HOME ▶ サマンサ日記


ダイコンがお金だったら

ダイコンがね、1本100円だったら、隣のおばあちゃんが作った、
ダイコンをいただいたらね、ウチで作った100円
相当、いやもっとかなあのお花をあげます。
あげるときに春は日だまりで、夏は木陰で、秋は紅葉を見ながら
木カブの椅子に座って世間話をしたり、
おばあちゃんの生活の知恵なんかを聞いたりして、
なんか、おまけを頂いたような得した気分になるんですよ。
お金を作ったり印刷したりすることはいけない事でしょう、
でもね、ダイコンを上手に作れるおばあちゃんはお金を作ってますよね。
自分の得意なものをたくさん作ってね、
もらってくれる人もたくさんいたら人生が楽しくなりますよね。
ダイコンの品質も決めておくといいよね。
目方が何グラムとか100円相当の品質を決めておいて、
お互いに了解している必要がありますよね。
お互いが納得すれば品質はどうでもいいことかも知れませんが。
江戸時代のお金はね、鋳造技術が悪かったから、
品質の悪いお金とか、使ってすり減ったお金は、
ビタ銭って云ってね、安めに見たようですよ。
時代劇でね、「そんなものビタ一文だせねえよ」のビタです。
品質はね、あまり厳密に規定しない方がいいかなあ。
上品質のダイコンを3本もらったら4本分とか、
又、品質の悪いものは差し上げる側で
不出来表示しているようなものでしょう。
こんなことって、取引の一番原始的な発想ですが
商売の基本かも知れません。
○○円じゃなくて、○○ダイコンがお金の単位なんて面白いですよね。
○○ダイコンと○○りんごの換算表とか、○○花の換算表なんかも
作って村の通貨を換えてもいいですよね。
ところでこのような物々交換の場合は消費税は無くてもいいんですよねえ。
何歳になっても自分の好きな、
得意なことで自分の生活がエンジョイできること、
年を取っても仕事があるっていいよね。
自分しか作れないお金、いろいろあるといいよね。
皆さんも自分でできること、作れるもの考えてみては。
じゃあまた、サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category