HOME ▶ サマンサ日記


大学の経営は

私立大学の授業料は学部によっても違いますが、
年間90万円から120万円くらいが多いようです。
授業料による年収は100億円を超える大学がたくさんあります。
有名校の場合は受験料だけでも数億円以上集める大学が幾つか存在します。
また、受験料の収益を当てにしている向きもあります。
大学の受験生は60万人、とか80万人いるのでしょうか。
この受験生が平均して数校を受験しますから、
そう、受験料は35000円くらいですから、
ちょっと計算しても1兆円を越えますよねえ、
金額が大きすぎて額の狭い猫の頭では計算が難しいのですよ。
某大学の収支決算を見ると受験料は重要な収入源になっていますし、
入学すればしたで、入学金、設備費、協力金などなど
用途不明のお金もたくさん集めますし存在します。
問題は100億円を越える授業料収入に対して、先生に支払われる
給与が30%前後と低いことです。
今までは、何もしなくても学生が集まりましたが
今後は学生が減る一方ですから大学も健全経営が求められます。
大学も箱を増やせば良かった時代から中身、質を良くしないと
お客さんの学生さんは集まらなくなりました。
それに伴い、先生もレベルアップしないと大学の質は良くなりません。
国立大学の先生の天下り場所ではなく、各々の大学の
特徴や方針に合わせた先生を養成する必要が出てきました。
大学の方針より世の中の方針に合わせるべきなのでしょうね。
勉強しない先生、研究をしない先生、論文を出さない先生、
論文を出しても刷り直しの論文で
過ごしている先生はリストラしたらいかがですか。
大学は老人ホームではないのですからね。
辛口の意見ではないのです、事実なのです。
大学からは使える人間を出さないと大学の明日はありません。
出口保証などは当たり前の話ですよ。
サマンサも勉強しないと、なんたって猫は額が狭いのです。
額が狭いということはたぶん、中身も少ないのでしょうね。
ではまた、サマンサでした。ただ今勉強中。
追伸、優良私立大学は数校らしいですよ。
そう、あそことあそこ、それにあそこですよ。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg