HOME ▶ サマンサ日記


データーマップのこと(2)

交通事故が起きた時間と場所を地図に虫ピンを立てたり、
シールを貼ったりすると、いつ頃、何処で事故が起きるか予想できます。
さらに、事故の大きさを、死亡事故、物損事故、単独の事故、複数事故
などと分けて色を変えたりすると、
より明細な事故の予想が出来、予防が可能になると思われます。
事件も何処でどのような事件が、何時に起きたかを地図上で
記録すると、事件の防止、予防に役立ちます。
事件の多い場所を上位から3番目くらいまで予防すると、
全体の70%以上の事件が起きなくなるそうです。
散歩の途中、どの虫をいつ見たかなども地図に書き込んで行くと
その虫の生態観察ができます。
野鳥の声をいつ何処で聞いたかとかモンシロチョウは
いつ何処で見たかなどなど記録を取ることで
いろいろなことが分かり、予測ができます。
また、市町村別の地図に一戸の預金高を色別で表すと、
豊かな市町村や貧しい市町村が見えてきます。
預金高とは預金、貯蓄型の保険などを+の財産、ローンなどの残額、
借金などを-の財産として合計したモノだそうですが、
評価が難しく詳しくは分かりません。
A町の場合、一戸の預金高が3000万円を超える数値がでています。
また、B市の場合は1300万という数値で、
C村は700万という結果が出ているそうです。
A町は町内の金融機関での預金高が3000億円を超えて、
さらに町内以外の金融機関への預金もあるモノと思われます。
A町の場合は中心部に観光地、お土産品の店があり、
周辺は農村地域になっていますが、
農村地区の若者は、中心地区の商業地域で働き、高齢者が農村地区を
支えている構造は他の地区と変わらないのですが、
若者夫婦が働ける場所が、2?勸米發伐板蹐?ら近いこと、
高齢者が農業をしながら子供の養育できる環境が
財産となっているものと思われます。
町内で取れる農産物の販売は町内で売られているモノが多く、
同じ金額で売れても輸送費などを考えると村に残る金銭も多いモノと思われますし、
売れる物のフィードバックが素速く出来ることも販売に繋がっているようです。
A町は数年前にどこの市町村とも合併しないと宣言しています。
また、C村はB市に合併が決まっています。
合併問題を預金高のデーターマップで見ると豊かな市町村は
隣の市町村と合併する必要が無いことが良く分かります。
D村もE村も合併しませんが、その理由が良く分かります。
いろいろなデーターマップ利用したり、作製したりすると、未来も見えてきます。
ではまた、サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg