HOME ▶ サマンサ日記


カッターナイフのこと

今の法律で言うと、カッターナイフの説明書には、
これで人を傷つけないでください、とか
これで人を殺さないでください、
などと明記することが必要なのでしょうか。
また、使い方によってはケガをします、
とも書かないといけないものでしょうか。 
以前、包丁で人が刺されて殺されたときも、
包丁の説明書に人を刺さないでください、人を切らないでください、
人を殺さないでください、と入れる必要があるという意見がありました。
でも包丁のメーカーは、人を殺す刀で美味しいお料理が出来るように、
包丁を作ったのは、我々、包丁メーカーがしたことです、といっていました。
そう言ったら、どこかの主婦がこの包丁を使って美味しいお料理が出来なかったら
包丁のメーカーの責任ですか、などなどと、
自分の料理の腕を棚に上げて、質問があったりして、
話がずれてしまいましたが、製造者側の責任はどこまであるのでしょうか。
昔の子供はナイフが切れなくなったら研いで切れるようにして又、使ったものです。
その研ぐという欠点を補って、研がなくても良いようにした、
カッターナイフはそれはすごい商品なのですが、
発明した人や製造した人の考えを無視して殺人に使われたりすると
係わった人たちも、いろいろ考えてしまいますよね。
子供たちがナイフを使って切れなくなると研いでいた頃は、
どのように研ぐと良く切れるようになるかを自分で研いで知っていました。
便利になったカッターナイフは、それを使う側の考え方が
追いついていないのではないのでしょうか。
便利になったカッターナイフ、使う側の人の考えも進化しないといけないようです。
どこの事務所でも学校でも、家庭の引き出しにも、
子供たちの鉛筆入れにもカッターナイフは入っています。
この便利なカッターナイフで人を刺さないように、
人を殺さないように教える必要性が出てきました。
どうやって子供たちに教えるか、お母さん、お父さん、考えてみてください。
又、犠牲者がでないように、加害者がでないように。
じゃあまた、サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg