HOME ▶ サマンサ日記


村の中心に発電所が有ったら

これから新しい村を作るんだったらね、発電所が村の中心に有るといいよ。
エンジン式の発電機は供給するエネルギーの38%しか電気にならないんですって、
残りの62%は熱などになって利用されないエネルギーだったんですよ。
エンジン式の発電機は割合から見ると発電機じゃなくて発熱機なんですね。
この余った熱で温水を作って利用することができるとね、
無駄なエネルギーが少なくなって効率がよくなります。
村の中心に発電機をおいて、その熱で保育園、小学校、中学校、老人ホーム、
公民館など公共施設、の暖房の温水と電気を供給してね。
さらに余った熱で住宅に温水を送って、暖房、給湯などに使うといいよね。
近くに温泉や温室付きの熱帯植物園なんかもいいよね。
電気利用か温水利用のどちらかのエネルギーで費用が出せると最高なんだけど。
問題はね、冬は暖房のエネルギーがたくさん必要ですからいいんですが、
夏は温水があまってしまいます。
夏は逆に冷房のために電気が多く必要になりますよね。
夏は何か温水の使い道がありませんか。
温水が24時間使えると言っても、お風呂屋さんばかり増えてもねえ。
熱量だけで云うとね、電気4、温水4くらいに使えてね、
電気が余ったら電力会社に買ってもらって、温水は家庭に買ってもらって
家庭ではタンクを用意して貯めて置いて利用するといいかなあ。
そうそう、うしさんのうんちからメタンガスを作って、
発電機を働かせると、またまた、費用も掛からなくて
電気やお湯が作れますよね。
自分たちの周辺にあるものでエネルギーに使えるものって楽しいよね。
他にも周辺でエネルギー探してみましょう。
じゃねぇ。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category