HOME ▶ サマンサ日記


黒孩子のこと

実は黒孩子の読み方が解りません。中国語なのです。
中国はいわゆる一人っ子政策で、
1夫婦で1人の子供を産む事を法律化しています。
で、2番目の子供は産むことができません、
生まれてしまったら社会的に認知されない事になり、
戸籍に載せないで育てることになります。
当然なのですが国のサービスも受けられないことになります。
その子供たちを黒孩子と呼んでいます。
さらに、中国では今、一人っ子政策の影響で
生まれてくる男女比か大きく開いています。
2002年の統計では男女の比が117対100だったそうです。
このため生まれる前に性別を調べて生まないようにしたり、
間引きなども行われているものと考えられています。
1994年にすでに2176万人の黒孩子がいたそうです。
2020年には4000万人の黒孩子が誕生するものと予想されています。
また、中国の養子に出される男女比は男対女で1対99で、
圧倒的に女の子が養女に出されています。
1の男の中には身体障害者が多いという統計もあります。
これらにより、当然今も将来も嫁不足が予想されています。
一人っ子政策は、子育てに経済的、時間的な余裕を生んでいます。
このため、甘えっ子を育ててしまう傾向もあり、
自立心のない子供も多く育っているとのことで、
黒孩子を含め今後の中国の課題になっています。
日本では一人っ子政策は法律化しているわけではありませんが、
一夫婦あたり1.3人の子供の数です。
つまり、一夫婦で1人か2人と言うことです。
あなたは、一生の間に1人だけの子供を生むとしたら、男女どちらにしますか。
多子多福、子供が多いと楽しいこともたくさんあると言う中国語です。
日本には、貧乏人の子だくさん、と言う言葉もあります。
中国の黒孩子は、2040年には黒孩子二世の子供も含めて6000万人
以上の黒孩子が存在する可能性も指摘されています。
人口問題は世界中で起きています。
ではまた、サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg