HOME ▶ サマンサ日記


ハイテク機器で戦争をすること

刀を持った人同士の戦いや、銃を持った人同士の戦いが良いとは思いませんが
戦いの相手が無人の戦車だったり無人の戦闘機だったりしたらどう思いますか。
機械が相手の戦争は、いくら撃っても相手の被害は機械なのです。
それが良いのか悪いのか私には判断が出来ません。
アメリカは2015年までに戦闘機の無人化を進めています。
無人の戦闘機で銃やミサイルの発射が可能であれば破壊されても
自国の兵士が死ぬことはありません。
無人ロボット戦車も開発されています。
無人ロボット戦車が狙うのは人間です。
それを操作したり命令を出す人は自国にいて、
コーヒーを片手に戦闘服でなくても
スーツでも戦争に参加できます。
もちろん、ロボットの兵器は宗教、哲学、倫理観はまるでありませんので、
それを操作する人や操作する人の上司の考えに任されているわけです。
また、ロボットの兵器が壊されても痛くも痒くもありません。
戦争でなくてもコンピーターが自動車を運転する時代が間もなくやって来ます。
それと同時に戦闘機やミサイルや戦車や潜水艦など兵器がロボット化し
無人で戦える時代が間もなくやってきます。
実はすでに、偵察機は無人化していて、敵国の上空を24時間偵察しています。
人工衛星を使ったハイテク兵器も知っていますよね、そう、GPSがそうです。
戦争が始まると精度を上げて、地上で1mの確度まで性能が良くなりました。
今では、上空からの写真で車の色、車種などの判定が可能で追跡も出来ます。
また、人工衛星は気象、農業などの世界でも使われていますし、
衛星からの写真はどこにいても、どこの国の映像でも映し出すことが簡単にできます。
これらの機器は平和産業、平和維持に使ってもらいたいものですよね。
それにね、戦争に使われる機器を作っている人は内外の国からの注文に
応じて制作するわけですが、自分の会社や自分が作った機械で
人が死ぬことに抵抗はないですかねえ。
兵器を作って国や個人が豊かになるって、倫理に外れていませんか。
悩むところですよねえ。
じゃあまた、サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg