新潟県柏崎市の市長は、東京電力柏崎刈羽原発6、7号機の再稼働を
認める条件として、新たに1~5号機の廃炉に向けた計画を明示する
よう東電に求める考えを示したそうです。期限は今後2年以内とし、
できれば廃炉に着手してほしい、と述べたそうです。
ではまた、広報担当サマンサでした。


お問い合わせ
  •  広報担当の三毛猫です。
  •  サマンサ日記は、
  •  猫の目線から見える世界を
  •  綴った研究雑感です。