HOME ▶ サマンサ日記


大豆のこといろいろ

昨年(2003年)の冷夏で日本での大豆産地、
北海道では大豆の収穫量は前年比で37%でした。
つまり半分以下、約3分の1の収穫量でした。
昨年の夏の平均温度はわずか低かっただけなのです。
平均気温が-0.5℃で冷夏と云われ、
-2℃だと、100年に一度、200年一度、
あるかないかの冷夏と云われています。
世界の大豆の生産地と生産量の割合は
アメリカ46%、ブラジル32%、アルゼンチン14%
3ヶ国で92%の生産量が有ります。
実は地球上の気象は連鎖しています。
エルニーニョ現象などがそれです。
地上や海上の温度が高くなると水分が蒸発し、
その水分が雨となってどこかに降ります。
温度が高くなる場所では異常高温がおき、
雨が降る場所では異常低温がおきます。
温度が高くなっいる場所と雨の降る場所が陸上の場合は
双方の地域に農作物の不作がおきることになります。
また、中国の大豆の輸入量は1995年に1万トンだったものが
2003年には2150万トンになり、8年間で2000倍を越えました。
これは食料油の消費量が増えたと云うことで
食用油の消費は他の国でもそうだったように、
中国が豊かになってきていると云う証拠でもあります。
人口13億人の中国では食用油がひとり1kg増えると、
130万トン必要になる事になります。
現在、大豆の3分の1は中国で消費されています。
このため、日本産の大豆価格が昨年の倍になっています。
中国では車の燃料、ガソリンの消費量も最近、日本の消費量を越えました。
まだまだ、中国ではガソリンの消費量が増え続きます。
数年後、中国ではアメリカ、ソビエト、日本などの国がそうであったように、
車社会が始まっています。
それに、肥満が国民的問題になってくるのでしょうか。
日本の食品で大豆を使っているものは、油の他にも、
納豆、味噌、醤油、豆腐、あげ、卯の花も
みんな近々値上がる事になるでしょうね。
ねえねえ、キャットフードは何か影響がありますか。
心配ですよねえ。サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg