HOME ▶ サマンサ日記


こんどは本当の「ほんしめじ」ですか

T酒造さんは、偽物の「ほんしめじ」を消費者も
栽培農家もだまして栽培させ販売させていました。
仕掛け人はT酒造で仕事人がN経済連と云うことでしょうか。
栽培者も利益があり、誰も文句を言うわけでもなかったのですが、
栽培開発に携わった当時K大学のO先生は、さすがに良心を痛めたようで、
自分がブナシメジかハタケシメジを
ほんしめじと間違えた、と手記に書いています。
ほんとうは「ほんしめじ」ではないことを関係者はみんな知っていたようです。
すごいことにお金が絡むと他の関係者の良心は痛まなかったようです。
お金とはすごい物ですよね、物も買えますが良心も買えるようです。
ところでT酒造さん、今度こそ本物なんですよねえ、「ほんしめじ」の栽培。
最近、ようやく「ブナシメジ」という名前に変更しましたが、
20年以上も、「ブナシメジ」は「ほんしめじ」という名で
消費者をだまして「ほんしめじ」の偽物を売っていました。
ほんしめじとブナシメジは形、色は似ていますが
成長過程も味も違う別のきのこなのです。
ブナシメジにはもちろん責任は無いのですが、迷惑な話ですよねえ。
我々消費者はお馬鹿さんですよねえ、○○マツタケとか、ホン○○
なんていう名前を付けられると
美味しい物のように思って買ってくるんですよね。
本物は高くて食べたことがないからなおのこと、
どの味が本物か知らないんですよね。
ですから、消費者はだましやすいのですよね。
寿司ネタでも偽物がたくさんあります。
ほんまぐろ風、トロ風、○○貝風、あわび風、○○エビ風
なんて言うのがありますよね。
いろいろな宣伝を見て、いい品物、すばらして物などと
思って買わない方が良いですよ、少しは疑ってね。
住宅の宣伝などは特に省エネ風なんて云うのもがありますよね、
なになにと比較してとか、どれを基準にしてとか、よく調べて見るといいですよね。
住宅などは特に毎日、買う物ではありませんから
業者にとってはだましやすいそうです。
カタログや営業マンの言葉にだまされて買ってしまう人が多いのです。
本物かどうか自分の知識や経験だけでなく他人の意見も聞いたり調べてから
購入するようにしてみてはいかがですか、
世の中には色・形が同じでも中身が全く違う物が多いですよ。
ではまた、サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg