儲かる農業というものが求められていました。私が知る限り、農業機械のローンこそが、農家の経営を苦しめています。自然を相手にした商売に、ローンという決められた支払いは、難しい時もあります。実際、現在の農業では、豊作すれば価格が下落し、食品を廃棄している始末。不作であれば、結局収入が少なく、。輸入野菜と、スーパーを通して消費者の意図を汲めば低価格圧力はとても強く、それらを繰り返している訳です。価格決定権が農家に与えらることもなく、たびたびコスト割れのしわ寄せは、多くの場合、立場の弱い農家に達し、いつ廃業してもおかしくない状態です。そこに、肥料や農薬、価格の上昇などが、加わっているのに食糧自給率維持できているのは農家さんの努力によるものとしかいえず、本当に頭が下がります。利益が1つにいくらもある物ではありませんが、そこに安心安全を求められ、とどめを刺しかねません。

儲かる農業というのは、付加価値などが提案されていました。消費者の方により多くの食費を出してもらうことで、日本の農業の延命がはかれます。逆に消費者の視点から考えれば、食費の増加が求められているということです。遠くまで自転車を漕ぎ、一円でも安い商品を求めている主婦の皆さんにすれば大きなマイナスです。品質や特性とマッチしてお得感や安心感が高まることでこれを良しと出来ればいいですが、認められるものでしょうか。

結局だれかが損をするようでは、最終的な解決には結びつかないでしょう。

私としては、肥料も手間もかけずに、出来る農業の一環として摘み草をとらえている部分があります。これも、食糧自給率の問題解決と、農家の存続に役に立てばと思います。実際に、雑穀を適正な価格で農家から買い取り、商業化していることはすばらしいことです。一過性のはやりを越え、トレンドになりつつあることを考えれば、成功しているように見えます。摘み草料理も、もっと勉強しなければいけません。

アップル図書館では、そのアイデアの元となるように昔から食べられてきた食材についての江戸時代の資料を蔵書しています。健康食材などの利用が、当時どんな状態であったのか調べることが出来るんですよ。

日本人の求める付加価値には、時には実態が無い場合が多くあります。例えば、新しい野菜に、すぐに飛びついてはいませんか?そういったものも、たいていは江戸時代の文章に出てくるんですよ。本当に新しい野菜というものは少ないのです。だって、遺伝子改良野菜に対して、こんなにも反感があるのに、いきなり美味しい新野菜が生まれることは簡単ではありません。それに、このての商品はフードマイレージが極端に高いことが多く、そういった部分にも注意が必要ではないでしょうか。

今では、遺伝子改良野菜が占める世界での生産比率は、ますます高まっています。バイオエタノールの影響で大豆の耕作面積はすっかり減少してしまい、日本は買い負けが続いているとか、だから否定してばかりではいられません。これから、どうやって取り入れていくかを考える時期に来ているのでしょう。

今の商売は、大量生産されて価格競争になっている商品と生産量が少なく付加価値の高い商品の二つに分けられるとおもいますが、継続して生産できて、コストの価格を反映させた適正な商品とそのための流通しか、消費者と農家が生き残る道がないのではと思うのです。どちらにも通じるモラルが求められているのかもしれません。

このブログのカテゴリーは、食材別や調理方法などであるので多過ぎてしまうのでサイドバーなどにかけないのですが、こちらに一度、まとめてアップしたいと思います。いくつか同じカテゴリーがあるのですが、おいおいなおして行くつもりです。

この一覧から、過去の記事が役に立てばと思います。

 

09.03にカテゴリーは品目別にそろえるように修正しました。これで、各ページでサイドバーがお使い頂けるようになりましたが、それに伴って、タグに移行した物が多くでておりますので、すべてではありませんが、ついても一部掲載します。

ロシアの原子力潜水艦事故の報道があり、ロシアが軍備の増強を続けていることを知りました。トルコに行った際にも、隣国のイラクの安定にはまだ時間がかかるし、もう一つの隣国グルジアは、まさにロシアと戦争状態になっていたわけで、ちょっと不安にもなります。

動向を見ていると、超大国としての面子や意地のようなものがあるように感じます。離脱する国に対して武力攻勢をする国を大国とは呼べないのではないかとは思います。

ここに、今回の金融危機と数年の食料品の高騰が加わると、他の国々との関係を考えても十分に戦争の種が蒔かれてしまっているような気がしてしまうのです。

主食である米やトウモロコシ、小麦を買えなくなってしまったとき、人は暴動を起こします。実際に東南アジアなどで不満が政府に向かっていました。

EUでさえもこれからの景気状況の回復が困難で、不安が高まったときに、戦争の切っ掛けはあるのではないでしょうか。

さらに、中国やロシアの軍事増強に、パキスタンとインドなどの核武装。注意するべき事は無数にあります。何事も起こらなければいいのですが、ここではロシアの動きが一番重要だと思います。

だいたい、ロシアと日本はとても近い国です。何より、原油を独占している中東に対して、十分な資源を抱えているロシアはエネルギー問題でもキーポイントでもあります。天然ガスを輸入できるパイプラインを製造していたサハリン2の話を聞かなくなりましたが、工事は頓挫したままなのでしょうか。中国との両天秤にかけられて、日本はここでも買い負けてしまっているのでしょうか。これもまた、不安な動きです。より高くお金を出す方に売るのだとすれば、資本主義であるはずの日本は文句がいえないのかもしれません。これがあれば、北海道からの輸送される天然ガスによって、安いガス機器が浸透してエネルギー事情が変化するかもしれなかったのですが、しばらくは変化しないようです。

まあ、オール電化を進める電力会社が、ガスの方が安くなってしまうことで、勢力分布が変わってしまうことが起こらなかったのですから、一安心しているのかもしれません。

ほかにも、食品輸入として、いくつかのものをロシアに頼っています。特に冬場の蟹やサンマなどはロシアとの関わりが大きい食材です。また、日本に輸入されている木材もかなりの量がロシアから輸入されています。これが無くなると、キノコ用のおがくずが調達できなくなり、人工栽培のきのこでさえも食べられなくなってしまう状況にあります。ひょっとしたら、ブナシメジやエノキタケは、自給率のなかで国産にはなっていないでしょうか?気になるところです。

昨今の食糧問題

 

そもそも、食品に完全な安全なんてあるのでしょうか。たびたび、書いてきたことですが、水だって砂糖だって、塩だって、思いの外少ない分量で致死量に達してしまいます。ほとんどの人が、これらのものを安全だと信じてはいないでしょうか?いつの間にか、みんなが信じているようにも思います。たしかに行き届いた安全は、結果として、日本人の食品に対する警戒心を消してしまいました。例えば、塩分のとりすぎが体に悪いという常識は十分に理解しているはずの上にです。

これは食品だけの問題ではありません。あらゆる道具は、それを使う人によって良くも悪くもなるものです。刃物は美味しい料理を作ることも出来ますが、人を傷つけることもできます。古くから、これだけのケースがあるのに、いまの事態は何事なのでしょうか。危険の可能性を追求すれば、危険性のない商品なんであるわけがないのにです。なかなか、答えがでない問題のようです。

安全の問題には生産メーカーが商品の安全対策は当然必要なことです。そして、消費者の理解と協力も不可欠です。せっかく、消費者庁も出来たことですし、権利の主張だけでなく、理解をすすめる方法について検討していかないと、安全問題が行き着く先には、何も食べられるものがなくなるまで続けるつもりでしょうか。企業が商品を作るためにリスクが高くなりすぎて、まともな企業でさえも経営をやめてしまうことでしょう。事故米の流通はそういった要因があったとの報道を聞きました。最終的に損をするのは消費者です。その事態が現実に起こり始めたわけです。どんなものにも、使い方を誤れば危険はどこにでもあります。そのくらいの注意深さは必要です。

子供の教育で行き過ぎた過保護によって、モンスターペアレントが増えつつあるというような話題を聞くようになりましたが、過保護な安全対策も、消費者をどこか、無頓着で無警戒で、なにかおかしくしてはいないでしょうか?気がかりなことです。

本日も農薬混入のニュースが届いてきました。これでもかというほどに食品への毎日話題に上ります。それぞれの問題がどのような解決を見たのか、あまり聞こえてこないところが気がかりではありますが。「食料は安全なほうがいいですか?」と聞かれたら、正論だから誰もがそうだというに決まっています。(狡いききかたでもあるのですが)消費者のことをかんがえれば、生産側は安全なものを生産し届けるのが義務だからです。

こういった安全は、結果がでなくても続けていかなければ行けないやっかいなものです。問題がないときには、予算をけずられやすい部分でもあるのですから。そうでなくても、検査しなかった綱目などが抜け穴として悪用された訳で、検査対象は増える一方です。

これに対して、改めていう必要はないのかもしれませんが。食料品というものは、基本的に安く、利益はもともと高くありません。だから、付加価値を付けるためにブランド化したり、集約して大量生産をするものです。
ブランド食材は話題がおおいですが生産量は少ないからこその高級品嗜好品ですので食糧問題としてはとらえにくいので、本来、議論が必要なものは毎日食べる野菜の大量生産農業の現状が大きく影響しています。ただ、その農業でさえも機械の大型化と、そのための借金ローンが首を絞めているます。収入だけを比較すれば、一町歩の農地を耕しても、コンビニのバイトよりも収入が少ないことが多いと聞きました。
その上、安全性に関する問題は生産の現場に大きな負担を与えています。もともと、模範的に真面目に農業をされてきた方にとって、より大きなコストにつながります。現在の市場の流れからすれば、生産者には価格決定権が与えられていないので、収益事情は極端に悪化しています。本来なら制約と同時に改善策が提示されるものですが、禁止事項は増えるばかりで、八方ふさがりになっている作物も増えているようです。これで、農業を続けられるでしょうか。日本は資本主義なのですから、すでに日本の農業のビジネスモデルは崩壊しています。だから後継者がいないのです。結果はすでに浮き彫りです。例えば経済的に考えれば銀行は農業に出資することは無いでしょう。農業法人の提案はありますが、自然を相手にした農業と社員の給料制は折り合いがつくものでしょうか。近所のリンゴ農家の平均年齢は70を越えています。重量のあるリンゴは体力が必要なために、もう長くは農業を続けられません。放っておいても、5年すれば産地は消えてしまうでしょう。さらに、食糧問題で追い打ちがかかれば、続けられる理由はありません。今だって、気持ちとローンと年金で農業は保っているのが実情ですから。

おそらく、これからも食品の安全は大きな声で求められていくでしょう。ただ、これによって、日本の農業は衰退することでしょう。だから、自給率はますます下がります。改善するためには、少なくともコスト分の価格反映がなければ事態は改善しないでしょう。ただ農家が求めるものは、とにかく適正な価格です。
いまの市場経済はこれを許しませんので、極論を言えば農家がほとんど無くなるまではつづくのかもしれません。安全な食品の選択肢がなくなることは、けっして日本の消費者のためにはならないのですが、仕方がないのでしょうか。なにが最善策なのか迷います。

本来、摘み草と世界同時株安や暴落は摘み草料理とは関係が無いものです。大体、株の動きというものは人間の都合で動くことが多く、大きな自然災害で被害が出ようとも、ここまでは株への影響は出にくいのではないでしょうか。いざなぎ景気越えという話の実態の無さでしょうか。結局、長野でも、地方にそのお金の流れが波及することなく、給料は上がることのないままに不景気の足音が聞こえています。みんなが不景気だといっているのに、政府は景気がいいと言ってましたが、実際には大きく減った税収を見て、結果として増税の内容ばかり、商品の値上げが進んだ中で県など税金集めに必死で、未来につながる新規事業の育成にはゆとりもなく。新しいアイデアは政治の古い枠の中で押しつぶされているような状態は末期的です。
結局、この混乱は銀行や証券会社などの金融機関が作った金融商品サブプライムローンが信用のおけないものだったことが始まりで、おそらくこれを世界中にばらまいた営業マンがいたことでしょう。数年前、アメリカの景気についていろいろと発言していた経済学者も、この責任を受けているのでしょうか。それぞれの存在価値が問われると思うのですが。

大体、温暖化によっては(これも経済活動によって起こっている現象ですが)植生の変化が見られますが、摘み草の主役の雑草たちは、株安や大暴落、円高には無関係に今日も種から芽を出し、はびこってきます。農業や畜産業は生産量が予定を越えることはほとんどありません。災害などによって収穫できないということはあり得るのですが、金融のように、いきなり倍の生産量になるということはありません。これが、経済の根幹だろうに、これは世界の常識ではないようです。

大きな話しだとはいえ、給料という形で影響を与えてくるのは間違いありません。だから、ますます、食品などの自己防衛は加速するしかないでしょう。この世界の危機を乗り越える手段の一つとして野沢菜の種を蒔くことにしました。
TS3E1147.jpg

といっても前から試験的に蒔いているのですが、このブログでも大活躍の野菜です。種蒔きをしてから10日ほどでスプラウトが食べられるようになったら、それ以後は、大きくなった分を次々に収穫していけば4月後半まで青物野菜に事欠きません。それが、なんと、215円得用の種を買えば実現刷るわけです。因みに、野沢菜なのは寒さに強く、長野の土壌の経験則が多く知られているのが理由です。変えないところでは、少々割高ですが小松菜を蒔けばいいのではないでしょうか。これは主婦の味方になるはずです。まあ、そもそも、庭は必要なんですが。このことをふまえると都市部の方がこの不況というか、恐慌の中を切り抜けるのは、本当に厳しいでしょうね。摘み草なら美味しいものは保証できませんが、なんとか食いつなぐことぐらいは出来ると思います。

ちょっと話しが変わりますが、こうやってを眺めていると、バイオディーゼルはこれから油を搾り取ろうっていう話しなのだから気の長い話しです。たかたが、一握りの種が数百円するものを絞って、いくらの燃料をを作るつもりなのでしょうか。

TS3E1151.jpg

最後に「画像処理を用いた植物の生育状況の観察」と出してデジタルカメラを利用した葉色測定に関する発表です。口頭発表でしたので写真にこまっておりますが、ともかく。

この研究がすすめば、将来、デジタルカメラや携帯電話の機能に植物診断機能が追加されるでしょう。(まだまだ時間がかかりますが)
現段階では、デジタルカメラを改造、フィルターを追加することで近赤外線を撮影して評価する方法が多いのですが、改造などせずにすでにあるカメラでもつかえる方法を考えているのが、この発表の利点です。
デジカメの色というものは、メーカーがそれぞれの機械に応じて開発しています。だから、同じものを撮影してもメーカーによっても異なるし、機種によっても異なります。この点がデジカメの計測機としての評価されません。古い技術ですが、私どもでは工業的な色差計を開発した経緯から色の基準の設置を試みています。

本日も事故米をはじめとして、食品への安心安全は揺らいでいます。このしわ寄せは必ず農家さんのもとへ影響を与えています。今回は農水省も関連しており、事は重大です。残念ながらこれだけ問題になっても、ほとんど改善案が現れません。あるとすれば、新たな大型投資を必要なものばかり、これで、農家にさらに大きな借金を残していくのでしょう。結果として、無策のまま、事が過ぎれば、いよいよ、食品崩壊は目の前です。少しでも、農家の役に立てればとコスト面から始めた研究ですが。

実際には儲からない研究や泥臭い研究。新しい研究や企業でさえも、日本という国はとても閉鎖的で消極的な動きしかとれません。台湾やシンガポール、はたまたインドへと渡って研究するしか、農業を救えないのかもしれません。

たしかに、人気取りのために、漁業への補填の話し(実際には手続きが面倒で、また新たな投資を要求したりと、意味があるのかは分かりませんが)があるだけでもましなのかもしれませんが、本当の意味での解決策はどこにも見えません。余談ではあるのでずか、少々考えてしまいました。僕としては、摘み草でわずかながらの解決を図ってみています。

僕らの発表する内容には、一つは江戸時代の文献について提案した論文発表を行っている。
それは、いまの科学者が不可能だと否定する。完全なエコロジー社会がすでに江戸時代に達成していたということ。明治以降、劇的に進歩したと思っていても、必ずしもそうでもなく。実際には江戸時代に完成された優れた技術もたくさんあることを提案したいからです。残念ながら、現在の大学教授という方は、専門性が高過ぎて、なかなか古くて新しい提案については取り入れることは難しいのですが。当日の質問に、すぐに江戸時代の生活にもどせというのかという意見をきかれました。はっきりいえば、いまの消費社会を続けられる理由はないので(続けるという資料がありましたらご紹介ください)、戻さなければ、継続的な社会は達成に間に合わないのではと感じますが、いきなりの極論なので質問に対して横柄してしまいました。それが無理なことは十分にわかっております。ただ、この摘み草というコンセプトは、江戸時代、昭和初期まで続けられて来た日本独自の文化を、現代の生活に、もう一度提案して、融合したときに新しいものが生まれると思いますし、まず自分から実践中です。

今回紹介している草木育種には接ぎ木の詳細な挿絵が加えられています。
農家の方にみていただくと、いまの技術とほとんど変わらないといいます。違うのはプラスチックとビニールの道具があるぐらいだといいます。背景には徳川家康が盆栽を珍重し、国をあげた開発が行われてきたことがあります。今にない発想と経験の積み重ね、ここに失われた技術があるのだとしたら、今こそ役に立つかもしれません。今、Apple図書館に蔵書されている5000冊近い古い本はありとあらゆる分野のアイデアときっかけの宝庫なのです。気になったら問い合わせみてください。

今年の日本生物環境工学会2008年松山大会では今回は2つのポスター発表と、1つの口頭発表を行いました。

論文については論文一覧に掲載致しますのでご覧いただけますと幸いですが、ここでは普通の生活にどんなつながりがあるのかを簡単に分かりやすく説明できればと思います。今回は「太陽光発電による自立型植物工場の試み」です。

さて、皆さんは植物工場というものをご存じでしょうか。この植物工場とは室内で光には蛍光灯やLED。気温はクーラーと石油ストーブ、土を使わずに植物が必要とする栄養を液体の肥料として与えます。空気でさえも、虫や病原菌が進入できないように洗浄した空間で、ベルトコンベアーや工業用ロボットを駆使して、人さえも必要としない。まさに自動に農業を行う工場が植物工場というものです。この環境で作られて野菜は、完全な無農薬が達成できて、病気もなく、よく日持ちし、決まった大きさのものが、天候の影響をほとんど受けずに次々に生産されます。はっきりいって、いま問題になってる食品の安全安心は、すぐに解決出来るという理想の農業です。ただし、設備費がとにかくかかります。とにかく、制御するために多くのエネルギーを必要とします。これが問題です。また、完全な自動化を目指すほど費用がかかるため、通常では部分的に人員を配置すると、清潔な管理に大変な浪費をかけて生産しています。
さて、今回の論文は、第一にエネルギーを要求する液体の運用に、ソーラーパネルをつかえば、農地までの電線を引く必要がなくなり、設置できる範囲が多く広がります。また、液体肥料をタンクに汲み上げて置くことで、電気を発電できない夜の時間でも自動的に供給できるモデルを提案しています。
また、この技術は人工衛星や宇宙船技術のように、そもそも電線をはれない場所でも農業が継続できる技術の一貫でもあります。

この技術は、摘み草とは対局の技術です。一方は、どれだけエネルギーを投入してもいいから、いまの人達が求める信用できる安心安全な食品を安定して供給する。かたや、自然そのものに身を任せ、新たなエネルギーを必要とせず。肥料も農薬も必要とせず、だからこそ、安全でフードマイレージのもっとも低い食品をうみだす。目の前生きているものには、保存にすらエネルギーを必要としないわけです。そもそも安全や食糧難への試みは一つの方法で解決するわけがないのです。様々な試みが必要です。だからこそ、両極端な方法も僕らは提案しています。

PICT4226.jpg

 

摘み草日記は、学会にも進出しております。雑草を食べる話しを学会上で報告しているわけではありませんが、当ブログは食品の安心安全をはじめ、新しい植物の利用、最新の技術について取り入れるためにも積極的に学会に参加しているのであります。

長野から高速バスを駆使して、愛媛の松山。愛媛大学にやってきております。

 

TS3E0968.jpgこの日本生物環境工学会と言う学会は植物と機械を中心に、様々な分野の大学や先生、企業の方々が新しい提案や試みの報告をしております。だから、この学会には、光学・工学・理学・医学・農学・薬学・宇宙工学など、ありとあらゆる情報が集まります。

そこでは、学科を越えて様々なアイデアの融合が生まれ、次につながる新しい技術ににつながっています。この学会の強みはこのつながりにあります。

だから、ニュースでも話題になるような。温暖化やエネルギー問題、自給率など食料問題など、興味深い話しが聞けました。確かに、学会という場所は頭の固い部分というものはあります。私としては、普通の方が身近に使える技術の種を報告できればと思います。そのため、気になる論文や、私どもでの発表など報告していきますのでご覧ください。

PICT4202.jpg

2  

 


I gather herbs.

  • プロフィール
  • ユクフム
  • 庭の身近な野草・山菜は
  • 無農薬で安心な食材です。
  • そんな食材を取り入れた
  • 摘み草料理を実践中。
  •  
  • タグ一覧はこちら



Image

  • 摘み草日記の写真

人工薪


Helpful ・・・

  • 参考までに
  • ロゴス(LOGOS) ダッチオーブンM(バッグ付) 81062207
  • GEFU ポテト&フルーツしぼり 13200
  • となりのトトロ

 


Translation

Category

  • カテゴリ