HOME ▶ サマンサ日記


小学生の遠足のこと

村おこしや、観光のために、
観光客を集めるために造られた観光地とか名物があります。
あまり人工的だと、わざとらしくて寂しくなります。
わざとらしい公園は長野市では、恐竜公園という公園があります。
恐竜の骨が発見されたとか、恐竜の足跡が有ったとかではなく、
ただただ、恐竜公園なのです。
ここは、戦国時代は武田信玄が陣を張った場所で有名なのですが、
恐竜公園になる前、江戸時代からは地滑り地帯で有名でした。
地滑り地帯に、民家や畑や田んぼが有ったのですが地滑りの中に入ってしまい、
宅地や農地としては使えなくなりました、
その場所を長野市が土地所有者から借り上げて公園に使っています。
今は張りぼての恐竜が並んでいますが、
地元の小学生は自分の村の恐竜公園を自慢しています。
でも、近くても訪れることはないようです。
その理由はつまらないから、行ったことがあるからです。
行きたい公園を聴いてみると、デズニーランド、キティーランド、
などなどの返事が返ってきます。
最近は山梨県、新潟県、群馬県の小学生などが恐竜公園に遠足で訪れています。
張りぼての恐竜を見ても感動するものはなにも無いようです。
帰りには、ここで食べたお母さん弁当の空がお土産なんでしようね。
最近は遠足も歩くと危ないし、先生も引率が楽なのでバスになっています。
近在の小学校は従来通り歩いてきますが、恐竜公園でお昼を済ませると
直ぐに写真を撮って、足早に帰り支度をしています。
そう、いつまでも見ていたり、勉強するものは無いようです。
公園側もちょっとアイデア不足だと思うのですがねえ。
ウチの隣の道を行列で帰りながら、私たち猫に興味を示し
追いかけてくる子供もいます。
本当はね、私たち猫は子供たちが嫌いなんですよ。
うるさいし、追いかけるし猫とのルールを知らない子が多いんですよね。
最近、ウチの横を通りながら、柿の木に登っている私を見つけて、
サマンサ、サマンサなんて呼ぶ小学生がいます、ちょっと有名になったんでしょうか。
ところで、小学生の遠足の意味、意義はなんだったんでしたっけ。
遠足って楽しかった思い出があるのですが、何が楽しかったのですかねえ。
遠足では、何か新しい発見があったように思ったんですよね。
ではまた、サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg