HOME ▶ サマンサ日記


柿が色づきました(4)

甲州100匁柿とウチの百〆柿はDNAを調べたら同じものでした。
ウチの100〆柿は、少なくても100年以前から
ウチの庭にあったと先祖から聴いた、おばあちゃんが83歳で亡くなりました。
で、いつからあるかは分かりません。
10年に一度くらい、御近所に迷惑にならないように枝を下ろして、
ウチのハシゴが届く程度の5mくらいにしています。
ですから、果実の木の手入れと云うより、植木の手入れなのです。
甲州100匁柿は、100匁、360gの大きさがあるということで名前が付いたようですが、
ウチの柿は大きくても100gにはならないようです。
剪定とか摘果とか消毒とか、手入れをすれば甲州100匁柿のように
大きくなる事が分かりましたので、いつか試験をして見ようと思います。
不思議なことに、甲州100匁柿は渋柿なのですが、ウチの百〆柿は甘柿なのです。
宮崎安貞という人が、中国の農書、農姓全書を参考にして、
さらに自分の経験を元に、元禄十年(1697)に書いた、農業全書という本に
柿の栽培方法が出ています。
この本はウチの図書館にあります。
この柿の栽培法の中に、柿を早くならすには、渋柿の実を蒔いて、
育ってきたら接ぎ木をする、とあり、実から育った木は同じものが育ちにくい。
また、接ぎ木して、良く育ったものにまた、接ぎ木すると、
種なしの柿ができると云われているが、まだ、試したことはない、などと書いています。
渋柿の利用方法とか、渋抜きの方法がいくつか書かれています。
ウチの先祖は柿には肥料をやってはいけないと、云っていました。
肥料をやると渋柿になると云っていました。
私が知っている限りでは肥料を一回もやっていません。
甲州100匁柿は、肥料をやり、手入れをすると
大きい実になり、渋柿になるようです。
また、肥料もやらずに、手入れもせずにおくと、
実の小さいものがたくさんなり、甘柿になるようです。
ウチの100〆柿は、先祖が云った通りに、毎年、甘柿になっています。
ではまた、サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg