HOME ▶ サマンサ日記


敬老の日に

特別老人ホームの前を通りました。車がいつもよりたくさん駐車していました。
敬老の日のイベントがあるようで、出入り口に華やかなアーチが付いていました。
私の周囲にも特別老人ホームに入っている人が何人もいます。
あまり長く入所していると、面会に行っても印象が変わってしまい、
ホーム内を探し回ってしまうことがあり、最終的にはベットの名前で確認したりします。
それぞれの事情で特別老人ホームに入っているのですが、
近所だから解る、その理由を想像し考えてみます。
Aさんの場合、80才を過ぎた頃、お風呂で転倒し腰を痛めて入院、
入院中に脳血栓を発病し、そのまま、
改善がないので特別老人ホームに入所し、十年近くになります。
家族構成は、息子さんが他界し息子さんの妻と孫夫婦とひ孫3人の7人暮らしです。
Bさんの場合、70才代でやはり脳血栓を発病し右半身が麻痺しています。
家の中を、伝え歩きして、自分のことは自分でできますが、
電話の応対、来客の応対には即応が難しくできませんし、
家族も家を空けられないため、特別老人ホームに入っています。6年になります。
Cさんの場合、70才前なのですが、痴呆症が進んでいます。
普段の生活には全く支障ないのですが、
やはり家族が留守にできないと云う理由で入所しています。
息子さん夫婦は会社に、パートにそれぞれ勤めにでています。
また、お孫さんは中学生です。
Dさんの場合、90才を過ぎています、どこが悪いと云うことでは無いのですが
寝ている時間が多くなり、移動も車いすを押して頂き移動しています。
お孫さん2人も大きくなり勤めています。
起きあがるのに楽な、介護用ペットで寝ていましたが、
6畳の部屋では介護用ベットから車いすへの移動が難しく、
手狭なため特別老人ホームに入所しています。
息子さん夫婦は60才代で農業をしています。
その他、数人の方がいろいろな事情で、特別老人ホームに入所していますが、
入所した理由の多くは、共稼ぎのため、家を空けられなくなる、
間取りが狭い、などのようです。
毎年、年を重ねること、病気になることは仕方のないことですし、
誰もが通っていく道ですし、前々から予測もしているわけですが、
敬老の日にも、敬老の気持ちが伝わってこないのですよね。
なにか、事務的な敬老の日を見てしまいました。
敬老の日はせめて、一日中、家でお世話をしても良いのではないでしょうか。
ではまた、サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg