HOME ▶ サマンサ日記


善光寺地震の時は

弘化4年(1847年)に善光寺地震の被害を伝える為に書かれた
報告書がウチに保管されています。
弘化4年3月24日長野市信更町の岩倉山が崩れ、
その土砂が犀川をせき止めた。
20日間に延長22㎞、面積10k㎡の巨大なダムができ、
600軒余りが水没した。
そのダムが4月13日午後、
一挙に決壊したため川中島平ら一帯が大洪水になった。
松代領内の被害は次のようであった。
田畑32880石潰れ
民家7670軒余り潰れ
  内 焼失   49軒
    焼失の上湛水 200軒
    湛水の上浮出  600軒
    山崩れで埋没  300軒
    潰れ      6520軒
死者2770人余り
  内 男       1220人余り
    女       1540人余り
    僧        10人
    神主        1人
牛馬死数        267頭
善光寺地震のマグニチュードは地震の状況から判断し、7.4度で、
震源地も、長野市西部、東経138.2度、北緯36.7度、
長野市浅川清水付近と当時の文献資料を分析し、推定している。
岩倉山は先日の22号、23号台風の時19号線が
地滑りし2軒が土砂崩れにあった、近くで、
現在でも地滑り地帯であることが分かります。
現在の土木工事では地層とか地質の補修や入れ替え工事は、
費用や重機や設備の問題でできないようです。
本当は費用の捻出が一番の問題とのことです。
新潟中越地震での山古志村、川口町などの被害状況を見ると善光寺地震との
共通点があり、村全体の水抜きとか、排水対策工事が今後必要となると思います。
善光寺地震の地震の被害現場は現在の長野市篠ノ井岡田の恐竜公園とか、
現在もダムを造る、造らないでもめている、浅川周辺です。
災害現場は昔も今も災害の起きる可能性を秘めています。
ではまた、サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category