HOME ▶ サマンサ日記


植物になってみたら

自分か鉢植えの植物だったら
幾日も水がもらえなかったら枯れてしまいます。
でも、水をたくさんもらって、水浸しになっていても根が腐ったりして
やがて病気になってしまうんですよ。
だから水は適当にお願い致します。
この適当という水の分量はどのくらいが適当なのか
植物の種類によっても違うし、植物の成長段階によっても
適当という水の量が違うんですよね。
人間には水やりの上手な人もいるし、ヘタな人もいます。
困った人になると水やりが自分の習慣になってしまう人がたくさんいます。
人間の気持ちは分かるんですが雨の日は水は要らないんですよ。
雨の日に傘を差しながら水やりをする人、以外に多いんですよ。
鉢と植物の大きさも様々ですから、適当な水の量を考えてお願い致します。
鉢植えの植物は、総て人の水やりに命を預けていますんでね。
お酒飲むときのお猪口くらいな鉢だと、2時間おきくらいでお願いします。
鉢でなく、地上に直接植えられている植物は、
植え替えなどの場合を除きあまり水をやらないで欲しいのです。
野原や山の草木は自然に降る雨だけで生きています。
自然環境では雨が降らなくて水分がなくなり、
時々危ないこともありますが何とか生きています、
野原や山の植物には手をかけずに成長を見て欲しいのです。
荒々しい自然に耐えてこそ価値ある植物として生きられるのです。
毎日、定期的に庭に水をかけて頂くのも嬉しいのですが、
植物は定期的に水が降ってくると無理をして根を伸ばしたりしなくなります。
そう、植物は環境を理解して環境に合わせた生活を始めます。
植物も人間も同じで手をかけすぎても
生物らしく正しい生き方ができるとは思いません。
人間が鉢の中に植えた植物は鉢の中で一生を終えるし、
歩くことのできない植物は地上で芽を出した、
その場所が自分の終焉の場所として
その環境に従って生きていくのです。
あまえてなんていられないんですよ。
ではまた、サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg