HOME ▶ サマンサ日記


さくらのこと

6月も中頃になると、さくらの話題などは無くなるモノですが、
標高の高い場所ではまだ、さくらが咲いている場所があります。
白樺などの緑に混じって咲くさくらもなかなかのものです。
武田軍と上杉軍が川中島で戦っていた頃、
川中島から戸隠を通り抜け、新潟県新井市までの山道を通って行く
上杉軍の軍用道路がありました。
川中島から新井までの最短コースではないかと思いますが
人や馬の道ですから、車で行くには行けますが、山あり谷ありの道です。
この道、古くから川中島から戸隠に行く巡礼道路でもあったようです。
その巡礼道路の犀川、小市地区から上った小田切、日向地区の
峠の途中に800年とも1000年とも云われているさくらがあります。
年齢が分からないのは、大きな枝だが折れて小さな芽を出し
また、大きくなって、また、折れての繰り返しをして、
生き続けて、花を咲かせているためで、
根のまわりは4、5m程あるのですが高さは10m程なのです。
年齢の分からないさくらの木なのです。
根本に祠があり根の成長に伴って祠が傾いています。
祠にお参りするときは身体を斜めにしてお参りします。
さくらも崇拝の対象になっています。
高齢者は後、何度花見ができるのか、来年も花が見られるように
手を合わせて、今年のさくらの花を見られたことを喜んでいるようです。
この、さくら、いつからか近くの数戸の家で手入れをしています。
人は、さくらを見て、さくらは人の一生をのぞき見してきたような、
何か不思議な関係があるようです。
このさくらは毎年、4月の月末頃咲きますが数キロ離れた戸隠の山桜は
6月頃咲いているモノもあり、昔はどのさくらが咲いたら、
どの仕事をするなどと、開花時期により農作業の進め方が決まっていたそうです。
年寄りだけになった集落も1人減り、また1人減りとなっています。
いつまで、さくらの手入れができるか心配しながら
今年もお年寄りが手入れをしています。
ではまた、サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg