食肉用の家畜を飼育すると大量の飼料と水が必要です。牛は
年間、約4万2000ℓの水が必要です。某研究室では畜産に代わ
る方法として、容器で肉の培養を研究しています。温度や
酸素など、空気の成分を調整した無菌室の中で、牛が吐き出
すメタンガスを出すことなく、牛の体内環境を再現している
そうです。これは草地で牛を育てるより、地球にやさしいと
のことです。研究所で育てられた培養肉がスーパーで販売さ
れるのは、まだまだ先の話ですが、キノコの瓶栽培を発表し
た時も、そんな事は出来ないと思われていました。科学が
それを、可能にしたのは、それほど前のことではありません。
ではまた、広報担当サマンサでした。


お問い合わせ
  •  広報担当の三毛猫です。
  •  サマンサ日記は、
  •  猫の目線から見える世界を
  •  綴った研究雑感です。