HOME ▶ サマンサ日記


バナナのゴミのこと

使い捨ては豊かな証拠、使い捨て文化、などという言葉がありました。
以前は、みんながゴミは何とかなると思っていました。
日本の総面積はアメリカの25分の1、なのですが
人口はアメリカの2分の1近くの人口があります。
この狭い国で、年間7億トンの品物を輸入しています。
輸入するときは輸入したものが要らなくなったり
使えなくなったりしたときはどのように処分するかなど
廃棄処分の事まで考えて輸入する必要があります。
すでに多くの企業では行われていますが、家庭単位でも考えておく必要があります。
例えばバナナを買った場合、バナナそのものは食用、
皮はゴミとして捨てられますが、皮は生ゴミとして
捨てても良いし、腐りますからリサイクルゴミとして
肥料や土壌改良材としても良いですよね。
買ったときに付いてくる入れ物、包装品の処理も考えて購入する必要があります。
包装品と云うのでしょうか、鮮度や品質などを表示する
ビニールテープも貼ってあることがありますし、
産地や銘柄を示すシールなども付いていることもあります。
これらは皮と一緒にゴミとして捨てられますが、
リサイクルしたときには、これらが腐らず残ってしまいます。
実は、スーパーや八百屋さんなど小売店にバナナが
並ぶまでにも、たくさんの資材が使われています。
小分けするまでは、大きな単位での入れ物に入れられていると思われます。
舟や車に乗せるまでの資材もありますが、これらはリサイクルが可能で
出る場所も量も決まっていると思いますので
返却ルートも出来ていると考えられます。
バナナを栽培している海外の国の畑や出荷場でも
ゴミとして取り除いている部分もあるはずですが、
この部分は海外の産地で考え、処理して頂く問題としておきます。
こう考えると問題になるゴミはスーパーや八百屋さんなど、
小売店に納入する業者の所から家庭ゴミになる物が付けられるようですよね。
輸入バナナは防疫上熟れる前の青いバナナで輸入されています。
この青いバナナを黄色くするためにエチレンガスを使って熟れさせます。
使ったエチレンガスの残りが近くの、花を咲かなくしたり、咲かしてしまったり、
果実を腐らしてしまったりします。
今はいろいろ分かっていますから大丈夫ですが、
バナナを食べるまでにはいろいろな問題があっていろいろゴミも出ます。
輸入されたバナナの7%が食べられないで
捨てられているとのデーターもあります。
じゃあまた、サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg