HOME ▶ サマンサ日記


遊びと環境学

ウチに遊びに来る小学生が拾数人います。
女の子はこれといった持ち物は持ってこないんです。
自宅から遠い子は親との待ち合わせ時間の調整だったり、
クラスや学校や児童センターの不満を気の合う友達同士で
うっぷん払いをする場所にしたりしているようです。
女の子は特に集団で行動し、話も主婦の会話と変わりない光景を見せてくれます。
ほとんどの男の子は、携帯用のコンピューターゲームを持参で来ます。
これは何処でも、1人でも数人でも一緒に遊ぶことができ面白いようです。
これはゲームを作る上で重要な光景です。
今のゲームはゲームが面白いからといって、ゲーム機を研究したり
自分で作ったりする子供はいない様です。
ウチのおじさんの子供の頃は、時計が不思議で時計を壊してしまったり、
音が聞こえるラジオも不思議でいくつも犠牲にしたそうです。
それは機械に留まらず、虫や魚や植物も子供たちの興味の犠牲になったんですよね。
今の子供たちは川や海で捕まえられる魚、いくつ知ってるかな、そう、
捕まえ方も、手づかみ、網ですくう、やすで突く、釣る、網投げ、などなど
も知っているかな。魚の種類も長野だったら、メダカ、ハヤ、フナ、
コイ、ドジョウ、ます、ウナギ、アラメ、ワカサギなどなど知ってるかな、
捕まえ方もそれぞれ特徴があるんですが知ってるかなあ。
ザリガニもアメリカザリガニと日本ザリガニ違いがわかるかな。
沢ガニ見たことあるかな。
これって、遊びが変わったのか自然環境が変わったのか調べてみると面白いよね。
面白いと言うより少なくなって深刻になっているんじゃないかなあ。
子供たちの遊びが環境変化と一緒に変化しているかも知れません。
魚、以外にカエル、ヤゴ、蛍、植物でも花摘み、イタドリ、茸取り、栗拾い、
などなどたくさん遊ぶ方法があります。
水遊びも、雪、氷での遊びもいろいろあるよね。
子供たちの遊びと自然環境ちょっと調べても面白いよね。
じゃまた、サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg